SkipBleach iPhoneで撮った写真に銀残し効果を与えるiPhoneアプリ

 このアプリ以前からダウンロードしていて、オリジナルサイズのサポートが無かったので使うことが少なかったのですが、アップデートでオリジナルサイズに対応されました。エフェクトは銀残しという効果で、このアプリ名SkipBleachは英語での言葉からきています。
 開発元は以前XProcessを紹介したところです。
簡単にクロスプロセス処理をシミュレートできるiPhoneアプリ XProcess 

 銀残しの説明では?がチラホラですが、映画の「セブン」や「プライベート・ライアン」「マイノリティ・リポート」などがこの銀残しを使用されていますということを聞くとなんとなく分かります。映画を観たことある方はあんな感じか?と分かるかもしれません。銀残しという技術自体は現像手法の一つで日本発の技術です。

サポートサイトは下記になります。
SkipBleach – mudaimemo iPhone Apps
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
● SkipBleach [iTunes]icon

 アプリを起動するとすぐカメラが起動しますが、このカメラ起動をするかしないかは後述する設定から指定することができます。一旦カメラをキャンセルすると、下にメニューが表示され真ん中のカメラのボタンを押すと右のような画面になります。
 エフェクトをかける対象の写真は、カメラから取り込む、カメラロールから取り込む、写真アルバムから取り込むを選ぶことができます。ただバージョン1.1.6ではカメラロールから写真を選ぶと終了してしまいます。しかしカメラロールの写真も写真アルバムから選択できるので操作に支障はありませんがサイズによっては終了してしまうこともあります。ここは残念です。

 写真を表示したら、パラメータであるコントラスト・彩度・明るさを調整して銀残し効果を加えますが、一般的に銀残しは「コントラストが強い」「彩度が低い」「暗め」ということで、コントラストは右にスライドさせ、彩度・明るさは左にスライドさせると銀残し効果が現れると思います。

 下の写真は、左は銀残しではなく彩度を上げたもので、右は銀残しのパラメータで調整したものです。黒が引き締まっている感じを受けます。単にパラメータを自動で変えるのではなく、手動で調整できるのは良いですね。

 設定は、画面下メニューの左側にあるアイコンをタップすると表示されます。ガンマ補正のON/OFF、出力では、サイズ(最大幅)で320px?オリジナルサイズの指定が可能です。またフォーマットもPNG,Low Quality,High Qualityと3種類から指定できます。共有サービスでは、FacebookとTwitterが選択でき、使用する画像サービスはTwitPic,Twitgoo,Posterous,Moby Pictureから選択可能です。
 編集モードは写真を選択した後に、写真の移動や拡大縮小を行い、切り取られた部分でエフェクトをかけることができるモードになります。このとき出力される写真は正方形になります。
 それとアプリを起動した時にすぐカメラを起動するかどうかの指定が可能になっています。

 実際にSkipBleachを使ったFlickrのグループがあるので、どのようなものができあがるのか観てみるのも良いと思います。
Flickr: SkipBleach (iPhone App)

 私も実際に使ってみました。普通の改札口の写真ですがこんな感じになりました。

iPhone365#231

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  M1 MacBook Airを購入し、届いてから約2ヶ月。開封よりも先にやることが多くて、今週、月…
  2.  1週間ほど間が開いてしまいましたが、前回のiPhone 12 Pro Max用のMomentケース…
  3.  だいたい年末くらいには届くことを想定していたのですが、ホリデーシーズンのセールがあったせいか生産が…
  4.  気分によって、普段持ち歩くiPhoneの壁紙を変えたいという人は多いかもしれませんが、私もそのひと…
  5.  ここ最近は、以前欲しかったけど在庫無しで買えなかったものが復活していることが多くて嬉しいかぎりです…
  6.  ずっと在庫切れだったものが買えたことは、年始に報告しましたが、届きました。Anker Magnet…
  7.  今年の初売りセール。Amazonはある程度、自分の中では抑えたほうだと思います。ユニクロ、昨年もお…
  8. 1月2日から始まったAmazonの初売り。今年は無駄なものは買わないと思いつつも、あっコレ必要とい…
  9.  前回からの続きになります。前回はMOFTのウォレットスタンドだけ紹介しました。今回は、Apple純…
  10.  MOFTから登場したMagSafe対応のマグネットでiPhone本体や、MagSafe対応ケースに…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る