WordPressで画像のアップロード

2日前の記事で、自分はこういうことを書きました。

WordPressを使い始めて2日。画像アップするのが少々面倒で、画像アップした後、Movable Typeであれば、そのリンク先なども表示され、その文を貼り付けるだけで良かったのですが、WordPressの場合、その文の入力は自分で行わなければならず、何か良い方法は無いものかと考え中(と言うか検索中)です。

WordPressのファイルアップロード機能はいろいろ手続きが必要で、面倒だなと思っていたのですが、小粋空間さんのサイトの記事でWordPressに関する記事を読んでいるときに見つけました。
小粋空間: PHP における「モジュール版」と「CGI 版」の比較 + WordPress の適用例
この中のリンクで更に飛ぶと
●Numb. – XREA で WordPress ファイルアップロード機能を利用する
自分の理解としては、phpの環境によるもので、ここで借りているValue Domainのレンタルサーバ(XREA)はモジュール版とCGI版が使えて、CGI版では、WordPress のファイルアップロード機能を使う事がファイルやフォルダのパーミッションなど考えなくて容易。つまりさくらインターネットではphpがCGI版でしか動作しないから考えなくて良かったものの、XREAでは、デフォルトがモジュール版であるため、アップロード機能に支障が出てる。と言うことで、このCGI版で動かす方法が記載されています。

さっそく自分の所でも、実行しました。FTPでアップロードしてリンク先を書いてという面倒さが無くなり、あっさりと投稿内容のビジュアルエディタの方にも画像が表示されました。画像ファイルの中身を見れるのは良いと思いましたが、今後増えていくとどうなるんだろうと言う不安もあります。(アップロードしたファイルを削除するボタンもあります。)

しかし、先日の本を読んでいると携帯電話からの機能などもきちんと揃ってるようで、パソコンが無くても更新したりできるのは便利だと思いました。仕事場でも使おうかなと企んでます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  2.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  3. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  4. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  5.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  6. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  7. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  8.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  9.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…
  10.  今までいろんなカロリー管理アプリを使っていた中で一番自分に合っていたアプリで使いやすかったのでこの…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る