SHOT NOTE(ショットノート) 紙の手書きメモをiPhoneに簡単に取り込みEvernoteなどに保存できるiPhoneアプリとメモ帳

 2月7日発売のショットノートを、今日文具店から連絡が入り買ってきました。ショットノートというのは、キングジムから出るメモ帳(ショットノート)とiPhoneアプリのSHOT NOTEでメモ帳のデータを簡単に取り込めるものになります。メモ帳の種類は表紙が白と黒で各々サイズがS,M,Lとあり計6種類になります。
 Sサイズに関しては専用カバー2種類が出ています。私は黒を購入しました。
手書きメモをスッキリデジタル化「ショットノート」 | KINGJIM

 ドキュメントスキャナーと言えばDocScannerやJotNot Scannerがありますが、これらには、写真を撮った後に調整する必要がありました。このショットノートでは、その調整が必要ありません。メモ帳の中にある各角のマークを認識し自動で見やすいようにデジタルデータとして取り込んでくれるところが良いと思います。私が購入したのはSサイズが一番使うかと思い黒・白を各2冊ずつ、MサイズとLサイズの黒を1冊ずつ、それと専用カバーの黒を1つです。
 専用カバーには、すでに1冊Sサイズのショットノートが付いています。
 メモ帳の方にはiPhoneの3GSとiPhone 4に対応ということが書かれています。そして私の持っているメモ帳ロディアのNo.11と大きさも比較してみました。SサイズはロディアNo.11より少し大きいサイズになります。表紙の折り目はロディアと同じ所に付いています。

キングジム ショットノ?ト専用カバ? S 黒 9100C
キングジム ショットノ?ト専用カバ? S 黒 9100C
メーカー:キングジム
発売日:2011/02/07

参考価格:¥1,260
価格:¥1,260

キングジム ショットノ?ト専用カバ? S 緑 9100C
キングジム ショットノ?ト専用カバ? S 緑 9100C
メーカー:キングジム
発売日:2011/02/07

参考価格:¥1,260
価格:¥1,260

 メモ帳の中身は方眼目になっていますが、アプリで取り込む際には調整で薄くすることも可能のようです。そしてメモ用紙の四隅にマーカーがあり、これをアプリ側で認識し、正しく取り込むことができるようです。また、メモ用紙の上にNoと日付を入れることができますが、この部分を書いておくとアプリで取り込み時にOCRで読み取ってくれて検索とか行うのに便利になります。使い終わったら簡単に1枚切り取れるようになっています。

 そして、このSHOT NOTEのアプリを使ってメモ帳のデータをデジタルデータにすることが可能になります。アプリ事態は無料でApp Storeからダウンロードできます。
サポートサイトは下記になります。
手書きメモをスッキリデジタル化「ショットノート」 | KINGJIM
App Storeではユーティリティカテゴリーにあります。
SHOT NOTE [iTunes]

 アプリの起動画面は、左のようになっていて、画面上部の i マークのアイコンはヘルプ、右にある設定では、Evernoteの設定(ノートブックの選択や画質設定)やデフォルトカラー(カラー表示か二階調表示)、デフォルトタグ設定が可能になっています。画面下部は操作メニューで左からカメラで撮る、検索、チェックマークのアイコンは複数選択、一番右はソート順序の変更になります。メモのリストの中にはサムネイルのメモの画像とタイトル・タグ・日付・番号・撮影日まで表示されていてわかりやすくなっています。
 検索では、絞れる項目が多く、タイトル・タグ(すでにあるタグからも選択可能)・日付(何日?何日まで)・番号・撮影日(何日?何日まで)と多いのも特徴ですべてを指定する必要はありません。
 複数選択では、メモを複数選択してEvernoteやメール、カメラロールに保存、削除などが可能です。
 ソートに関しては、タップする毎にソートのルールが変わり、タイトル昇順・タイトル降順・日付(新しい順)・日付(古い順)でソート可能です。

 カメラでメモを撮る場合は、メモの四隅にあるマーカーを目印にして写真を撮ります。斜めになっていても枠の中に入っていれば、自動で認識してくれます。ズレたりするとマーカーエラーで再度取り直しになります。そしてこのメモの上にボールペンで番号と日付を書いてみました。ちょっと一部歪んでしまって誤認識されましたが、きちっと書くと番号と日付は読み取ってくれます。
 また読み取ったメモは11段階の明るさ調整とカラーとモノクロの変更が可能です。

 そしてEvernoteに送ったメモをiPhoneのEvernoteアプリで見てみると、画面の右下に番号と日付もちゃんと記録されていました。このアプリとメモ帳のおかげでEvernoteを使う頻度が一気に上がりそうです。一番良いところは、一番時間のかかる撮った写真を合わせる所で、メモの状態がそのまますぐにデジタルデータとして保存できるのは便利です。あとMサイズやLサイズなのですが、雑誌の切り抜きなどをメモ帳の中に置いて、四隅だけマーカーが出ている状態でアプリから写真を撮るとそのまま雑誌の切り抜きもデジタルデータとして残せるので大きいサイズのメモ帳もあると助かります。ロディアを持っていますが、ちょっとショットノートに浮気します(笑)

キングジム ショットノ?ト Mサイズ 白 9101
キングジム ショットノ?ト Mサイズ 白 9101
メーカー:キングジム
発売日:2011/02/07

参考価格:¥451
価格:¥451

キングジム ショットノ?ト Lサイズ 白 9102
キングジム ショットノ?ト Lサイズ 白 9102
メーカー:キングジム
発売日:2011/02/07

参考価格:¥630
価格:¥630

EVERNOTE 情報整理術 (デジタル仕事術)
EVERNOTE 情報整理術 (デジタル仕事術)
著:北 真也
出版社:技術評論社
発売日:2011/02/09

参考価格:¥1,659
価格:¥1,659

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. Momentの一連の記事も一旦この記事で終わりです。が、これからもちょくちょくMomentの紹介を…
  2.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  3.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  4. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  5. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  6.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  7. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  8. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  9.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  10.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る