CASIO 腕時計 EDIFICE : 2015年腕時計を3回変えました。最終的に落ち着いたのはiPhoneアプリで操作できるコレ。

Apple Watch

 今年はの発売と共に腕時計についていろいろと悩み、試してみて結果的に普通の腕時計に落ち着きました。でiPhoneとの連携が非常に便利だったこと、しかし便利なだけにバッテリーが不安という問題がありました。
 最初はとにかく連携でいろいろできて楽しかったんですが、結局手放しました。そして次に時計のデザインが気に入っていたWithingsのActiviteに切り替えました。デザインは本当に素晴らしかったです。しかし、睡眠計をメインで使う私にとっては、決まった時間よりも眠りの浅い時間に起こしてくれる機能が欲しかったので、これもまた諦めました。

Withings Activité レビュー(1回目): 見た目はクールなデザインのスイス製腕時計。これが活動量計で歩数や睡眠状態を記録してくれます。

 この時に、腕時計は時間を見るため、活動量計は別であるのが自分では最適だと思いました。それで今までJawbone UP24から、更に睡眠状態が詳しく知れるUP3に変えました。これが大満足で今でもお風呂と充電時以外はずっと腕に着けています。
Jawbone UP3 ワイヤレス活動量計リストバンド:UP2 Ropeと悩んだ挙句にUP3を選択。1回目は着け心地レビュー。

 そして時計の機能だけあれば良い腕時計。2007年にカシオから出ているオシアナス(電波ソーラー)を当時5万円くらいで買っててそれがかなり気に入っていたんですが、すでに電池も100%に成らず、外見もボロボロ。またオシアナス欲しいと思っていたんですが、3倍くらい高くなっててビックリ。諦めました。それでカシオのサイトを見ているときに、知ったのがBLUETOOTH SMART対応という腕時計のエディフィス。
EDIFICE エディフィス 腕時計 – CASIO
 電波で時間を合わせてくれるのは便利なのですが、他の機能って結構使わなかったりするんですが、設定がスマホ、iPhoneであればもっといろいろ使えるんではないかと思いました。サイトを見ている中で気になったのは2つ。これは実物見た方が良いかなと思い、町田のヨドバシへ行くことにしました。

[カシオ]CASIO 腕時計 EDIFICE BLUETOOTH SMART対応 ECB-500D-1AJF メンズ
CASIO(カシオ) (2015-05-22)
売り上げランキング: 9,266
[カシオ]CASIO 腕時計 BLUETOOTH SMART対応 EDIFICE EQB-510D-1AJF メンズ
CASIO(カシオ) (2015-04-24)
売り上げランキング: 4,712

 写真で見る限りではECB-500D-1AJF(上の方)が気に入っていましたが、実際に見るとなんか安っぽい感じ。そしていろいろ見て回りましたが、EDIFICE EQB-510D-1AJF(下の方)を腕に着けてみてその重量感を味わい、これに決めました。
EQB-510 – スマートフォンリンクモデル – 時計コレクション – EDIFICE エディフィス 腕時計 – CASIO

edifice01

 腕時計で私の好みは曜日と日の表示があることで、それを満たしてくれているので申し分ありません。しかも見やすいです。ただApple WatchやWithingsなどよりも厚み重みはあります。その分、存在感がガッツリあってなんか懐かしく嬉しかったです。

edifice02
edifice03

 そしてiPhoneアプリですが、CASIOのアプリをインストールすると、このEDIFICEと連携します。


CASIO WATCH+
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料



 このEDIFICEとBluetooth接続したiPhoneでできる機能は、
 詳しいところはカシオのサイトにありますが、私にとっては必要な機能があり、自動時刻設定。これは接続したiPhoneと時刻を同期します。そしてiPhoneを探す機能もあります。
 機種に寄って使える機能があったりしますが、アラームの設定など、スマホでできるのはすごく楽です。
アプリケーション – スマートフォンリンクモデル – 時計コレクション – EDIFICE エディフィス 腕時計 – CASIO

IMG_8337 IMG_8338

 腕時計の設定方法などは最初見るくらいで、あとはほとんど使わないのでこういう時刻合わせの機能だけでもスマホからできると便利だと思いました。

IMG_8339 IMG_8340

 もうここまで腕時計とのリンクが可能であれば、あと少し、例えば電話の着信の通知などできると良いかなと思いました。今年はかなり腕時計での形を模索しましたが、腕時計と活動量計は別々で使うのが自分としては良い形だと感じました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. Momentの一連の記事も一旦この記事で終わりです。が、これからもちょくちょくMomentの紹介を…
  2.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  3.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  4. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  5. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  6.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  7. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  8. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  9.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  10.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る