段ボールのこぎりのダンちゃんからニンブルに変えたらいろいろ良かった

  • 2020/6/29
  • 段ボールのこぎりのダンちゃんからニンブルに変えたらいろいろ良かった はコメントを受け付けていません

 主にアマゾンからのお届け物の開封の話ですが、最近はビニールの袋に入ってお届けもあったりしますが、メインはやっぱり段ボールで届くアマゾンの商品。今までは、段ボールのこぎりとして有名なダンちゃんを使っていました。

created by Rinker
長谷川刃物
¥598 (2020/11/29 21:45:43時点 Amazon調べ-詳細)

 ただ、勢い余って、中までグサっといくこともあり、そのときは少し冷や汗をかきます。そんなとき、アマゾンで今回紹介するNimbleを見つけて、これは良いのではと思い購入してみました。

created by Rinker
beare.style
¥1,190 (2020/11/29 00:12:33時点 Amazon調べ-詳細)

刃はセラミックで0.02mmほどしかないため人体を傷付けないようになっています。ただ、刃先を肌に当てると痛いので注意してください。間違っても目潰しなどはしないようにしてください。

 私は人差し指に、はめて使っていますが、親指にも入ります。いろいろな大きさに合う様に星のような形になっていて広げることで太くても指に入るようになっています。

 私がときどきやる、ダンちゃんでの開封ですが、ちょっと力入れると深く入ってしまうこともありました。まさにこんな感じになったときは焦ります。

Nimbleだと、どんなに押し込んでもせいぜい跡が付くくらい。最近はもっぱら玄関にNimbleを置いてて、ダンちゃんよりも頻度高いです。

 段ボールだけでなく、手紙などの髪を切る時にも重宝するので、アマゾンのビニール袋で届いても、これで切って中身を取り出しています。もちろん封筒なども同様にこれで切って開けてます。今のところ一度も怪我はしてません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  Amazonのブラックフライデーセールの中で、ANKERのセールをやっているのを思い出し、眺めてい…
  2. AmazonのビックセールにTileが登場  ちょうど、紛失防止タグのTileを使い始めたのが昨年…
  3.  年々、Amazonのセールで買いたいものが減ってきているような気がしますが、今回もお昼休みとか活用…
  4. ちまたではM1 Macの話題でもちきりですが、あと1ヶ月ちょっとすれば、来年が来て、Appleの初…
  5.  天気がすごく良く、普段だったら3連休ですし、遠出したいところなのですが、コロナにもし感染して会社に…
  6.  早めに買えるものは買ってしまう癖になりつつありますが、少し前の記事で書いたように保護ガラスフィルム…
  7.  私の周りでは、圧倒的にiPhone 12 mini購入予定者が多い中、私が選んだのはiPhone …
  8.  少し遅れましたが新しいiPhone 12のイベントがあり、久しぶりに2時に起きて見ました。おかげで…
  9.  年末にはCyber Mondayのセールがあると思いながらも、年に一度のプライム会員のためのセール…
  10.  だんだんと暗くなるのが早くなってきました。在宅勤務の17時くらいにはもう照明が必要になってきて、シ…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る