iPhoneで禁煙を 禁煙カウンター

 5月31日は世界禁煙デーで、6月6日までの1週間が禁煙週間になっています。私は禁煙(卒煙?)してからもう2年以上経ちますが、きっかけは4年前からの頭痛でして、病院に行って診察を受ける度にタバコとお酒は控えるように(と言うか止めないと治らない)と言われ、タバコは吸ったか吸わないかが問題で、本数減らしても意味は無いと会社の産業医からの駄目押しできっぱりやめました。なので禁煙までの間に少しずつ減らしていくことは考えずきっぱりやめることが大事なようです。
禁煙カウンター このアプリは、禁煙を開始してからの設定するだけで禁煙した日からの日数、タバコ代、本数、延びた寿命(予想)が表示されるアプリです。

サポートサイトは下記になります。
● iPhoneアプリ開発
App Storeでは健康&フィットネスカテゴリーにあります。
● 禁煙カウンター [iTunes]icon
 このアプリ、毎日見るというよりも気付いた時に見たり、タバコが吸いたくなった時に見ると良いのではないでしょうか。無料で提供というのも嬉しいです。
 面白かったのは、このアプリをダウンロードしてアイコンを見たら真っ白。これは目立つなと思いましたがサポートサイトを見るとバグだそうで修正版も申請中とのこと(2009年6月1日現在)
禁煙カウンター 最初に設定ボタンをタップして、
タバコの本数、1箱(20本)のタバコ代、禁煙開始年月日を
入力します。
右上の完了ボタンをタップして完了です。あとは眺めるだけ。

 実際に私の今の状況を出すとこのようになります。

禁煙カウンター

 タバコ代も積もればMacが買える・・・みたいな(笑) 実際は買えてないんですが、こうやって金額見ると止めて良かったなと思います。
 タバコ一箱1,000円になるという話が一時期ありましたがそれを想定すると・・・

禁煙カウンター

 コワイコワイ。しかし私が一番タバコを吸っているときに怖かったのは、喫煙者の肺の写真を見たときだったりしますが、そういう写真を見せるのも効果あるのでは無いでしょうか。

 私はタバコのあるところに近づかない。家中の灰皿捨てる。で実行しましたが最初の3ヶ月くらいがきつかったです。会社でも喫煙ブースとかできて肩身が狭くなったというのもありますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  2. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  3. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  4.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  5. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  6. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  7.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  8.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…
  9.  今までいろんなカロリー管理アプリを使っていた中で一番自分に合っていたアプリで使いやすかったのでこの…
  10.  松屋で1月14日から販売開始の「シュクメルリ鍋定食」を食べてきました。鍋というだけあってかなり体が…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る