バックグラウンドでレンダリングできるiPhone動画エフェクトアプリ CinemaFX 動画効果

 iPhoneアプリでは主に写真や動画のアプリを作ってきたNexvioから今度はCinemaFXのようなエフェクトを動画にかけられるアプリが登場しました。アプリ名はCinema FX 動画効果(CinemaFX for Video)でエフェクトを見ていると、写真にエフェクトをかけられるCinemaFXの動画版のようです。あと私がよく使っているアプリFocalLabも、ここのアプリです。
映画のような効果を出すiPhoneアプリ CinemaFX 

 動画にエフェクトをかけるアプリはありましたが、こちらのアプリはそのエフェクト数がとても多いです。それに加えてアプリ内課金で他の2つのエフェクト集も購入可能になっています。アプリ内課金のものエフェクト集はこのCinemaFX for Videoの中には入っていて課金せずに試すことができますが、その際出来上がる動画にはCinemaFX for Videoのロゴが入るようになっています。

サポートサイトは下記になります。
● iPhone Apps from nexvio | CinemaFX for Video
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
● CinemaFX 動画効果 [iTunes]icon

 アプリを起動するとプロジェクトの画面になります。画面の下にメニューがあり、左のアイコンはカメラを起動して動画を撮るアイコンになります。右のアイコンはタップすると、写真アルバムが表示され、保存してある動画から選ぶことができます。ここでは既に保存してある動画から選びましたが、このアプリ内で撮る場合は、この時点ではカメラロールに保存されません(但し何もエフェクトをかけずに保存できます)。
 またここで既にプロジェクトにある動画は右上の編集ボタンをタップして、動画をタップすると下の削除ボタンが有効になり、そこから削除できます。
 写真アルバムから選択した場合は、このプロジェクトの画面から作業画面に移行する際に、アプリに取り込むための圧縮にサイズにもよりますが、時間がかかります。なおここで表示されている左上の i マークはタップすると、使えるエフェクト(アプリ内課金の状態)とヘルプが参照できます。

 動画を選択すると作業画面に移ります。動画の所をダブルタップするとエフェクト前の動画、エフェクト後のイメージと切り替えて見ることができます。画面自体はiPhoneを横にしても操作ができるようになっています。画面下が、加えるエフェクトを最大3つまで入れるところで、右下のFXと書かれているボタンをタップすることでエフェクトの選択画面に切り替わります。ここで何もエフェクトを加えないで右上にあるリールのボタンをタップするとそのままレンダリングできます。
 画面の下の方にある再生ボタンは表示している動画を再生できます。但しレンダリングが終わっていない動画は再生できません。その右側にある赤と白のマークはタップするとエフェクト前とエフェクト後の画像切り替えになります。

 エフェクトは標準では20種類と書きましたが、それは映画というエフェクトの中だけで20種類。日本語は変ですが「Essential(必要)」というカテゴリーに9種類あります。それと調整するためのエフェクトが3種類ありますが、他のエフェクトでも調整できるものがあります。そしてアプリ内課金で「トイカメラ」と「古い」があり、各々115円でこのアプリ内から購入することができますが、ただ試してみたいという場合は、体験版がこのアプリから使えます。体験版はロゴが動画に入ります。課金するとロゴは消えます。

 こちらのエフェクトは最初から入っている「Cinematic(映画)」です。

 こちらはアプリ内課金対象の「ToyCam(トイカメラ)」です。全12種類あります。

 こちらはアプリ内課金対象の「Vintage(古い)」です。全12種類あります。

 これらのエフェクトを選択すると、動画にエフェクトが加わっていきます。(最大3種類まで)エフェクトの中には、調整できるエフェクトもありますが、それは作業画面の中でエフェクトを加えた後に、エフェクトをタップしてみるとFXボタンが変わります。アイコンが変わっていればタップすることで、そのエフェクトの調整ができます。またエフェクトを無効にしたい場合は、エフェクトを選択して右上に表示している×マークをタップすることでそのエフェクトを無効にできます。
 アプリ内課金は「トイカメラ」「古い」のエフェクトを表示している時に右上に115円のボタンが表示されていてそこから購入もできますが、エフェクトを選んだ際にも購入するか体験版を使うかの選択ダイアログが表示されます。

 エフェクトの選択が終わると、次はレンダリング処理になりますが、画面右上のリールのボタンからサイズを指定してレンダリング処理に移行します。このレンダリングには時間がかかるもので、特に今回iPhone 4ではHD画質(720p)にも対応しているので時間がかかります(iPhone 3GSは640pまで)。この時間のかかるレンダリング時に、iPhoneのホームボタンを押して他のアプリを使ったり、スリープボタンを押して画面を消していても、バックグラウンドでレンダリングは実行されていて、完了するとポップアップと音で通知してくれるます。(このアプリを表示しているときには音だけで通知してくれます。)正直これはiOS 4の恩恵で嬉しいところです。
 そして画面の一番右上にあるボタンは保存で、カメラロールへの保存の他、メール、YouTube(HDも可能)へのアップロードが可能になっています。

 YouTubeへの送信は、アカウント・パスワード・タイトル・タグ・カテゴリー・説明と細かく設定できるようになっています。
 実際、このアプリだけで動画を作るのも良いですが、iMovie [iTunes]iconなども使って編集するとまた楽しいのではないでしょうか。

下の動画は、CinemaFX 動画効果で作成し、そのままYouTubeにアップロードした動画です。映画のエフェクトを使用しています。HDのままアップロードできるのは良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ピックアップ記事

  1.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  2.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  3. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  4. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  5.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  6. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  7. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  8.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  9.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…
  10.  今までいろんなカロリー管理アプリを使っていた中で一番自分に合っていたアプリで使いやすかったのでこの…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る