iOS 4.1のHDR写真を試してみました。

 本日朝、iOS 4.1のソフトウェア・アップデートがあったわけですが、とりわけ私が気になったところは標準カメラに付いたHDR写真。

 早速試してみた結果ですが、既にあがっているいろんな写真を見ていたので、こんなものかな?と思っていました。

 下の3枚の写真は一番左の写真が元の写真で、次がiOS 4.1で搭載されたカメラの機能を使ったHDR写真です。そして最後のものが、元の写真からPro HDRというアプリで作成したものです。

 iPhoneカメラでのHDR写真は、通常の写真を撮るのと同じ動作で写真が撮れるので楽ですが、もうちょっと明るさが出ていると良かったかなってこの写真を見た時には思いました。しかし、HDR写真とPro HDR写真見てもどちらがいいかっていうことは判別しにくものがあり、モノクロにすると真ん中のHDR写真の方が良さそうな気もします。

 次に歩道に飾られていた花を撮ってみました。左の写真が元の写真で、右がHDR写真です。ここでは明らかにHDR写真の方が明るく、葉っぱなどがハッキリしているのが分かります。

 ここでは二つのパターンで見ましたが、他に逆光の時なども試してみましたがあまり変化はありませんでした。ここで今回のiOS4.1に入っているHDR写真の機能は、同じ明るさの時の方が変化が分かりやすいのかなと思いました。Pro HDRまでとは言いませんが(アプリが無くなってしまうので)もう少し暗いところで明るさが欲しかったです。明るさの差が激しいと効果が分からないのかもしれないですね。
 ここでの結論としては、HDR写真も場所を選ぶと効果が分かるという感じでしょうか。もっと撮ってみないとハッキリしない感じもします。

 あとiPhoneカメラのHDR写真は速い動きのあるものを撮っているときに3枚?くらい撮っていることが分かります。これは持っている方が実際試してみると分かりますが、分身の術とまではいかないもののブレてたりしますので、HDR写真だけでなく、元の写真の保存もやっておく方が良いかと思います。
 自分のスタンスとしてはHDR写真ONで元の写真も保存という設定で、今まで通りHDR写真にしたいときはアプリを使うのかなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  2. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  3. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  4.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  5. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  6. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  7.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  8.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…
  9.  今までいろんなカロリー管理アプリを使っていた中で一番自分に合っていたアプリで使いやすかったのでこの…
  10.  松屋で1月14日から販売開始の「シュクメルリ鍋定食」を食べてきました。鍋というだけあってかなり体が…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る