memumiの薄さ0.3mmのiPhone 11 Proケース、今回はグリーンを購入したお話

 先日のmemumiのiPhone 11 Proケースですが、グリーンが出ていたので購入しました。レビューは、ほぼほぼ前回の記事とかぶるので省略できるところは省きます。

 昨日、ポチって本日届きました。私の持っているiPhone 11 Pro本体がミッドナイトグリーンということで、グリーンアリでしょ。って思いました。

 先日のクリアホワイトと色以外違いはありません。ただ思ったのは、今までクリアホワイト、クリアブラック、クリアブルーとなっていて、今回はグリーンとだけ書かれていて、クリアじゃないのかと届いてから思いました。あとAmazonに書かれている「Apple社認証」がサイズがピッタリってことかな?と思ってみたり。

 一応、裏に書かれている文章長いです。

 麦麦米(多分このメーカーのmemumi) 0.3mm薄型携帯カバーは無毒で高伝導性PP材料を採用し、特殊な高速整形で製造される。自動機械で20の製造工程と作業を通した後、薄型、超軽量な設計が現れ、携帯の本体の手触りを実験する。表面はスクラブ処理を採用し、摩耗に強い。携帯カバーに外力でぶつかれる時に、PP材料の高伝導性の特性はその外力を携帯カバー全体に分散し、ショックされることを防ぐ。それによって、薄型で、携帯電話を保護する機能を持つ。高精度の型で携帯カバーとスマートフォンが完璧に融合される。

 真面目に読んでみたんですが、とりあえず頑張ったって感じだけは受け取れます。やっぱり日本だと(当たり前ですが)絶対に本体を守るって意識が強いのか薄いケースってあんまり見ないですね。確かにこのケースだと打ちどころが悪いと逝ってしまうと思います。運良く2回落としても本体に傷一つなかったのは幸運でした。

 以下、写真はスライドにします。気になった方は見てみてください。クリアグリーンじゃなかった意味は、そのとおりでクリアホワイトでは見えていたAppleのロゴはほぼ見えないです(全く見えないわけではありません。光の当たり具合で見えることがあります)。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 実際、グリーンが届いて、クリアホワイトは一旦箱にしまっておやすみです。メインはグリーンをしばらく使おうと思ってます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  先月、紹介したenGMOLPHYのMagSafe対応ベースプレートとスマホリングの組み合わせ。すご…
  2.  昨年と同じコロナ禍での花見シーズン。昨年同様、朝早くiPhoneを持って、近くの河川敷で桜を撮って…
  3.  MagSafe対応のスマホリングをずっと探していました。それで結局MOFTのマグネットスマートホン…
  4.  緊急事態宣言が延長になり、2週間後に本当に解除になるのか疑問なところですが、うちではまだ在宅勤務が…
  5.  BelkinのBOOST↑CHARGE PRO 2 in 1ワイヤレスチャージャースタンド [Ap…
  6.  M1 MacBook Airを購入し、届いてから約2ヶ月。開封よりも先にやることが多くて、今週、月…
  7.  1週間ほど間が開いてしまいましたが、前回のiPhone 12 Pro Max用のMomentケース…
  8.  だいたい年末くらいには届くことを想定していたのですが、ホリデーシーズンのセールがあったせいか生産が…
  9.  気分によって、普段持ち歩くiPhoneの壁紙を変えたいという人は多いかもしれませんが、私もそのひと…
  10.  ここ最近は、以前欲しかったけど在庫無しで買えなかったものが復活していることが多くて嬉しいかぎりです…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る