iOS 10の新機能 : iMessageのアプリケーション設定方法をサクッとご紹介

imessage01 今朝、私が使っているアプリのMoneytreeからメールが届いていました。iMessageから請求額を自動で分けてグループにシェアできる「ワリカン」機能。送金はできないまでも飲み会などで割り勘の際の勘定をiMessageで通知してくれるものになります。便利だなと思って使おうとしたものの、設定の方法がすぐにわからなかったので、もしかしたら、私の他にも迷ってる人いないかなと思い、ここに書いておきます。

 ちなみに家計簿管理アプリはMoneyForwardが広告も増えて1年以上前のデータは課金しないと見れないのでやめてMoneytreeに変えましたがとても気に入ってます。


家計簿Moneytree無料で人気の簡単に節約できる家計簿アプリ
カテゴリ: ファイナンス
現在の価格: 無料


 iMessageのアプリの設定は、設定アプリの中にある「メッセージ」からでは無いんですね。ここでまず探しまくったんですが、一度聞いたら、これか!と思うはず。iMessageのアプリ設定は、iMessageを開いてから設定します。文字が入力できる左にある筆でAと書いているアイコンをタップします。

imessage01

 すると下からアイコンたちが出てきます。Apple Storeですでにスタンプなどダウンロードした方はここに表示されています。ここで左上にあるStoreのアイコンをタップします。

imessage02

 さらに画面が出てきてApp Storeのような画面になります。ここからダウンロードも可能です。そして、このおすすめの右にある「管理」をタップします。

imessage03

 管理の画面から、iMessageアプリの許可をすることで、使えるようになります。
 

imessage04

 ただ、メッセージアプリは、いろいろあって、日本ではLINEが多いですし、What’s upやFacebookメッセンジャーなどもありますし。多用することは無いですが、キラーアプリみたいなものが出て欲しいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. Momentの一連の記事も一旦この記事で終わりです。が、これからもちょくちょくMomentの紹介を…
  2.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  3.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  4. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  5. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  6.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  7. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  8. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  9.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  10.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る