ほぼ日開封

帰宅してボクシング(内藤×亀田戦)を見終わってから開封しました。
ほぼ日購入品一覧 一番下の白地は、ほぼ日ホワイトボードカレンダー2008。その上の黒い箱は、ほぼ日手帳。これは後日、先に買ってた2008年版のQUOVADIS(クオバディス)と比較記事書こうと思ってます。写真下の部分は、ザンパノさんの紙ぶくろ2とこの袋に合わせたちょっとべんりな底じき。右下は気まぐれカレンだー。どれもきちんと説明書まであり親切対応で嬉しかったです。

ほぼ日ホワイトボードカレンダー 2008年のほぼ日ホワイトボードカレンダー。レコードのLP盤くらいかなと思ってたらそれ以上の大きさでした。これなら予定入れるための文字も大きく書けそうです。マーカーも3本(黒青赤3色)付いてて、きちんとマーカーの置ける部分もあります。特許出願中と書かれていますが、今までこういうものが無かったのが不思議。

ザンパノさんの紙ぶくろ2 ザンパノさんの紙ぶくろ2(カルテットで買ったので4枚あります。どれも違う色)それとこの袋に合わせたちょっとべんりな底じき。こちらは今は品切れ中(10月下旬に再入荷の予定)になってるので早く予約しておいて良かったなと思いました。この袋自体は、買い物時に持参して、レジ袋を使わないために購入しました。(プチエコです)

これは気まぐれカレンだー。仕事場に置いておくのに購入しました。これもホワイトボードカレンダー同様にマーカーが付いてて予定などが書いては消し書いては消しできます。両面がカレンダーになってて、一方は書き込めるカレンダー、もう一方は写真のカレンダーになっています。これが同じ月で裏表に表示されるようになっているので、気分で写真に変えたりできるので気に入ってます。

気まぐれカレンだー1 気まぐれカレンだー2

ボクシングの内藤×亀田戦、白熱してて面白く見入ってしまいました。個人的には、内藤とは同じ30代ということもありますが、興行権が高くて内藤のジムでは手に負えず、亀田のいる協栄ジムが買い取って主導権を握られている状況、且つ亀田の日本人最年少記録のスケジュールに合わせて目の傷も完治していないスケジュールで対戦という事もあって内藤を応援していました。その試合で判定ではあったものの、勝ったのはなんか嬉しかったです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  今までいろんなモバイルバッテリーを購入してきましたが、今回は普段使いのため容量よりもサイズを重視し…
  2.  まだiPhone 11 Proを使いだして1ヶ月も経っていませんが、iPhoneで電話をしながらア…
  3. iOS 13にアップデートしてから、いろんなカメラアプリがバグったりしてますが、今回のpicn2k…
  4.  AirPodsは初代から使っていまして、夏くらいに新しいAirPods2を手に入れて使っていたので…
  5.  新米の時期と言えば、私にとっては松屋の新米フェア(2019年10月8日まで)。定食全品ライス大盛り…
  6.  別件で相模大野に来ていて時間ができたのでブラブラしてて、そろそろヒートテックの季節かなと思い、ユニ…
  7.  以前紹介したことがあるワザですが、iPhone 11 Proでも簡単にできたのでご紹介します。新し…
  8.  iPhone X,XSの頃からこの形のケースを仕事で使用していて、とても気に入ってました。iPho…
  9. 今回は、iPhone 11 Proを購入する前に使っていたiPhone XSとそれに着けられる外付け…
  10. Momentとは?から始めてみますMomentと聞いてスマホの外付けレンズのメーカーを思い浮かべる方…

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る