秋っぽい写真が撮れそうな気がするiPhoneアプリ セピア色のカメラ

 ここのところ、紅葉も見れてきて写真を撮るのも更に楽しくなってきました。夜になると駅前のクリスマスのイルミネーションが若干早いんじゃないかと思うのは私だけでは無いと思いたい今日この頃ですが、昨日モノクロカメラで気になっていたアプリのセピア色バージョンが無料で出ていたので早速試してみました。
セピア色のカメラ 真っ先に興味を持ったのはセピア色で調整ってどんなもんだろうと思ったのですが、実際に試してみるとまた今まで撮った写真が違ってみえて、これも常用アプリとして使えるな?と思ってしまいました。

サポートサイトは下記になります。が今は見れません。
stickyice.com
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
Aisu セピア色のカメラ – Sticky Ice Games

セピア色のカメラ 画面は下にメニューが表示され、左からカメラを起動して撮った写真を取り込むボタン、写真アルバムから写真を選択するボタン、真ん中は実際にセピア色にした写真とセピア色にする前の写真をタップするごとに切り替えて表示できるボタン、その右は保存ボタン、iマークはサポートや他のアプリの紹介になっています。

 調整はメニューの少し上に表示されて左右のスライドでセピア色の明るさが変えられます。コントラストまで変えられると面白いなと思いました。またセピア色にした後の写真を保存しても元の写真と同じサイズで保存されます。ここは良いですね。

セピア色のカメラ セピア色のカメラ

 
この操作性に釣られてもう一つのカメラアプリ「Aisu 白と黒のカメラ [iTunes]icon」まで購入してしまいました。
白と黒のカメラ 白黒カメラと言うとSpicaが私は好きなのですが、あのSpicaもコントラストを自分で調整できるとまた楽しいのかもと思いました。

ハイコントラストなモノクロ写真が撮れるiPhoneアプリ Spica | favLife 

 こちらもセピア色のカメラと同じ操作です。こちらも元の写真と同じサイズで保存できます。

白と黒のカメラ 白と黒のカメラ

 こちらも明るさが調整できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  本日、23時59分までのAmazonのサイバーマンデーセールですが、最後の最後に、安いものを見つけ…
  2.  正直なところ、買う予定はありませんでしたが、タイミングよく欲しい物が出てくる奇跡。  会社用にP…
  3.  Amazonのブラックフライデーセールの中で、ANKERのセールをやっているのを思い出し、眺めてい…
  4. AmazonのビックセールにTileが登場  ちょうど、紛失防止タグのTileを使い始めたのが昨年…
  5.  年々、Amazonのセールで買いたいものが減ってきているような気がしますが、今回もお昼休みとか活用…
  6. ちまたではM1 Macの話題でもちきりですが、あと1ヶ月ちょっとすれば、来年が来て、Appleの初…
  7.  天気がすごく良く、普段だったら3連休ですし、遠出したいところなのですが、コロナにもし感染して会社に…
  8.  早めに買えるものは買ってしまう癖になりつつありますが、少し前の記事で書いたように保護ガラスフィルム…
  9.  私の周りでは、圧倒的にiPhone 12 mini購入予定者が多い中、私が選んだのはiPhone …
  10.  少し遅れましたが新しいiPhone 12のイベントがあり、久しぶりに2時に起きて見ました。おかげで…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る