スポンサーリンク
スポンサーリンク

Oil Sketch : 簡単に撮った写真から抽象的な油絵ができてしまうカメラアプリ

iPhoneアプリ

Oil Sketch 以前、簡単に撮った写真から水彩画のようなエフェクトがかけられるアプリWaterlogue [iTunes]を紹介しましたが、今回は油絵(Oil Painting)のエフェクト。こちらも水彩画同様、ポストカードのデザインなどにも使えそうですし、いろんなところに使えそうです。しかも簡単なのが良いです。

サポートサイトは下記になります。
Oil Sketch
App Storeでは写真/ビデオカテゴリーにあります。
Oil Sketch – Make oil sketches and send real postcards – Rukshan Marapana

 下の動画はこのアプリを使う前と後の比較動画になります。

Oil Sketch アプリを立ち上げると、画面下の方にカメラのアイコンがあります。ここをタップすると、カメラを起動して取り込むか写真あるアムから取り込むかの指定ができます。カメラの右にあるアイコンはカメラロールに保存したりTwitterやFacebookなどに投稿するアイコンになります。保存は長辺が最大2048pxになります。それ以上の大きいサイズの写真も長辺が2048pxでリサイズされて保存されます。その右にあるアイコンはサポートのためのアイコンになります。一番右にある回転している矢印のアイコンはタップするとこの油絵のエフェクトがリセットされた元の写真になります。
 画面の下にある1から8まで書かれた番号がエフェクトになります。操作は簡単でタップするとそのエフェクトが写真に反映されます。なお1度に何度もエフェクトをかけることはできません。いろんなエフェクトを混ぜてみたい場合は、1度保存して再度読み込みしてからという操作になります。

 エフェクトの種類は8種類ですが、ここではその一部をお見せします。画面下にある番号のところで色が着いているのがその番号をタップして反映されたエフェクトになります。

Oil Sketch Oil Sketch
Oil Sketch Oil Sketch

 以下は、このアプリで実際に撮った写真にエフェクトをかけてみた写真です。

Oil Sketch Oil Sketch Oil Sketch

 あまり被写体が小さいと分からなくなりそうですが、風景や人物写真など使ってみると面白そうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました