Bad-Camera : 壊れたカメラで撮ったようなエフェクトがかけられるiPhone写真アプリ

 アップデートでフルサイズに対応したので紹介します。このBad-Camera、壊れたカメラのアイコンですが、まったく機能しない写真アプリということではなく、味のあるエフェクトをかけてくれるアプリです。

 エフェクトは古いイメージの感じもしますが、フレームと一緒に写真の中にも入りこんでくる形でエフェクトをかけてくれるので、面白い写真に仕上がると思います。エフェクトは全部で20種類ありますが、どれも特徴のあるエフェクトになっています。

App Storeでは写真カテゴリーにあります。
● Bad-Camera [iTunes]icon

 アプリを軌道すると初めに起動画面で猫の画像が表示されています。画面下がメニューになっていて、左から順番に写真の撮影と写真アルバムからの読み込み、エフェクト、ランダムエフェクト、保存(カメラロールに保存、メールに添付して送信、Facebookに投稿)、設定のアイコンが並んでいます。
 エフェクトに関しては全20種類をサムネイルを見ながら、上下にスライドさせて見ていくことができます。
 気に入ったエフェクトがあれば、そこでタップするとそのエフェクトのかかった写真が全画面で表示されます。

 サムネイルからタップして選択した時にはこのように全画面で表示されます。

 実際に出力する写真は以下のようになります(写真サイズはリサイズしています)。

 保存する時の写真サイズは3種類から選択できます。640×480、1024×768、Max Sizeから選択できます。
 以前のバージョンでは最大が1024×768だったのでうれしいアップデートです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  少し遅れましたが新しいiPhone 12のイベントがあり、久しぶりに2時に起きて見ました。おかげで…
  2.  年末にはCyber Mondayのセールがあると思いながらも、年に一度のプライム会員のためのセール…
  3.  だんだんと暗くなるのが早くなってきました。在宅勤務の17時くらいにはもう照明が必要になってきて、シ…
  4. 前回の記事にあるようにApple Watch Series 6に買い替えてから2週間経ちました。S…
  5.  9月16日のAppleのイベントの時間は次の日が出社だったため、寝てました(在宅勤務でも寝てたと思…
  6. iPad, iPad mini, iPad Air2など過去に買ってきては、使わないと売ったりして…
  7.  在宅勤務向けにいろいろと買い足していますが、4Kモニターにマウスと来て次はキーボードになります。会…
  8.  6月に在宅勤務用にモニターを購入した話を書きましたが、4Kモニターもっと早く買っておけば良かったと…
  9.  つい最近、マウス購入の記事を出しましたが、思った以上に良くて、もう一台、仕事用に買ってみました。た…
  10.  主にアマゾンからのお届け物の開封の話ですが、最近はビニールの袋に入ってお届けもあったりしますが、メ…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る