Bose FreeStyle earbuds : 夏っぽいデザインに惹かれて初BOSE!インイヤータイプのヘッドホン購入

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

 以前、ヤフオクでBOSEのイヤフォンが激安ということで飛びついて失敗(偽物)したことがあります。その苦い経験から今回はちゃんとAmazonのメーカー直販BOSEで購入しました。見た瞬間にその色使いが素敵と思い、音は間違いないだろうと思いながらも家電量販店でチェックした後、5月末に購入しました。それまではAppleの純正EarPodsやBluetoothのイヤフォンを使っていましたが、ちょっと物足りなくなったのが購入のきっかけです。で今現在、もう一つ別のヘッドフォンも購入していてこちらはまだ視聴中でもう少ししたらレビューしたいと思いますが、今回はこのインイヤータイプのヘッドホンのレビューになります。iPhoneで聴くのがメインです。

 今回のBOSEのデザインは明るくて気に入っています。Bose FreeStyle earbudsは2色展開でアイスブルーとインディゴの2色、私はアイスブルーにしました。

Bose FreeStyle earbuds (Ice Blue)
Bose FreeStyle earbuds (Ice Blue)

 黒を基調にした以前のデザインも好きなのですが、主に夏用と考えて明るい色にしました。(耳を覆うタイプは汗をかきそうで)この時はやめました。そしてヘッドフォンを入れるキャリングケースもヘッドフォンに合わせた色で準備されていて気に入りました。

Bose FreeStyle earbuds (Ice Blue)

 耳に当たる重要な部分のStayHearチップは、3種類のサイズがあり、最初に付いているのはMサイズで別途SとLサイズが付属しています。耳に付けてても疲れないようにできています。

Bose FreeStyle earbuds (Ice Blue)

 そしてイヤフォンのデザインは(アイスブルーの方だけ)左右色が異なっていて面白いと思いました。私はMサイズで耳にフィットして使っていましたが約2ヶ月間毎日使っていて全然疲れることなく聴けています。

Bose FreeStyle earbuds (Ice Blue)
Bose FreeStyle earbuds (Ice Blue)
Bose FreeStyle earbuds (Ice Blue)

 なおこのBose FreeStyle earbuds は、汗や水しぶきに強い「防滴仕様」となっています。(防水では無いのでそこは注意です。)また、ケーブルやコネクター部分の強度が強化されており、日々のアクティブな使用に耐えうる優れた耐久性も実現というところも気に入っています。

 ケーブルはY字型で左右同じ長さになっています。またマイク付きリモコンはちょっとおもちゃっぽい作りに感じますが機能的には音量の調整もできてます。またちょっと服に付けたいときに使える小さな洗濯バサミのようなもの(赤色)も付いていました。これも細かいところですが便利です。ここでも注意としてApple製品以外のMP3プレーヤーやスマートフォンでは、機種の仕様により、マイク付きリモコンで操作できる機能は限定されます。とありますので他の製品で使う方は気を付けてください。

Bose FreeStyle earbuds (Ice Blue)

 そして実際の音ですが、聴いてみて予想以上に良かったです。ボーカルの音もしっかりしていますし、低音バシバシかと思いきやそうでもなく高音もちゃんとしてて音漏れも無いのd歩きながら聴いて気持ちいいです。それと、以下のiPhoneアプリを使って自分好みの音にして聴いています。


UBiO
カテゴリ: ミュージック
現在の価格: ?\500


 実に買ってよかったヘッドフォンで音楽を聴くのが楽しくなる毎日です。それと購入の際ですが、ヤフオクで安く売っている業者のものには気を付けましょう。外見は全く同じでも聴いてみると全く違います。

Bose FreeStyle earbuds (Ice Blue) ボーズ フリースタイル イヤーバズ (アイスブルー)
Bose FreeStyle earbuds (Indigo) ボーズ フリースタイル イヤーバズ (インディゴ)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

マウスコンピューター年末年始セール

ピックアップ記事

  1.  松屋で1月14日から販売開始の「シュクメルリ鍋定食」を食べてきました。鍋というだけあってかなり体が…
  2.  Appleから新年を祝したフォトコンテスト「Shot on iPhoneナイトモードで撮影チャレン…
  3.  昨年は年末ギリギリでインフルエンザにかかり、計画していた予定が総崩れで締めくくった年でした。改めて…
  4. ※喪中につき新年の挨拶はありません。  2020年の元旦は、1年のやることや、やりたいことなどを考…
  5.  少し前に財布を購入した記事を書きましたが、その中で紹介したTileの話になります。Appleから紛…
  6.  インフルエンザにかかってからの記録記事になります。これからの時期、外出&人が多い場所に行くことも多…
  7. 小さい財布探し  PayPayのiPhoneアプリが出てきたあたりから、いろいろと財布の持ち方も変…
  8.  今までの会社生活で一度もインフルエンザにかかったことのなかった私が、この度インフルエンザA型に感染…
  9.  11月の終わりにアレを予約しました。そのときの予定日が1ヶ月後ということで、ちょうどクリスマスとい…
  10.  iPhone 11シリーズになって超広角が出たせいか、外付けレンズ業界は縮小しているように感じてい…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る