Shot on iPhone 6 : 世界中のiPhoneで写真を撮る人達とつながるおまじないかも。Twitterでつながる!

Berri

 Shot on iPhoneキャンペーンがAppleで行われていますが、このイベント、単にiPhone 6で撮った写真や動画を見せて、iPhoneの販売台数を伸ばすだけではありません(メインはそうかもしれませんが)。iPhoneで写真や動画を撮っている人達が繋がることができるイベントだと私は思っています。
 実際、ローンチと共にTwitterではすぐさま、まとめてくれる方が出てきて、このShot on iPhoneのポスターや看板、雑誌の部分を撮影する人達が世界中から投稿してくれて、盛り上がっています。私も先日原宿で看板を撮影して、その写真をTwitterにタグを付けて投稿したところ、すぐその作者から返信が着ました。このときにiPhoneで写真撮り続けて良かったなと思いました。

 下の@ShotoniPhone6アカウントが、ReTweetしてくれるようになっており、タグは#Apple #ShotOniPhone6 #WorldGallery #shotoniphoneで投稿すると見つけてReTweetしてくれます。
#ShotoniPhone6(@ShotoniPhone6) | Twitter

 私も自分の写真が載っているポスターを投稿してくれた方々には返信して、つながるようにしています。

Shot on iPhone6

 写真を撮ったらぜひハッシュタグ #Apple #ShotOniPhone6を付けてTwitterに投稿してみてください。世界に自分の撮った写真が流れるだけでなく、その写真の作者からも返事がくるかもしれません。ただ全く関係ない写真を投稿されてもRTされません(人が手動でやっているので。あと仕事したり寝てたりしますのですぐにRTされないことがあります)。
 原宿で撮った写真は、いろんな方から高解像度で送ってくれと言われたので、全部送りましたがすごく喜ばれました。私の撮った写真が彼、彼女らの思い出になるかと思うととても嬉しいです。メールの返事で、あなたの写真見つけたら送ってやるからねという嬉しいお言葉もいただきました。
 Shot on iPhone6の写真を撮ったけど送る相手が分からない場合は、ハッシュタグ#Apple #ShotOniPhone6を付けて投稿してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  昨夜8時に寝て2時に起きました。そしてAppleのイベントを視聴。今回は、例年のiPhoneだけで…
  2.  よくある話だと思いますが、先日、AirTagを無くしました。結果的には、iPhoneの「探す」アプ…
  3.  コロナ禍の私の勤務形態は、出社勤務と在宅勤務の比率が1:4(つまり週1出社)でしたが、そろそろ会…
  4.  前回は、記事にするまでもなく何も購入しなかったAmazonのセールですが、今回のタイムセール祭りは…
  5.  オリンピックで、テレビを見る機会が増えてきたので、簡単にiPhoneアプリでテレビが見れるバッファ…
  6.  4月30日に発売された紛失防止のためのAirTag。私は予約開始日に予約していましたが、刻印を追加…
  7.  iPhone 12 Pro Max用Momentケースを購入した時には、販売されることがわかってい…
  8.  先月、紹介したenGMOLPHYのMagSafe対応ベースプレートとスマホリングの組み合わせ。すご…
  9.  昨年と同じコロナ禍での花見シーズン。昨年同様、朝早くiPhoneを持って、近くの河川敷で桜を撮って…
  10.  MagSafe対応のスマホリングをずっと探していました。それで結局MOFTのマグネットスマートホン…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る