外食が多い方には便利なレコーディングダイエットiPhoneアプリ カロリー管理

 年をとるとともに健康管理などやってないことでひどい目にあってきてたりするので、毎日の食事の記録をするようにしました。実は何度か挫折しているんですが、やはり一番ひっかかるところは入力部分、入力するための一覧を作るだけでも結構な手間で、そこからカロリーを入力するとなると更に面倒。私の場合、特に外食が多いので、外食のメニューからカロリーを出してくれる(もしくは共有できるような)アプリがあるといいなと思っていました。(実際はあるんですが海外のアプリで日本語は文字化け)
 そんな時に出てきたこのカロリー管理。入力もさることながら、外食チェーン店の食べ物のカロリーも入っているところがとても良いと思いました。(2010/06/30時点で計42店)私がよく行くチェーン店の情報ももれなく入っていてうれしいです。

サポートサイトは下記になります。
iphoneアプリ「カロリー管理」
App Storeでは健康&フィットネスカテゴリーにあります。
● カロリー管理 [iTunes]icon

 アプリのメイン画面は左のようになり、非常に見やすい画面になっています。いろんなカロリー管理アプリを吟味して実際にカロリー管理でダイエットに成功したスタッフが分かりやすいユーザーインターフェースを追求しただけあると思います。
 ここでは入力と見ることに重点をおいています。真ん中にある「カロリー直接入力」「メニュー検索入力」「お気に入り店」をタップして入力することになります。
 画面下の今日の記録は、多くなると指でスワイプ(スライド)させるとスクロールして見ることができます。
 そして画面一番下のメニューでは、入力したデータの修正・削除ができる「履歴」、現在地から近くの外食チェーン店を見つけてくれるオプション機能の「周辺検索」、初期設定などを行う「環境設定」になります。

 最初は、環境設定から個人設定の画面から個人情報を入力します。
 身体情報では、性別、生年月日、身長、体重を入力することで、一番上に基礎代謝が計算されて表示されます。こういうの今まで気にしたことも無かったです(笑)。
 そして活動レベルでは、毎日の運動について3パターンから選ぶことになります。私の場合、週に1回はウォーキングをやっていますが、平日はデスクワークが多いので低を選択しました。他に中(立ち仕事、営業など)、高(肉体労働の仕事)が選択できます。
 減量目標は、減量体重(0?10kg)を入力すると、開始日と終了日が表示されます。この時に開始日と終了日は生活代謝を越えない最短期間で初期設定され、終了日を早くすることはできません。健康的にダイエットということですね。減量体重を設定することで、1日のカロリー目安が設定されます。
 あとはデータをリセットするための初期化の機能もあります。

 初期設定が終わったところで、メイン画面にはカロリーの目安が表示されています。食事を取ることで現在の状況がカウントされ、残りのカロリーも一緒に表示されます。

 入力に関しては、「カロリー直接入力」「メニュー検索入力」「お気に入り店」があります。「カロリー直接入力」は、カロリーと食べ物の種類とメモが入力できます。カロリー入力は数値のところ、キーボードマークのところをタップすると数値を入力することができます。数値入力を消したい場合もキーボードマークをタップすることで消すことができます。日付のところもタップすることで日付変更が可能です。入力したら、最後に画面右下にある追加ボタンをタップして完了です。
 この時も残りのカロリーが下に表示されていて意識できるようになっています。

 「メニュー検索入力」はすでにこのアプリで登録されているものから選んで入力することになります。残念なのはここで新しく追加することができないことですが、最初から一般食として2151件が登録されています。そして、もう一つ外食チェーン店で計5200件近くのデータが入っています。
 文字を入力して検索もできますが、最近選んだもの20件が一番上に表示されているのも便利だと思います。また一般食と外食を切り替えて選択できますが、外食の時には店名でソートされていたりするところも便利だと思いました。ただここの外食の方は、次で説明するお気に入り店から選ぶ方が楽だと思いました。

 「お気に入り店」で入力するときは、ちょっとうれしくなります。各外食チェーン店の看板のアイコンが表示されていて、見ていても面白いです。画面右上の編集ボタンから、普段使っている外食チェーン店の選んでいきます。選ぶことでこの画面のようにアイコンで表示できます。
 アイコンをタップすると、そこ外食チェーン店のメニューがリストで表示されます。意外なものが意外なカロリーだったり。そういうものも確認することができます。

 そしてオプション機能にある「周辺検索」これは現在地から半径1.5km以内の外食チェーン店が分かる機能です。1件だけでなく複数の店がマップ上に表示され、その店の看板マークをタップすると現在地からどのくらいの距離なのかもわかるようになっています。

 このアプリでの良い点は入力のしやすさと、外食チェーン店のメニューからカロリーが分かるところです。実際のところ外食チェーン店のメニューだけでなく、コンビニの食べ物などもいれてもらえると嬉しいところですが、データは膨大になるでしょうし、外食チェーン店のメニューは入れ替わりもあると思うので、データだけ変更できるような機能があったり、共有したりする機能があると便利かなと思いました。
 一点残念なところですが、周辺検索よりも、減量目標の設定があっただけに、摂取カロリーとの関係を見るためにも、グラフなどで体重管理も一緒にできれば良かったなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  Amazonのブラックフライデーセールの中で、ANKERのセールをやっているのを思い出し、眺めてい…
  2. AmazonのビックセールにTileが登場  ちょうど、紛失防止タグのTileを使い始めたのが昨年…
  3.  年々、Amazonのセールで買いたいものが減ってきているような気がしますが、今回もお昼休みとか活用…
  4. ちまたではM1 Macの話題でもちきりですが、あと1ヶ月ちょっとすれば、来年が来て、Appleの初…
  5.  天気がすごく良く、普段だったら3連休ですし、遠出したいところなのですが、コロナにもし感染して会社に…
  6.  早めに買えるものは買ってしまう癖になりつつありますが、少し前の記事で書いたように保護ガラスフィルム…
  7.  私の周りでは、圧倒的にiPhone 12 mini購入予定者が多い中、私が選んだのはiPhone …
  8.  少し遅れましたが新しいiPhone 12のイベントがあり、久しぶりに2時に起きて見ました。おかげで…
  9.  年末にはCyber Mondayのセールがあると思いながらも、年に一度のプライム会員のためのセール…
  10.  だんだんと暗くなるのが早くなってきました。在宅勤務の17時くらいにはもう照明が必要になってきて、シ…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る