ATOK Pad JUSTSYSTEMのATOKが使えるiPhoneアプリ

 iPhoneからATOKが使えるアプリATOK Padが登場しました。残念ながら、iPhone上の全てのかな漢字変換がATOKに置き換わる事は無く、一アプリとしての登場で、少し寂しいところもありますが、これからの他のアプリとの連携など楽しみな部分をあります。
 ATOKを使い始めたのは一太郎Ver3くらいからだったと思いますが、そこからずっとATOKユーザーです。やはりかな漢字変換の信頼度が高いというのが使っている理由なのですが、今回のiPhone版も期待しています。なお通常1,200円(税込)のところ9月22日から26日まで、発売記念価格900円(税込)で提供されています。

サポートサイトは下記になります。
iPhone/iPod Touch用日本語入力アプリ ATOK Pad for iPhone
App Storeでは、仕事効率化カテゴリーにあります。
● ATOK Pad [iTunes]icon

 このアプリ自体はメモ帳ですが、かな漢字変換はATOKが使用されています。現時点では、このメモ帳で書いた文章はメールやだけでなく、TwitterやEvernote、クリップボードとの連携ができるようになっており、その設定もこのATOK Padの中から設定することが可能になっています。また、既に公表されていますが、外部アプリから呼び出すことが出来る機能を用いてアイティメディアのiPhoneアプリ「ITmedia」と「Biz誠」が対応第一弾のアプリになるそうです。
iPhone用ATOKアプリ発売 – ITmedia News
 これから対応するアプリが続々と出てくると思われますが、楽しみな所でもあります。

 メモ帳としてのこのアプリで見た場合、非常にシンプルな作りになっていますが、要所を押さえてる作りで、起動した後の画面では右上の+マークで新しいメモを追加できます。左上にある編集ボタンでは、削除とメモの順番を入れ替えられるようになっています。そして左下にはiPhoneを回転した時に固定にするか追従して一緒に回転するかを指定できるアイコンがあります。右下の歯車アイコンは設定になります。

 メモを開くと、画面の下にメニューアイコンが並んでいますが、左からペンのマークの時は編集可能な時の表示で、ここをタップすると編集禁止になります。戻すにはもう一度タップすることで編集可能になります。次はごみ箱で、このメモの削除を意味します。真ん中のアイコンはこのメモをメール・SMS・Twitter・Evernote・クリップボードに送る機能になります。残りの右側にある矢印マークは複数のメモがある場合のメモの切替です。画面右上に文字数も表示されています。編集モードの時(ペンのマークが表示)は、文章をタップすると文字入力のキーボードが表示されます。このキーボード見ると分かりますが、iPhoneの標準のキーボードは異なっています。

 このATOK Padは独自のキーボードを用いているということで、フリック入力以外にリボルバー入力というのを採用しています。見ると分かりますが、十字方向ではなく、上方向に文字が出ているのが分かります。あまり指を動かさなくて良いようになっているように思います。また他の右側にあるボタンも通常に加えて上下右方向にカーソルが移動できたりと便利になっています。ここらへんのカーソル移動はリボルバー方式でなくてもATOK Pad上ではフリック入力でも使えます。

一番重要なところの、かな漢字変換ですが、「ぼうずがびょうぶにじょうずにぼうずのえをかいた」を一発変換してみたところ、「坊主が屏風に上手に坊主の絵を描いた」とバッチリ。ちなみにiPhoneの標準かな漢字変換では「坊主が屏風に上手に坊主の絵を書いた」と最後が残念でした(がちょっと驚きました)。確かに長い文章を打つとき等にはこのATOK Padの効果が現れそうな感じです。但しサポートページの注意事項に書かれていますが、Bluetooth Keyboardには対応していないということは残念です。しかしながら、日本語に関してはNo.1と言ってもいいほど研究されている会社のアプリであるので、安心して文字入力できるということが良いです。定型文の入力や絵文字などもキーボードから入力できます。

 設定画面からはデザインのテーマ(色やメモの罫線タイプ)、フォント(文字の大きさは最大50)、文字色、そして効果音などが設定できます。最初は効果音は楽しいのですが、使っていく内に嫌になってくるかもしれません(笑)そしてATOKのキーボードの種類が選べたり、先ほどの入力方式をフリック入力かリボルバー入力かの設定もあります。またユーザー辞書(iPhoneの設定から指定できるユーザー辞書とは別)、定型文編集、Twitter・Evernoteの設定などがあります。

 購入した際には一番先にやっておくといいのは、ユーザー登録で、これも設定画面の中から製品コードを取得できるので、iPhoneのシリアル番号と共に登録することをオススメします。

 実際数時間触っていて思ったのは、メモ帳にとって重要なのがアンドゥやリドゥだと思うのですが、このATOK Padには今のところありません。通常のiPhoneのメモ帳だったりするとiPhoneを振ると元に戻してくれますが、ATOK PadではSMS・メール・Twitter・Evernoteの呼び出し画面になります。ここは正直残念でした。しかしながらそれ以上にかな漢字変換の学習機能だったりキーボード操作の追加機能などは使っていて便利だと思いました。あとは、このATOKとの連携アプリが単に呼び出しだけでなく、別のアプリの中で使える(TextExpander等)ようなものになると更に使う場面が増えて便利になるのかなと思いました。
 またサポートサイトには動画で説明されている所もあったりして力入っています。購入前に見ておいた方が良いかもしれません。
iPhone/iPod Touch用日本語入力アプリ ATOK Pad for iPhone

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ピックアップ記事

  1.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  2. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  3. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  4.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  5. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  6. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  7.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  8.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…
  9.  今までいろんなカロリー管理アプリを使っていた中で一番自分に合っていたアプリで使いやすかったのでこの…
  10.  松屋で1月14日から販売開始の「シュクメルリ鍋定食」を食べてきました。鍋というだけあってかなり体が…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る