Sol Republic SHADOW カナル型ワイヤレスイヤホン : 通勤時に使うイヤフォンをいろいろ試してきましたがコレに落ち着きました。

 Apple Musicも始まり、いろんな音楽を聴くことが増えました。特に通勤時に。それで通勤時に使うイヤフォン・ヘッドフォン、今までいろいろ試してきました。
 ヘッドフォンと言えば真っ先にBOSE。音は申し分なく満足でした。しかし、あることをきっかけに使うのをやめました。


 理由は電車の中での出来事でした。音漏れです。そんなに大きい音量で聴いてはいなかったのですが、3度ほど肩を叩かれて、音を小さくしてくださいと言われました。

 そして有線もやっぱり邪魔かなと思い始めたときにAppleが買収したBeatsを奮発して購入したのが去年。

 音は申し分ないです。大満足でした。家では。そして通勤にも使うようになりました。しかし通勤時に使っていくうちに感じてくるのは、暑い。重い。カバンに入れづらく邪魔。もっとシンプルなもので無いかなと先月探していて見つけたのが、今回紹介するBluetooth 4.0対応のワイヤレスフォン Sol Republic SHADOW。色は2種類ありますが、人気のありそうなグレーにピンクゴールドのアクセントのものにしました。

 2度の失敗をしているので、慎重になりながらも、最後はこの形でもう大丈夫だろうと根拠の無い自信を持って購入しました。しかしこれが正解でした(後述)。箱を開けるとすぐ本体が登場。意外と高級感が感じられました。

SOL SHADOW02

 Sol Republicというメーカーを初めて知ったのですが、アメリカの方では有名な新鋭ブランドだそうで、他のタイプのヘッドフォンもありますが、どれもデザイン良くて気に入りました。

 説明書もシンプルですが、機能は必要なものが揃っています。ワイヤレス範囲は10m。通信方式はBluetooth標準規格Ver 4.0で再生時間は8時間。通話もできますし、音量調整や曲のスキップ操作も可能です。またマルチポイント接続に対応しており、2台のデバイスに同時にペアリングすることができます。iPhoneとiPad接続してみましたが、問題無しです。
 そして重さは30g。着けたときに重さを感じませんでした。そしてNASAで研究されたという着け心地。着けてて疲れるということは1ヶ月くらい使っていますが感じません。

SOL SHADOW03
SOL SHADOW04
SOL SHADOW05

 イヤフォンのケーブルは首にかける部分は太くなっていますが、結構ふにゃふにゃです。首にかけても痛くなることはありません。むしろ首にかけることで安定感がでます。カジュアル、ビジネス、スポーツに使える形ということで、私は通勤時や遊びに出かけるときに使っています。カバンにいれるときもそのまままとめてカバンに突っ込んでおいても絡まったりしないところも良いです。

SOL SHADOW06
SOL SHADOW07
SOL SHADOW08

 身につけると右側が操作系として音量や曲の再生、停止ボタン、裏(下側)にON/OFFが付いています。左側の下にはMicro USBの口が付いていてここから充電します。汗にも強いということでしっかり保護されています。

SOL SHADOW09

 これは装着して右側の裏、つまり体に接する側です。ON/OFFボタンは長押しすることでON、ON状態から長押しすることでOFFできます。ON/OFFするときにイヤフォンから音が鳴るので分かります。ボタン1つで形状も違うので暗いところでも分かりやすいです。

SOL SHADOW10

 付属品は充電用のUSB – Micro USB変換ケーブル、マニュアル、イヤーパッドは4サイズ入っています。

SOL SHADOW11

SOL SHADOW12 ペアリングも非常に簡単です。iPhoneのBluetoothの画面を開いて、Sol Republic SHADOWの電源ボタンを長押ししているとiPhoneの画面に出て来るので許可して終わりです。接続されるとiPhoneの一番上の部分にばってりー残容量も表示されます。

SOL SHADOW13 家に帰宅してイヤフォンはカバンに入れっぱなしもちょっと嫌なので、壁に画鋲刺して、そこにぶら下げて置いてます。軽いのでこの状態でも問題なしです。
 そして音質についてですが、自分は問題なく、好みの音で聴けています。音がこもったりすることはなく、どちらかと言えばクリアに聴こえます。好きな音楽が気持ちよく聴ける形になったので満足です。イヤフォンを耳から外しても、胸元までしか落ちないので、すぐ着けれるのも良いですね。
 そして当然ながらBluetoothで音量が付いているということは、iPhoneのカメラのボリュームシャッターも使えます。リモートでシャッターを切りたいというときにも重宝します。

 Sol Republicの製品いろいろありますが、有線でもいいから防滴がいいなと言った場合には下のような製品もあります。どんな耳の形にもフィットする技術だそうです。いろんなタイプがでてきており、目移りしてしまいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  2.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  3. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  4. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  5.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  6. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  7. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  8.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  9.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…
  10.  今までいろんなカロリー管理アプリを使っていた中で一番自分に合っていたアプリで使いやすかったのでこの…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る