iPhoneで夜の雷(稲光)を撮影するための簡単なテクニック。タイミングは運次第。

  • 2014/8/2
  • iPhoneで夜の雷(稲光)を撮影するための簡単なテクニック。タイミングは運次第。 はコメントを受け付けていません。

 この時期になると毎年アクセスが増えるのがiPhoneで花火撮影するための方法の記事なのですが今でもツイートされたりして、この記事だけで数万人のアクセスいただき感謝しています。iOS 8 になるとカメラのパラメータが調整できるようになるということで、特殊な撮影向けのカメラアプリなど出てくるのではないかと期待しています。昨日夜、関東では結構な範囲で雷が頻発していました。以前のiPhoneだと雷撮影はすごく難しかったのですが、今では連写機能が付いていることもあり、以前よりもかなり撮影が簡単になったと思います。その方法を今回簡単に紹介したいと思います。雷や花火をあとからエフェクトで付けるカメラアプリはありますが、今回はそういうものは使用していません。なぜならみんな使うから同じものになってしまうんですよね。

 花火の記事はこちらになります。今でも役立つと思いますのでぜひ実践する機会があったらやってみてください。
iPhoneで花火を撮影するための簡単なテクニック

 ちなみにiPhoneで連写機能がまだ無かった頃、奇跡的に撮れたのがこの一枚。ずっと狙っててちゃんと撮れたのが1枚だけというのも幸運が舞い込んでこないと撮れないなと思うしかないですね。

Thunder of the 2nd day


 夜の雷(稲光)の撮影の難しさは撮ろうとしたことがある方はお分かりかと思いますが、花火とは比べ物にならないくらい難しいです。それはどこに出るか分からないのとどのタイミングで稲光が見れるか予想ができないからです。そして撮ってみても全く撮れなかったり白飛びしたり。また雷だけに危険性もあります。安全な場所での撮影に気を使わないといけません。
 私は今回、家のベランダから撮影しています。危険を感じたらすぐ逃げれる場所が必要なのでそれだけは注意して自己責任でお願い致します。

 まず準備になります。iPhoneをそのまま外で撮影するのは待ってください。下準備が必要です。
屋内の明るい場所でAF/AEロックを忘れずに。
 いきなりiPhoneのカメラを外に向け、撮影を始めて運よく雷のタイミングでシャッターが切れても、外の暗さに露出があっているとこうなります。

iPhoneで雷撮影

 雷の稲光部分が真白に飛んでしまいます。
 ベランダなどから撮影するときには、まずiPhoneを屋内の方に向け、明るいところ(電灯など遠くに見える明るいもの)に合わせて長押ししてください。タップだけだとフォーカス、露出が合うだけになりますが、長押しすることでオートフォーカス、オート露出がロックされます。ロックされたときには、画面上にAE/AFロックの文字が表示されます。iPhoneでビデオ撮影するときにも同様で長押しでAE/AFロックができます。ロックされると全体的に暗くなりますが、雷を撮影するには十分です。

iPhoneのカメラ iPhoneのカメラ

 せっかくタイミングも場所もドンピシャリだったのに、これでは使い物にならず、逆に悔しさが込み上げてきます。

 そして次は連写。バーストモードです。
撮影のタイミングで、シャッターボタンは長押ししましょう。
 iOS 7からシャッターボタンの長押しで連写ができるようになりました。今までのiPhoneのカメラのシャッターボタンは、押したままの状態では写真が撮れず、指を離すとシャッターが切れていたので、ブレずに撮る時などに重宝していましたが、それがなくなり、シャッターボタンを押すとそのまま連続撮影になりました。ただこの連続撮影。雷の時にはタイミングが分からないだけに重宝します。キタ!と思ったら即シャッターボタンを押しっぱなしでチャンスを逃さないためにも連続撮影しましょう。

 簡単なテクニックは以上2つのみです。花火の撮影でも使えるテクニックなので、花火の時には道沿いにあるお店など明るいところで露出をロックしておくと良いかもしれません。
 この方法だけで昨日10分くらいで撮れたのがこの写真です。以前は1時間くらいかけて撮っても全く撮れないことが多かったのですが、それに比べれば簡単になりました。なかなか狙って撮れるものでもないので、ヘタな鉄砲数撃ち当たるではないですが、連写で撮った中にすごいものが撮れてるかもしれない楽しみもあります。あとは雷に遭遇する運があれば。ということになります。

iPhoneで撮影

 連写で撮影するときの注意点としては、やはりiPhoneの残容量。たくさんの写真を撮るので残容量だけはチェックしておいた方が良いです。いざ撮影で、容量不足にならないようにしておかないといけません。

 もしずっと腕を上げてiPhoneを持っておくのが嫌という方は三脚などを使って固定して撮るのも良いと思います。ただ雷の方角が合ってないと難しいですが、以下のようなリモートシャッターがあるとかなり便利です。このリモートシャッターは連写もできます。
【レビュー記事】
iRemote Shutter : iPhoneの写真撮影でリモートでシャッターが切れるリモコンが便利!

センチュリー Bluetooth接続マルチメディアリモコン iRemote Shutter ブラック CIA-BTMR-BK
センチュリー Bluetooth接続マルチメディアリモコン iRemote Shutter ブラック CIA-BTMR-BK
メーカー:センチュリー
参考価格:¥2,760
価格:¥2,760
iphone用三脚ホルダー デジカメスタンド スマホ対応 モバイル iphone5 アイフォン5 クネクネ三脚

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. Momentの一連の記事も一旦この記事で終わりです。が、これからもちょくちょくMomentの紹介を…
  2.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  3.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  4. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  5. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  6.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  7. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  8. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  9.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  10.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る