NoriCa : 7種類のフィルターを見ながら写真が撮れるiPhoneカメラアプリ

 カメラで写真を撮る時に指定したフィルターを反映しながら撮るアプリはありましたが、こちらのアプリは無料になります。またこのアプリ撮影時だけでなく、写真アルバムに保存してある写真に対してもフィルターをかけることができるのが良いところです。
 アプリ自体は、iPhone横向き固定ですが、縦長の写真も撮ることができます。ただ残念なところは、写真のサイズで、このカメラアプリで撮った写真は1280×720になります。しかし、写真アルバムに保存してある写真に関してはそのままオリジナルサイズでフィルターが適用され保存することができるのが良いと思いました。

サポートサイトは下記になります。
● NemusTech
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
● NoriCa [iTunes]icon

 アプリはiPhone横向き1方向の固定画面になります。左にはカメラで写っている画面、右にはダイヤルとダイヤルの真ん中にあるのがシャッターボタンになります。ダイヤルを回すとその下に表示されている文字も切り替わり、どのフィルターを使っているかを認識することができます。
 画面下部分の左のボタンは、写真アルバムからの写真の呼び出しと、保存、取り消しとなっています。ダイヤルを回すとその都度、リアルタイムにカメラの画面にフィルターがかかるようになっていてどんな写真を撮ろうとしているのかが分かります。
※但し撮った写真のサイズは1280×720になります。そして、シャッターを押した時に音は鳴りません。写真のサイズからすると、動画をキャプチャーしながら画面に出しているような感じがしますね。

 フィルターはノーマルを含めて7種類あります。残りは青だけ色が付くBLUE、緑だけ色が付くGREEN、赤だけ色が付くRED、モノクロ、セピア、スケッチ(ペンシル)の6種類になります。

 実際に写真アルバムから撮った写真を選んでここにあるフィルターを使って保存してみました。どちらも出力されたサイズはiPhone 4のカメラで撮ったサイズの1936×2592でした。左はGREENフィルターで右がBLUEフィルターです。これを見る限りでは、無料なのになかなか性能が良さそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  昨夜8時に寝て2時に起きました。そしてAppleのイベントを視聴。今回は、例年のiPhoneだけで…
  2.  よくある話だと思いますが、先日、AirTagを無くしました。結果的には、iPhoneの「探す」アプ…
  3.  コロナ禍の私の勤務形態は、出社勤務と在宅勤務の比率が1:4(つまり週1出社)でしたが、そろそろ会…
  4.  前回は、記事にするまでもなく何も購入しなかったAmazonのセールですが、今回のタイムセール祭りは…
  5.  オリンピックで、テレビを見る機会が増えてきたので、簡単にiPhoneアプリでテレビが見れるバッファ…
  6.  4月30日に発売された紛失防止のためのAirTag。私は予約開始日に予約していましたが、刻印を追加…
  7.  iPhone 12 Pro Max用Momentケースを購入した時には、販売されることがわかってい…
  8.  先月、紹介したenGMOLPHYのMagSafe対応ベースプレートとスマホリングの組み合わせ。すご…
  9.  昨年と同じコロナ禍での花見シーズン。昨年同様、朝早くiPhoneを持って、近くの河川敷で桜を撮って…
  10.  MagSafe対応のスマホリングをずっと探していました。それで結局MOFTのマグネットスマートホン…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る