Oil Sketch : 簡単に撮った写真から抽象的な油絵ができてしまうカメラアプリ

Oil Sketch 以前、簡単に撮った写真から水彩画のようなエフェクトがかけられるアプリWaterlogue [iTunes]を紹介しましたが、今回は油絵(Oil Painting)のエフェクト。こちらも水彩画同様、ポストカードのデザインなどにも使えそうですし、いろんなところに使えそうです。しかも簡単なのが良いです。

サポートサイトは下記になります。
Oil Sketch
App Storeでは写真/ビデオカテゴリーにあります。
Oil Sketch – Make oil sketches and send real postcards – Rukshan Marapana

 下の動画はこのアプリを使う前と後の比較動画になります。

Oil Sketch アプリを立ち上げると、画面下の方にカメラのアイコンがあります。ここをタップすると、カメラを起動して取り込むか写真あるアムから取り込むかの指定ができます。カメラの右にあるアイコンはカメラロールに保存したりTwitterやFacebookなどに投稿するアイコンになります。保存は長辺が最大2048pxになります。それ以上の大きいサイズの写真も長辺が2048pxでリサイズされて保存されます。その右にあるアイコンはサポートのためのアイコンになります。一番右にある回転している矢印のアイコンはタップするとこの油絵のエフェクトがリセットされた元の写真になります。
 画面の下にある1から8まで書かれた番号がエフェクトになります。操作は簡単でタップするとそのエフェクトが写真に反映されます。なお1度に何度もエフェクトをかけることはできません。いろんなエフェクトを混ぜてみたい場合は、1度保存して再度読み込みしてからという操作になります。

 エフェクトの種類は8種類ですが、ここではその一部をお見せします。画面下にある番号のところで色が着いているのがその番号をタップして反映されたエフェクトになります。

Oil Sketch Oil Sketch
Oil Sketch Oil Sketch

 以下は、このアプリで実際に撮った写真にエフェクトをかけてみた写真です。

Oil Sketch Oil Sketch Oil Sketch

 あまり被写体が小さいと分からなくなりそうですが、風景や人物写真など使ってみると面白そうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  4月30日に発売された紛失防止のためのAirTag。私は予約開始日に予約していましたが、刻印を追加…
  2.  iPhone 12 Pro Max用Momentケースを購入した時には、販売されることがわかってい…
  3.  先月、紹介したenGMOLPHYのMagSafe対応ベースプレートとスマホリングの組み合わせ。すご…
  4.  昨年と同じコロナ禍での花見シーズン。昨年同様、朝早くiPhoneを持って、近くの河川敷で桜を撮って…
  5.  MagSafe対応のスマホリングをずっと探していました。それで結局MOFTのマグネットスマートホン…
  6.  緊急事態宣言が延長になり、2週間後に本当に解除になるのか疑問なところですが、うちではまだ在宅勤務が…
  7.  BelkinのBOOST↑CHARGE PRO 2 in 1ワイヤレスチャージャースタンド [Ap…
  8.  M1 MacBook Airを購入し、届いてから約2ヶ月。開封よりも先にやることが多くて、今週、月…
  9.  1週間ほど間が開いてしまいましたが、前回のiPhone 12 Pro Max用のMomentケース…
  10.  だいたい年末くらいには届くことを想定していたのですが、ホリデーシーズンのセールがあったせいか生産が…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る