Simply HDR : 写真1枚で簡単にHDR。バリエーションも様々で楽しめます。

 過去にこのブログでもいろいろHDRアプリを紹介してきましたが、今回紹介するアプリはHDRのバリエーションが豊富で、しかも写真1枚からHDR写真が簡単にできあがるアプリです。撮る時に使うHDRというとiPhoneの標準カメラでも撮れますが、私はより鮮明に撮れるHDR Fusionが早くて使っています。このアプリはとりあえず写真を撮っておいて後でHDRにしたい場合には便利です。
iPhone写真のHDRアプリ6種類チェック
HDR Fusion 速くて綺麗な仕上がりのHDRカメラアプリ。

 このアプリでは写真を撮ることもできますが、写真を撮る方は標準のカメラと同じなので、とりあえず写真を撮っておいて後から写真アルバムから選択して使う方が良いと思います。というのもHDRと言ってもこのアプリでは選択肢が多いので後でゆっくり見ていくのが良いです。

サポートサイトは下記になります。
Simply HDR – JixiPix Software
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
Simply HDR – JixiPix Software


 画面を起動するとまず写真の選択画面が表示されます。カメラを起動するか写真アルバムから写真を選択するかのどちらかになります。一度写真を選ぶと、画面の下にメニューが並んだ、左の写真のような画面になります。
 画面上にはiマークのアイコンの情報、左のサイコロのアイコンはランダムにHDR写真にしてくれるボタンになります。
 画面下メニューは左から、カメラ起動や写真アルバムからの選択ができるカメラアイコン、筆のアイコンに1と書いているアイコン(Prests)は、すでに用意されているHDRのエフェクトを選ぶ機能、筆のアイコンに2と書いているアイコン(Adjust)は、自分で調整ができる機能になります。Saveと書かれたアイコンは、保存の他、HDRをかけた状態の新しいエフェクトとして保存できるプリセットや設定、Facebookへの投稿などができるようになっています。Originalと書かれたアイコンは、その部分を押しておくと、HDRになる前の写真の確認ができるようになっています。

 最初に筆に1と書かれたアイコン(Prests)の機能ですが、タップすると、下にメニューのボタンが表示されます。全部で5種類のカテゴリーがあり、そのボタンのようなところをタップすると右側にサンプルのサムネイルが表示されます。その部分をタップすることで写真を簡単にHDR写真にすることができます。本当にいろんな種類があります。また後で説明しますが、プリセットを作るとこの中に自分の作ったエフェクトを入れることができます。カテゴリーは「HIGH DYNAMIC RANGE」「BLACK AND WHITE」「CONTRASTED HDR」「CONTRASTED LIGHT」「SHADOW AND LIGHT」です。タップすることでそのエフェクトをかけることができます。

 各カテゴリーの所をタップすると横にそのサムネイルが表示され、横にスライドできるようになります。タップすることでそのエフェクトを写真にかけることができます。なお下のメニューなどを消したい場合は、写真の部分をタップすることで消え、最初の画面下にメニューが表示されている画面に戻ります。


 
 筆に2と書かれたアイコン(Adjust)はその名前の通り、調整です。調整項目は5種類あり、Adjust,Color,Vignette(周辺減光),Grain(粒子),Tint(色合い)があり、その部分をタップして変更します。それぞれの調整項目は画面上にスライダーが表示され、左右に移動させることで調整できます。


 最後にSaveのアイコンですが、タップすると更にメニューが表示されます。画面の上2つはアプリの宣伝になりますが、3番目のSave Presetは、今かけたエフェクトをプリセットとして保存できます。保存は名前を付けるだけです。名前を付けると完了で、作ったプリセットは筆の1とかかれたアイコン(Presets)の中に入ります。Save to Camera Rollはカメラロールへの保存、Emailはメールに添付して送信できます。Upload to FacebookはFacebookにアップロードできます。一番下にあるSettingsは、保存する写真のサイズで、Low,Medium,Highから選択できます。Highを選んだ時にはiPhone 4で保存した写真のフルサイズをそのままのサイズで保存できました。

 下は実際にこのSimply HDRで作成した写真です。ひまわりなんですが、絵画のようでちょっと目を引く写真になったような気がします。

Sunflower

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ピックアップ記事

  1.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  2.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…
  3.  今までいろんなカロリー管理アプリを使っていた中で一番自分に合っていたアプリで使いやすかったのでこの…
  4.  松屋で1月14日から販売開始の「シュクメルリ鍋定食」を食べてきました。鍋というだけあってかなり体が…
  5.  Appleから新年を祝したフォトコンテスト「Shot on iPhoneナイトモードで撮影チャレン…
  6.  昨年は年末ギリギリでインフルエンザにかかり、計画していた予定が総崩れで締めくくった年でした。改めて…
  7. ※喪中につき新年の挨拶はありません。  2020年の元旦は、1年のやることや、やりたいことなどを考…
  8.  少し前に財布を購入した記事を書きましたが、その中で紹介したTileの話になります。Appleから紛…
  9.  インフルエンザにかかってからの記録記事になります。これからの時期、外出&人が多い場所に行くことも多…
  10. 小さい財布探し  PayPayのiPhoneアプリが出てきたあたりから、いろいろと財布の持ち方も変…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る