iPhoneの家計簿アプリ3つ試用

 iPhoneのアプリで家計簿のように使えるものが出てきたのでまとめて試してみました。まだいつも使うアプリとして使っていないので、これからということになりますが、参考になれば幸いです。また新しいアプリが出たら試したいと思ってます。

[2009年9月27日 追記] この家計簿アプリですが、続編も良ければどうぞ。
iPhoneの家計簿アプリ 更に3つ試用 | favLife 

最初は、ランキングで見ていたKakeibo (無料)。
インターフェースはシンプルです。メモ機能もあるので、ちょっとしたお小遣い帳という感じです。Version 1.2では、モノとその値段の支出と収入が書き込めて、月毎にまとめて表示することができるようになっています。

開発者サイトは下記です。まだ開発途中ということでいろいろなメモも書かれています。
めもめも: Kakeibo

App Storeでは、ファイナンスカテゴリーにあります。
● Kakeibo [iTunes]

過去に入力したものを履歴(最大10件)として表示する機能も追加になりました。現段階ではiPhoneのみで日々のお小遣いを管理するアプリという感じがします。

次はCashFlow Free(無料)。Microsoft Money明細書やWeb機能をサポートした有料版もあります。
こちらは、上のKakeiboにエクスポート機能を追加したような感じです。また後から計算が合わないような時に使える残高調整機能もあります。

開発者サイトは下記になります。 iPhoneアプリのプレゼンタイマ (公開終了)も製作されている方でした。
Takuya Murakami’s website

App Storeではファイナンスカテゴリーにあります。
CashFlow Free – Takuya Murakami
CashFlow – Takuya Murakami 有料版

こちらも入力はシンプルですが、摘要欄の入力などは過去の履歴から選択できるようになっています。また記録したデータをCSVファイルとしてメールで送ったりすることができるので、最終的にパソコンで収支を管理する場合には良いですね。

何より上2つは作者が日本人ということで、日本語で対応してくれるのが有り難いです。

最後は、最初の頃有料だったにもかかわらず評価が高くて購入したiXpenseIt。
これは支出管理だけができるアプリで、これを購入した時に思ったのが、自分が知りたいのは今財布の中にいくら入ってるかではなく、毎月の支出を見てどこに無駄遣いしてるか分かれば良いんだよな?と逆に教えてもらったようなアプリでした。つい最近Version2.0になったんですが、これまたいろんな要望を取り入れたみたいで、まるで別アプリになったような印象を受けました。

開発サイトは下記になります。
● iXpenseIt
App Storeではファイナンスカテゴリーにあります。
iXpenseIt (出費 + 収入 = 節約) – FYI Mobileware, Inc.
出費データの入力が50項目までのLiteバージョンもあります。
iXpenseIt Lite – FYI Mobileware, Inc.

 家計簿というより支出管理アプリで、月々の予算を決めてそこから支出を記録していくというアプリです。予算の入力の仕方も全部まとめて月いくらというやり方と、各カテゴリ毎の指定が可能です。このアプリの気に入ったところは、レシートの写真が撮れるところ。書き込みたいけど時間がないとか、領収書代わりに写真に撮っておけば後から使えるなど使い方はいろいろありますが、写真が撮れるのは便利です。
またレポートではグラフが表示できるので入力した結果が一目で分かるというのも嬉しい機能です。検索機能もあります。 データのエクスポートもCSVファイル、HTMLファイルがあります。支出管理だけ見た場合、自分の欲しい機能が全て入ってました。
 各カテゴリーが消せないと思われるかもしれませんが、カテゴリーのところで指で右か左にスライドするとカテゴリーを消すことができます。

 ただ一点、不満点があるといえば、値の入力で日本円でも小数点有りの状態から始まるのでたとえば数値の2を入れるだけだと0.02となってしまうんですね。2円と入れたければ200を入力しないとできないところ。ここはぜひとも修正してもらいたいところです。円入力で小数点が出てしまうところは修正されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  2. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  3. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  4.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  5. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  6. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  7.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  8.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…
  9.  今までいろんなカロリー管理アプリを使っていた中で一番自分に合っていたアプリで使いやすかったのでこの…
  10.  松屋で1月14日から販売開始の「シュクメルリ鍋定食」を食べてきました。鍋というだけあってかなり体が…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る