PC-iPhone間の写真転送に便利なiPhoneアプリ Photo Transfer App

 iPhoneで撮った写真を大量にカメラロールに溜めてます(好きで溜めてるわけではないんですが)。理由はPC側に転送してiPhone側で消してしまうと、PCで見る分には良いのですが、PC側でフォルダを作ったりしてそこに撮った写真を入れてiPhoneと同期した際に、勝手に最適化され小さいサイズになってしまうのが嫌で溜め込んでいました。ただ見るだけならそれで良いのですが、写真を加工したりことを考えるとiPhoneで撮った写真のサイズのままが欲しい。それで撮った写真のサイズのままPC-iPhone間でやりとりできないかなと思って、FlickrにアップロードしてそこからiPhoneのSafariで開いてダウンロードしてカメラロールに再度保存や、GoodReaderに写真を入れて転送という方法もあるのですが、どちらも1枚ずつしか出来ず面倒ということで、こちらのアプリを購入して試してみました。
 結果から言うとiPhoneで撮った写真のサイズのままPCへ、PCからiPhoneのカメラロールへの転送ができ、個人的に満足な結果となりました。写真は1つずつではなく、iPhoneからPCへは最大50枚送ることができるところも満足しています。

サポートサイトは下記になります。
Photo Transfer iPhone App | The easiest way to get photos in and out your iPhone
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
● Photo Transfer App [iTunes]icon

 このアプリは無線LANを使って写真をiPhone→PC,PC→iPhone, iPhone同士に転送できます。PCとiPhoneの双方向の転送では、PC側はWebブラウザを使用します。
 アプリを起動すると画面下にメニューが表示されます。一番左のSelectでは、iPhoneのカメラロールからPCへ転送する方法が書かれています。カメラロールの写真は、このアプリから写真を選択するのではなく、iPhoneのカメラロールを開いてコピーした状態でこのアプリを起動すると写真を送れる状態にできます。その操作方法がSelectには書かれています。ここでカメラロールからコピーする写真の枚数が最大50枚になっています。

 iPhoneのカメラロールから写真を選ぶ方法は上の手順で、あとはアプリを起動し、画面下メニューのPCをタップするとこのような画面になります。
 画面の上の方にSendとReceiveのボタンがありますが、iPhoneからPCへ送る時には、Sendを選択しておきます。そしてPC側ではブラウザで、この指示で書かれているURLを入力するとiPhoneで選択したカメラロールの写真を見ることができます。

 PC側のWebブラウザからは右のように見えます。写真はZipでまとめてダウンロードできるのが良かったです。またどんな写真か確認できるように、Zipファイルの下に写真のリンクがあります。写真のところをクリックするとLightboxで表示してくれるのも便利です。1つ1つクリックせずに1つ開いて後はNextで次々に見ることができます。

 注意点としてはこのWebブラウザからアクセスしているのはiPhoneのアプリなので、アプリを終了するとアクセスできなくなります。ただiPhone自体スリープしても(画面が消えても)アクセスできます。
 ここまでの操作でiPhoneのカメラロールの写真を最大50枚1回でPC側に転送できます。ただこのバージョンではZipで圧縮されたファイルの拡張子はJPGとなっていますがPNGファイルでした。

 PCからPhoneへの転送は、先ほどの画面をSendからReceiveにします。ここでもURLが表示されているので、WebブラウザからこのURLにアクセスします。今度はWebブラウザでUploadのボタンが表示されます。

 このUpload imagesボタンをクリックするとファイル選択のダイアログが表示されます。ここでも良いと思ったのは、このファイル選択で複数のイメージファイル(拡張子はjpg/jpeg/gif/png)が選択できるところです。ここでの最大枚数は特に書かれていません。ファイルを選択すると転送が開始されますが、その時にiPhoneの方では転送中の画面に切り替わり完了するとメッセージが表示され、iPhoneへ転送された写真はiPhoneのカメラロールにサイズはそのままで保存されています。

 iPhone同士で無線LANを使って転送する方法は、画面下メニューのiPhone/iPodをタップして切り替えます。iPod touchにもこのアプリを入れておくとiPhone,iPod touch間で写真を転送できます。
 こちらはPCと異なるのは受信時にもiPhoneを使うというところで、受信側は指定されたURLを入力して受信することになります。

 画面下の一番右の設定では、HTTPポートの番号(デフォルト80)を指定することができるようになっています。また写真が1枚転送が終わる毎に音を鳴らす設定も可能です。

YouTubeの方に動画があったので、静止画ではイメージがつかめない方はこちらを見てください。
YouTube – Photo Transfer iPhone App
YouTube – Photo Transfer – Exchange photos between two iPhones

 このアプリでとりあえず同期せずに無線で一気に写真をPCでバックアップ、以前撮ってPCに入れた写真をiPhoneのカメラロールに持って行くことができるようになりました。個人的にはカメラロールに溜めずに済むので便利になりそうです。ただ自分の場合今の時点で7000枚。50枚ずつ送っても結構時間がかかりそうです。
 注意点としては、位置情報などを含むEXIF情報は、iPhoneからPCに転送時に(ファイルがZIPで圧縮されてます)PCで受け取って解凍した写真には含まれていますが、PCからiPhoneに位置情報を含んでいる写真を転送した場合には位置情報は無くなります(Version 1.0時点)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ピックアップ記事

  1.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  2.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  3. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  4. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  5.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  6. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  7. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  8.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  9.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…
  10.  今までいろんなカロリー管理アプリを使っていた中で一番自分に合っていたアプリで使いやすかったのでこの…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る