写真を管理できてPC/Mac-iPhone間相互に転送できるiPhoneアプリ Photo-Sort

 少し前にPC/Mac-iPhone間の転送アプリとして、Photo Transfer Appというアプリを紹介させていただきました。今回のPhoto-Sortも同じiPhone-PC/Mac間の写真ファイルのWi-Fi転送アプリですが、Photo Transfer Appよりも便利な機能が入っています。なおここでは母艦側の操作はWindowsになります。
PC-iPhone間の写真転送に便利なiPhoneアプリ Photo Transfer App

 便利な機能としては、写真をカメラロールから取り込む時にPhoto Transfer Appでは、iPhoneの写真アルバムを開いてコピーするという方法でしたが、このPhoto-Sortでは、カメラロール(のみ)を実際にアプリ内から表示することができます。(但しPhoto Transfer Appではカメラロールだけでなく他の場所からのコピーが可能です)
 またPhoto Transfer AppではWebアクセスで写真ファイルのやりとりをしていましたが、Photo-Sortでは、フォルダで管理することができ、Windowsの場合はエクスプローラや他のファイラーからパスの入力部分にFTPのアドレスを入力するとその中身がフォルダごと見え、Windowsから操作できるところが便利です。

サポートサイトは下記になります。
PHOTO-SORT – Home
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
Photo-Sort – Romain HENRY

 起動すると、フォルダは追加していますが左のような画面になります。右上の+マークのボタンをタップするとフォルダを作成することができます。左上の i マークはヘルプになります。
 画面下がメニューになり、右からフォルダや写真ファイルの操作、カメラロールからの取込、FTPサーバーの起動、メール(フォルダは選択できません)、写真の質や起動時のパスワード設定になります。
 この画面で操作しにくい所としてはファイル・フォルダ名の所をタップするとリネームに切り替わってしまうので、リネームしない場合は左のアイコンの所をタップした方が操作しやすいです。

 PC/Macからの操作としては、iPhone側では、画面下メニューの真ん中にあるアイコンをタップしてFTPサーバーを起動しておきます(Disable FTP Serverボタンをタップすると終了します)。その時、iPhoneは左の画面のようになっている状態です。この時にiPhoneに写真をドラッグ&ドロップで送ったり、iPhoneの中にフォルダを作ったりすることができます。写真ファイルの削除も可能です。ただ、普通のフォルダ内のファイルの操作のように同じフォルダ内にコピーしたものをそのままペーストするとエクスプローラの場合コピー?ファイル名になったりしますが、それはできません。フォルダ内にフォルダを作ることも可能です。ここではエクスプローラでの操作で説明します。
 マイコンピュータやエクスプローラのアドレスの箇所にiPhoneで表示されているFTPのアドレス(ftp://で始まるアドレス)を入力すると、iPhoneのPhoto-Sort側と同じ情報が表示されます。ここから後は、普通のフォルダの操作と同じ操作になります。ファイルを消したりフォルダを作ったり、PC側にあるファイルをここにドラッグ&ドロップしたりできます(逆にiPhone側からPCも同様)。またファイルやフォルダのリネームもここから可能です。日本語も大丈夫です。

 iPhone側だけで管理する場合には、まずカメラロールからPhoto-Sort側に取り込む必要があります。これは画面下メニューの左から2番目のアイコンんをタップすることでカメラロールのサムネイル表示ができるのでそこから取り込みたい写真をタップして選びます。この時ですが、タップした写真はチェックマークなど付かないので、自分で覚えておく必要があります。ここは分かりにくい所です。選択し終わったら右上にあるDoneをタップすると取込が開始されます。取込先は開いている場所になります。

 ファイルを間違った場所に置いてしまった場合などは、画面下メニューの一番右にあるアイコンをタップするとファイル・フォルダ操作が可能です。ファイルを他のフォルダに移動したい場合は、ファイルを選んでCutを選択し、移動したいフォルダを表示するとメニューの所がPasteに変わるのでそこをタップすることで移動できます。Copy(元のファイルを残したまま同じファイルを他のフォルダにコピー)やDelete(削除)以外にExportというメニューがありますが、これはカメラロールに戻すことができます。なので、一旦Photo-Sortに取り込んでカメラロールにある写真を消してしまったとしても、Photo-Sort側からカメラロールに戻すことができます。選択に関しては、1つ1つ選択する以外に左上に表示されているSelect Allで表示されているファイル・フォルダ全てを選択できます。

 メールは写真を添付できるメールでオリジナルサイズで送信することができます。、画面下メニュー右から2番目のアイコンタップで写真ファイルの選択画面になり、タップすることで右にチェックマークが付くファイルが送信ファイルになります。
 設定画面は、画質の設定と起動時の画面パスワード(数字4桁)を設定できます。

 なおPhoto-Sortに取り込んだ写真は、写真ファイルをタップすることで見ることができます。複数ファイルがある場合は、指でスライドさせることで次々見ることが可能です。ただ、操作の部分で、ファイルをタップしたいところでリネームするためのキーボードが表示されリネームのモードになったりする部分が少し不満なところですが、サムネイルの方をタップすることで回避できるので慣れれば問題無さそうです。

 転送に関しては、オリジナルのサイズで転送ができて便利ですが、1点不満なところとしては、EXIF情報の中の位置情報が転送することにより、消えてしまいます。
 位置情報が常に不要という方には良いかもしれませんが、必要な方にはこのアプリは現段階では使わない方が良いです(バージョン1.8)。この点が気になり、Photo Transfer Appを確認してみましたが、ファイルをiPhoneからPCに転送する際、ZIPで圧縮された状態で転送できますが、これを解凍してみるとEXIF情報の中の位置情報は残っていました。しかしPCからiPhoneに転送する場合はファイルを選択して転送しますが、この時にiPhone側で確認するとEXIF情報の中の位置情報は消えていました。

 位置情報は今後に期待として、iPhoneだけで撮ったカメラロールを整理できるのは良いですね。場所と日時毎にフォルダを作って入れて置いて暇なときにPhoneで整理しておき、最終的にPC側にドラッグ&ドロップでバックアップは便利です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. Momentの一連の記事も一旦この記事で終わりです。が、これからもちょくちょくMomentの紹介を…
  2.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  3.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  4. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  5. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  6.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  7. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  8. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  9.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  10.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る