Pro HDR x TrueHDR の撮影機能をチェック

 HDRで検索に来られる方が増えたので、今回iPhone標準カメラのHDR写真撮影の他に、Pro HDR [iTunes]iconの撮影機能と以前紹介したTrueHDR [iTunes]iconの撮影機能の比較をしたいと思います。
 iPhone標準のカメラでHDR写真が撮れるようになりましたが、他のカメラアプリではまだHDR写真の出力機能を持っているものはありません。なので他のカメラアプリでHDR写真を撮影しようとすると露出の違う場所で2枚撮り、HDRアプリで合わせるということが必用になってきますが、今回紹介するHDRアプリ2種類はどちらも写真アルバムから取り込めることができますが、撮影機能もiPhoneの標準カメラのような速さはありませんが、容易さから言えば、良い出来だと思います。
 HDRアプリと言えば、今ではPro HDR [iTunes]iconの方が有名になってしまいましたが、最初に出たのはTrueHDR [iTunes]iconの方で、この時は同じ写真を二度撮ることがなかなか難しかった記憶があります。
露出の違いを合成して1枚の写真にしてくれるiPhoneカメラアプリ TrueHDR 
 そして、カメラアプリのSnaptureを使うことでかなり楽に同じ写真を撮ることを見つけて記事にしたことがあります。
Snaptureで撮った写真をTrueHDRで使うと便利 
 私自身、この後に高解像度で出力してくれるPro HDR [iTunes]iconが登場し、Pro HDR [iTunes]iconの使用頻度が多くなり移行してしまったのですが、撮影方法自体アプリの方が進化を続け、簡単に撮影できるようにしてくれました。TrueHDR [iTunes]iconもPro HDR [iTunes]iconに負けないくらいの撮影機能をバージョンアップで搭載してくれ今は両方使っています。写真アルバムからではなくこれらのHDRアプリからの撮影も行ってみてはいかがでしょう(位置情報などは写真に記録されません)。

 最初はPro HDR [iTunes]iconの撮影機能について説明します。
 写真カテゴリーのランキングでも1位になっているので持っている方も多いかもしれません。撮影方法では、Auto HDR(自動)とManual HDR(手動)があります。そして、写真アルバムから2枚選んで合わせることができます。Pro HDRの特徴としては合わせたHDR写真のプレビューを見ながら、明るさ、コントラスト、温み、色合いの調整ができます。

サポートサイトは下記になります。 iPhone 4でも使用できます。
● Pro HDR for iPhone 3GS

 起動した時のメニューで表示される撮影方法では、Auto HDR(自動)とManual HDR(手動)があります。Auto HDRは、その名の通り自動で行う機能で、HDR写真が出来上がるまでに行うことは画面のタップだけという容易さです。Manual HDRはその名の通り手動でHDR写真を作成します。Pro HDRのカメラ上で露出の違うところをタップしていく操作になります。一番下にあるLibrary HDRは写真アルバムから2枚の写真を選ぶことでHDR写真を作成することができます。

【Auto HDR】 撮影は自動ですが、注意する点としては、タップした後、シャッター音が2回する間、固定しておく必用があります。ただ三脚まで必用なほどではなく、少しの差であれば合わせるときに修正されます。

 このAuto HDRの時の写真です。1,2枚目が露出の異なる写真で、3枚目の写真がPro HDRのAuto HDRで出来たHDR写真になります。

【Manual HDR】 こちらは、露出の異なるところを自分で指でタップして指定することでHDR写真を作ります。こちらは画面上をタップした後、下にあるAcceptボタンを押す必要があります。三脚で固定しておくと楽ですが、手で持っている時にはちょっと操作しにくいです。最終的にはAuto HDR同様、最終的に出来たHDR写真を調整できる画面で調整ができます。

 このManual HDRの時の写真です。1,2枚目が露出の異なる写真で、3枚目の写真がPro HDRのManual HDRで出来たHDR写真になります。Auto HDRの時より暗いところを選んだのでより変化のあるHDR写真になっています。

 次はTrueHDR [iTunes]iconになります。
 こちらは最初にリリースした時と比べると大きく変わった点として出来上がる写真サイズが大きくなった事と、撮影サポート機能です。こちらはPro HDRと違い、出来上がった写真を調整する機能はありません。

サポートサイトは下記になります。
TrueHDR Create full-resolution high dynamic range pictures on your iPhone

  起動した時のメニューで表示される撮影方法では、Pro HDRと異なり、更にもう一つHDR撮影をサポートする機能があります。HDR撮影方法としては、Auto Capture(全自動撮影)、SemiAuto Capture(半自動)、Manual Capture(手動撮影)があります。特徴としては全自動が3枚の写真を撮影するところです。またアプリのインターフェース的にも今後更にグレードアップするのでは無いかと思えるところもあります。一番下にあるChoose Picturesは写真アルバムから2枚の写真を選んでHDR写真を作成することができます。

【Auto Capture】 こちらは画面下にあるカメラボタンをタップすることでそのまま撮影に入ります。Pro HDRと違うところとしては、自動で撮影される写真は3枚であるところと、iPhone前面にあるインカメラにも切替ができるところです。撮影は画面上に数字が書かれているので撮る時に分かりやすいです。

 このAuto Captureの時の写真です。1,2枚目が露出の異なる写真で、3枚目の写真がTrueHDRのAuto Captureで出来たHDR写真になります。3枚撮影を行っていますがアプリ上で見られるのは2枚になります。

【SemiAuto Capture】 こちらはAuto Captureと違い2枚の写真を撮ることになりますが、面白いのは指2本を使ってCamera+のような選び方で露出の違う所を選ぶところです。Pro HDRと違い明るい所と暗い所を選ぶのではなく2点をとにかく選ぶだけです。

 このSemiAuto Captureの時の写真です。1,2枚目が露出の異なる写真で、3枚目の写真がTrueHDRのSemiAuto Captureで出来たHDR写真になります。自分で選ぶ所以外は自動です。

【Manual Capture】 こちらは全部手動で行います。操作としては、最初に明るい所をタップすると枠が表示されるのでその後、画面下にあるカメラボタンをタップして撮り、次に暗い所をタップして同じように撮る形です。これはPro HDRのManual HDRと似ています。

 このManual Captureで撮った写真です。1,2枚目が露出の異なる写真で、3枚目の写真がTrueHDRのSemiAuto Captureで出来たHDR写真になります。

 ここまで触ってみた感想ですが、どちらのアプリもマニュアル(手動)は三脚などで固定しないとブレやすいです。また派手にしたい場合は、オート(自動)よりもマニュアル(TrueHDRはセミオートがありますが)もしくは2枚の写真を撮って写真アルバムから読み込む方が良さそうだと思いました。
 ここで2つのアプリで出力された今回の画像サイズですが、同じ場所で撮影している状態で、Pro HDRのAuto HDRでは2574×1900、Manual HDRでは2504×1909でした。一方のTrueHDRではAuto Captureでは2464×1824、SemiAuto Captureでは2496×1856、Manual Captureでは2464×1760でした。ここら辺は実際に撮る際のブレも影響するので変化しますが、Pro HDRの方が若干大きいというだけでした。同じ場所でiPhoneのカメラで撮った写真はサイズは2592×1936です。
 ここでもう一つ比較写真として、1枚目はiPhone 4のカメラで撮ったHDR写真、2枚目はPro HDR(オート)、3枚目はTrueHDR(オート)を並べてみます。

 この写真を見る限りではHDRの派手さから言うとPro HDR [iTunes]icon > TrueHDR [iTunes]icon > iPhone 4のHDR写真のように見えます。個人的にはTrueHDRのインターフェースがAutoStitchのようなインターフェースに似てるので複数枚の写真を繋げられるようになるのではないかと言う期待もあったりします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  つい最近、マウス購入の記事を出しましたが、思った以上に良くて、もう一台、仕事用に買ってみました。た…
  2.  主にアマゾンからのお届け物の開封の話ですが、最近はビニールの袋に入ってお届けもあったりしますが、メ…
  3.  マイナンバーカードを作っていたので比較的早く、特別定額給付金が私の手元にも届きました。そのタイミン…
  4.  以前少しだけ書いたことがありましたが、YouTubeと見てて、支援したいと思ったので購入した【RE…
  5.  コロナのおかげで始まった在宅勤務。自宅での仕事が満員電車乗らなくて楽と思ったのも束の間、仕事がそれ…
  6.  外出自粛、在宅勤務の中ですが、仕事のために数日間、出社が急遽、決まりました。ということで、その前に…
  7.  ゴールデンウィーク(今年に限ってはステイホーム週間)最終日、振り替えてみてやったこと。運動面では、…
  8.  iPhone 11用のMYNUSケースを見つけて一目惚れ。iPhone 11 Pro用も出ると聞い…
  9.  コロナの影響で、近くの無印良品が閉店状態。ネットで買うには5,000円以上でないと送料無料にならな…
  10.  ゴールデンウィーク、今年に限っては、コロナの影響で、在宅勤務からのステイホーム週間突入、私は3月半…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る