EyeEm 5.0.2 : アップデートでEyeEm Marketが表示可能に。アプリから簡単に写真を売ることができるようになりました。

  • 2015/2/28
  • EyeEm 5.0.2 : アップデートでEyeEm Marketが表示可能に。アプリから簡単に写真を売ることができるようになりました。 はコメントを受け付けていません。
EyeEm Market

 以前紹介した、写真共有サービスのEyeEmから写真を販売できるサービス。「EyeEm Market」がついにアプリからも使えるようになりました。今まではPC/MacのWebサイトでしか使うことができなかったEyeEm Marketですが、アプリからできることにより、より早く自分の写真を売りに出すことができるようになります。
EyeEm Market : あなたの写真を売る。そして写真を買うサービスがEyeEmから開始。招待を受付中です。


EyeEm – 無料カメラ&フォトフィルター&写真コミュニティ
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 無料



EyeEm すでにEyeEm MarketをWebサイトから使えている方は、簡単です。すでにメニューの中にMarketアイコンがあります。
 画面右下のMe(自分のページ)をタップすると自分のページを見ることができますが、画面の右上にお店のアイコンが表示されています。
 ここをタップすると自分のEyeEm Marketのダッシュボードのページに行けます。そこからAdd PhotosのボタンをタップするとEyeEmに投稿している写真を選択して、審査に出す事ができます。
 私はすでに数枚審査に出していたものがあって、その結果が返ってきていました。審査をパスした写真は、赤いボタンが表示されて、そこで審査にパスした写真を見て最後に、売りに出すボタンをタップすることで売りに出せます。

EyeEm EyeEm

 審査にパスできない写真としては人物の顔が写っているものや、著作権があるようなもの、デザインがすでに入っているものなどは一旦返却され、人物や建物ならその許可をもらうまで保留になります。
 なお写真はGettyを通じて販売され、取り分は50%EyeEm、残りが自分の分になります。毎月売れたときにはEyeEmからメールが届き、どの写真がくらで売れたのかということが分かるようになっています。また支払はPayPalに振り込みでドルで支払われます。

 そしてまだEyeEm Marketを知らないという方は、次のページで申請する必要があります。ただその前にEyeEmにアカウントを作成し、写真を投稿している必要があります。
Request Invitation – EyeEm
 最初の頃は、この招待はすぐに受けられましたが、売りに出す審査が結構厳しかったです。しかし今は昔ほど厳しくないですね。ちなみに売る写真に関しては、いいね!がいっぱい押されているとか、ミッションで掲載されたとか関係なく、購入する人のニーズに合うようにいろんな写真を撮って投稿した方が良いと思います。それと注意としては、写真に自分の名前を入れる方がいますが売りたいと思う写真には入れない方が良いでしょう。売る相手は日本だけでなく世界です。世界で有名な方なら名前があると売れるかもしれませんが、そうでない限りは売れないとアドバイスをEyeEmの方に聞きました。ちなみに私はiPhoneで撮影した写真ですが、ここ3ヶ月での売り上げが100ドルを超えました。自分でも驚きです。
 いいね!で満足していない人は特に。チャレンジしてみてはいかがでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  私の勤務している会社から先日、ノートパソコンへのVPNソフトのインストールや会社の携帯電話を持って…
  2.  暖かくなってきたということでMacbookを持って出かける機会も増えるだろうと思い、ガジェットポー…
  3.  今回紹介するiPhone(iPadでも使えるユニバーサル)アプリは、今までこのブログでちゃんと紹介…
  4. Momentの一連の記事も一旦この記事で終わりです。が、これからもちょくちょくMomentの紹介を…
  5.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  6.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  7. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  8. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  9.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  10. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る