撮った写真をドットで表現できるiPhoneアプリ DotCamera

 実は出るのをひっそりと待ってました。ドットの効果を写真に加えることができるiPhoneアプリです。単純にドット効果だけであれば他のアプリにもありますが、こちらはパラメータで自分の好きなようにドットの大きさ等を指定できます。
DotCamera Twitterでいろいろと苦労を呟いていたので、大変だな?と思っていたところ公開になったようで、苦労したにも関わらず無料で公開しています。感謝感謝。

サポートサイトは下記になります。
● DotCamera
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
● DotCamera [iTunes]

DotCamera こちらで試した結果からですが、設定項目は上からドットの大きさ、表示色で最大2の32乗色、ドット間の枠表示、ドットの枠を横だけ表示だと思われます。
 ここらへんのパラメータを変えることで実際の写真に近いドット表示だったり、まったく分からない面白い写真ができたり楽しめます。

 操作は、写真を写真アルバムから選ぶかカメラで撮った写真からかを右下のアイコンから選べます。写真を選択するとドット効果を加えた画像が表示され、OKボタンでそのまま保存、Cancelで再度、ドットの設定画面に戻ります。
 実際にパラメータを変えてみたのが下の画像です。

DotCamera DotCamera

DotCamera DotCamera

 ちょっとまた面白い写真が出来そうで楽しみなのですが、できる画像のサイズが最大の長さが320pxのようで、小さいかなという印象を受けました。

DotCamera ただ使い方としては、ドット表示ということで右の写真のようにアニメっぽくなって面白いかなと思いました。この写真を部分で切り抜いて連絡先の写真に入れたりするのも面白そうです。
 また写真自体と少し暗くしたい時とかにも細かいドットで作ると良い感じに暗くなりますね。
 あとはサイズが欲しいところです。

DotCamera あと、こんなのもやってみました。食べ物系アイコンでも作れそうな感じがしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  2. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  3. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  4.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  5. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  6. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  7.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  8.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…
  9.  今までいろんなカロリー管理アプリを使っていた中で一番自分に合っていたアプリで使いやすかったのでこの…
  10.  松屋で1月14日から販売開始の「シュクメルリ鍋定食」を食べてきました。鍋というだけあってかなり体が…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る