比較的安価なSoundPEATSのBluetooth イヤフォンをiPhone 7 Plusで聴くために購入したのでレビュー

 一昨年、Bluetoothイヤフォンを購入したSol Republic SHADOW。音質がとても良くてずっと使っていたのですが、昨年どこで落としたのか無くしました。常に首にかけている状態だったので、上着に引っかかってどこかで落としたのかなと思い残念に思いながらも、毎日の通勤に必要なものなので、新しいBluetoothイヤフォンを物色。 2度ほど安価なものを購入して失敗しました。音がこもりまくりで、全然心地よく聴けないという。そこで購入したのがSONYのもの。
 これは正解というか、安くてもSONY。SONY ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットMDR-EX31BN B。ノイズキャンセル機能も付いてて1万円を切る価格で、使っていましたが、音は問題ないものの、イヤフォンがu型で、その付け方がどうしてもSol Republic SHADOWに慣れてしまったため首にかけるタイプがどうしても欲しくなりまた物色。

 そんな年末。歳末セールでいっぱい並んだBluetooth イヤフォンでSol Republic SHADOWに似たタイプが多数出てました。その中でも評価の高かったものが、SoundPEATSのQ24。3000円でおつりが来る価格。ダメ元で購入してみました。

 届いてびっくりしたのが、ちゃんとしたケース(キャリングポーチ)に入っていたこと。正直3,000円でおつりが来る価格なので、そのままなのかなと思ってましたが、ちゃんとした出来。



 そして開けるとBluetooth イヤフォン本体、3種類のイヤーピースとイヤーフック、USB充電ケーブル、そして日本語マニュアルもしっかり入ってました。しかも生活防水&防汗仕様。
 

Bluetooth 4.1で待機時には圧倒的な低消費電力で、180時間のスタンバイ状態を実現。わずか1?2時間の充電で、最大6時間の音楽再生が可能です。

 ということで、使っている間は通勤往復2時間30分、2日で1回充電する感じで使ってます。バッテリー残量はiPhoneに表示されます。

 耳側は、マグネットでくっつくので使わない時は首に巻くような形で落としにくくなっています。ただそんなに磁力は強くないので、力をいれなくてもはずれます。

 マイクのあるコントローラ側は、充電用の端子とボタン(音量とペアリングも兼ねたスイッチ)部分はチープな感じがしますが、ここはあまり気にしません。ペアリングはiPhoneのBluetoothをONにして、このコントローラの小さい方のボタンを長押しで認識してくれます。iPhone側にはQ24と表示されます。1度ペアリングができると、あとは電源を入れれば勝手につながります(この時もこの小さい方のボタン長押しで電源ONとOFFが可能)。


 実際に、音なんですが、あまり音にこだわりは無いとはいえ、こもる音は嫌いで、どちらかというと高音が少しあると嬉しいくらいです。ノイズキャンセル機能もあるということですが。。インイヤータイプなので、効いているのかはよくわかりませんが、このBluetoothイヤフォンは想像していた以上に音は良かったです。あくまで通勤で聴く程度ですが、十分合格点。
 ノイズキャンセルなら、最初に紹介したSONYの方が分かりやすかったです。

 そして、しばらく使っていたときに、Sol Republic SHADOWがコートの中のえりの部分に付いていたのを発見(笑)。この音も好きなので今は交互に使っています。

 ただどちらもiPhoneの標準のプレーヤーではなくアプリ経由で音楽を聴いています。使っているのはこのアプリ。今はイヤフォン用、スピーカー用、カーオーディオ用と分かれたアプリになっていますが、私はイヤフォン・ヘッドフォン用のUBiOを使っていますが大満足です。


UBiO
カテゴリ: ミュージック
現在の価格: ?600



UBiO for Speaker
カテゴリ: ミュージック
現在の価格: ?600



UBiO for Car-Audio
カテゴリ: ミュージック
現在の価格: ?600



 このアプリから毎回音楽は聴くようにしています。イヤフォン・ヘッドフォンも有名なものはプリセットが入っていて選ぶだけになります。ただこのアプリから聴いていると普通のプレーヤーでは聴く気も起きなるくらい私個人的に気に入っているプレーヤーアプリです。

 何種類か、この手のアプリは購入して聴き比べてみましたが、これがシンプルで一番気に入りました。設定もiPhone標準のミュージックアプリだと、設定?イコライザから選択なんで面倒。そんなに手間をかけたくない方にも良いと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  昨夜8時に寝て2時に起きました。そしてAppleのイベントを視聴。今回は、例年のiPhoneだけで…
  2.  よくある話だと思いますが、先日、AirTagを無くしました。結果的には、iPhoneの「探す」アプ…
  3.  コロナ禍の私の勤務形態は、出社勤務と在宅勤務の比率が1:4(つまり週1出社)でしたが、そろそろ会…
  4.  前回は、記事にするまでもなく何も購入しなかったAmazonのセールですが、今回のタイムセール祭りは…
  5.  オリンピックで、テレビを見る機会が増えてきたので、簡単にiPhoneアプリでテレビが見れるバッファ…
  6.  4月30日に発売された紛失防止のためのAirTag。私は予約開始日に予約していましたが、刻印を追加…
  7.  iPhone 12 Pro Max用Momentケースを購入した時には、販売されることがわかってい…
  8.  先月、紹介したenGMOLPHYのMagSafe対応ベースプレートとスマホリングの組み合わせ。すご…
  9.  昨年と同じコロナ禍での花見シーズン。昨年同様、朝早くiPhoneを持って、近くの河川敷で桜を撮って…
  10.  MagSafe対応のスマホリングをずっと探していました。それで結局MOFTのマグネットスマートホン…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る