Simplism Crystal Cover Set for iPhone 4 到着

 eggshellSwitchEasy NUDEとiPhone 4用ケースを購入してきましたが、ケースはこれで最後です(もう新しい注文はしていません)。正直なところSwitchEasy NUDEで3GS用の時のようなアンチスクラッチコーティングを期待していたのですが、その機能は無く、おまけに届いた時点で傷まみれで届いたので、アンチスクラッチコーティングのものを探していたらありました。今はSwitchEasy NUDEは日本でも買えるみたいなんですが、最初から細かい傷は入っていないんでしょうか?
eggshell for iPhone 4のクリア到着 早速装着 
SwitchEasy NUDE for iPhone 4 ケースレビュー 

 今回届いたのはSimplismのCrystal Cover Set for iPhone 4。フォーエバークリアの方をネットから注文していたのですが、そんな中、ヨドバシカメラでも売っているのを見つけスモーキーブラック も購入しました。
 こちらのSimplism Crystal Coverの薄さはら0.8mmでSwitchEasy NUDEの1mmより薄いです。ちなみにeggshellは0.75mmです。重さはeggshellが7.5グラム、 Simplism Crystal Cover Setは10グラム、NUDEは書かれていませんでしたがカバー率が他の2つより多いので、それなりかと思います。

Simplism iPhone 4用 ディスプレイ保護フィルム付 クリスタルカバーセット (フォーエバークリア) Crystal Cover Set for iPhone 4 Forever Clear [TR-CCSIP4-FC]
Simplism iPhone 4用 ディスプレイ保護フィルム付 クリスタルカバーセット (スモーキーブラック) Crystal Cover Set for iPhone 4 Smoky Black [TR-CCSIP4-SB]

 Simplism Crystal Coverの特徴は、アンチスクラッチコーティング。触った感じ他のケースよりも異なりすべりにくい感じを受けました。その分指紋は付きやすく、目立ちます。ただ、傷が付けば拭っても消えませんが指紋の跡は、拭えば取れるんで個人的には問題なしでした。
 iPhoneのカバー率はeggshellと同じで、上部と下部は空いています。比べてみるとeggshellよりも4隅をカバーしている範囲は広いです。
 やっぱり気になるのは最初から傷が付いていないかどうかなのですが、Amazonのレビューでは傷が多いとありましたが、私のところでは綺麗でした。

 付属品は液晶保護フィルム1枚、クリーニングクロス1枚、フィルム貼付補助カード1枚になっていて、他の2つのケースよりおまけは少ないです。

 実際に指紋がどのくらい付くか試してみました。左が最初の状態で、右が指でグリグリと指紋を付けてみたところです。拭けば消えるので問題は無さそう。

 このSimplism Crystal Coverで気に入っているのは、eggshellと同様、取り外ししやすいところで、なぜ取り外ししやすいのが良いかと言うと、外付けレンズをケース側に着けて使おうと考えていたりするので、取り外しも簡単にしたいのでこのケースに期待したところでもありました。

 しかし、3種類のケースを購入しましたが、どれもiPhone 4のデザインを損なわないケースですが、一長一短があります。SwitchEasy NUDEはおまけが多く、ケースとしてカバーする範囲は前面以外はバッチリで、GE Lexanポリカーボネートで強固さがあるようですが、一度装着するとなかなか取れません。eggshellは薄さと軽さとおまけのケーブルワインダーが便利。Simplism Crystal Coverはアンチスクラッチコーティング。

 それで、実際、私は何を使うかというと、先日AppleからiPhone 4ケース無償提供プログラムがあり、申し込んでいました。出荷は35日後の予定だったのですが、本日メールが届き明日到着だそうで、予定が狂ってしまいました。SGPのスキンガードが届いたので、それを先に装着しようと思っています。(それはまた後日レビューします)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. Momentの一連の記事も一旦この記事で終わりです。が、これからもちょくちょくMomentの紹介を…
  2.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  3.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  4. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  5. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  6.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  7. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  8. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  9.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  10.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る