iPhone 11 Pro レビュー (1)とりあえず外観とデータ移行と感想

 新しいiPhoneは動画やブログでもいろんなところで紹介されて、ここが良い、ここが嫌いなどの話が出ていますが、私はとても気に入ってます。もうすでにiPhone XSは引き取ってもらう準備のため比較記事用の撮影を終えた後に電源をOFF。iPhone 11 Pro(長いのでイレプロで良くない?)に。今回は、開封から以前の機種からのデータ移行の話(移行時のアプリのログオフ等も含め)、そして購入したケースや強化保護ガラスの紹介までにしたいと思います。本日台風前にカメラをテストしてきましたがそれは次回(明日)にしたいと思います。

iPhone 11 Pro開封

 3つのカメラが特徴的なiPhone 11 Proシリーズですが、持って画面を見たときにちょっと違うところを感じました。それはiPhone 11 Proを持ったときに本当に微妙ながら横に広くなった印象を受けました。(実際に縦横比を確認してみるとiPhone XSは縦横比 2.02538:1に対し、iPhone 11 Proは2.01681:1)実際横に広がるのは個人的に好きです。カメラの外観に関して不満を言う人はいますが、私は大満足。配置にかなり苦労したんだろうなと思うわけです。不満や文句を言う人とはおそらく感性が合わないと思うのでそういう人達の動画や記事は今後見ない(フォロー解除)で整理できます。市販のiPhoneケースでギミック的にカメラ部分だけパカッと開くようなケースがあったら面白いかなと思いました。そして今回から充電アダプター側だけUSB-Cになりました。iPhone 11 Proの入った箱を持ったときにすごく重く感じたんですが、このアダプターが重みを感じさせてたみたいです。


 本体裏側はテカテカ感がなくなりマットな感じに(ミッドナイトグリーンは)。個人的にこの質感は今までのものの中で一番好きです。
 

気になったのはカメラの部分の出っ張りです。背面から三段階に出てるのがわかります。

iPhone XSからiPhone 11 Proへのデータ移行

 昔はWindows PCにつないでバックアップ取って、復元をやって、バックアップしていたデータが壊れててまっさらなんてこともありましたが、今はすごく簡単になりました。以下のサイト(アプリオ)に詳しい移行方法が載っています。SIMカードを入れかえるタイミングも書いているので助かります。私は今回Mac/PCを使わずiCloudでデータ移行を行いました。iPhone同士で直接できるようになりましたが容量が多いとかなり遅いそうなので、普段からバックアップを取っていたiCloud経由での復元にしました。以下のサイトにも書かれていますがiPhoneを探すをオフ、LINEの移動前の設定やSuicaをウォレットから削除するところは忘れずに。
 
iPhone機種変更時のバックアップ・復元でやること完全ガイド──iTunes/iCloud/Move to iOS利用の3パターンを徹底解説 | アプリオ
超簡単、iPhoneのデータ移行を「バックアップなし」で成功させる方法【iOS 12.4以降】 | アプリオ

 私は寝る前にiCloudバックアップからの復元を実行して朝起きたときにはアプリのダウンロードも終わっていて使えるようになってました。ただ復元中に一度本体を触ったときにすごく熱かったです。壊れるんじゃないかと思いましたが、復元が終わった頃には熱くなくなっていました。

動かないアプリや再設定必要なアプリ達

 正直、私が一番データ移行で面倒で嫌なところがココになります。朝起きてアプリをチェックしているとアプリ名の左にクラウドからのダウンロードのマークが表示されているものがありました。これはダウンロードしろというマークですが、アイコンをタップしても”アプリ名”をインストールできません。このAppはApp Storeで入手できなくなりました。という表示で残すか削除の2択しかありません。前のiPhone XSではiOS13にしても動くので、メッセージ通り無くなったのでしょう。比較的古いアプリでしばらく更新されていないアプリのようです。一旦PCにバックアップを取ってから再度手動で入れてみようと思います。またアプリを起動してもエラーが出て動かないアプリはアップデートが来るまで待つしかなさそうです。

 iCloudバックアップからの復元でiPhone 11 Pro側で再設定必要だったアプリは金融系では、りそな銀行アプリ、ジャパンネット銀行アプリ、PayPalアプリ、ソフトバンク系アプリ(My SoftbankやSoftbankカード)は再度設定しなおす必要がありました。三井住友銀行アプリや住信SBIアプリはOK。ゆうちょアプリはアプリすら起動できず。コンビニ系アプリだとセブンイレブンは再設定必要でしたがファミペイはOK。メールに関しては毎回同じですがパスワードだけは入力必要です。いざ使おうとしたときに使えなくて焦るというのは嫌なのでこればっかりは移行時すぐにやらないといけませんね。

 移行後、カメラの設定でこれはやっておいた方が良いなというところを紹介します。iPhoneの設定アプリの中から「カメラ」を選択すると表示される設定画面の中にある「写真のフレームの外側を含めて撮影」はONにしておいた方が良いかもしれません(私のiPhoneはOFFになっていたのでONにしました)。

iPhone 11 Pro 所感

 データ移行を終わって実際に使ってみた感じですが、Face IDの高速化効果もあり、アプリの起動が体感で早く感じました(や画面のページ切り替えも早い)。ただ、まだアプリ側は固まるものや起動してすぐエラーで消えるアプリもあったりするので、そこは開発者さん頑張ってほしいところです。Staccal2は予想通り起動しませんでしたが、現在の回避策とアップデート版がリリースされるようです。これで私のカレンダーアプリ探しの旅も終わります。

Go Ando / THE GUILDさん: 「iOS13でStaccalが起動しない皆様、リマインダーのアクセス許可を無効にすると、とりあえず起動します。 iOS13.1では改善しているようですが、それまでの間リマインダーを外して、カレンダーだけご利用いただけますでしょうか。 この三連休で頑張って直します…

 まだここではカメラの機能について触れていませんが、iPhone Xが出た後、2つのカメラを手動で切り替えるアプリが出ていました。今回は3つのカメラを切り替えるアプリが登場するかと思ったら出てました。さすがiPhone外付けレンズメーカーMoment.このアプリいつの間にか有料になってました。最初から使っていた人は無料だったのでラッキーですね(私も)。


Moment – Pro Camera
カテゴリ: 写真/ビデオ
掲載時の価格: ¥720




 テスト撮影後にアップデートされたので使えませんでしたが近いうちにケースが届くので使うと思います。
 いろいろ書いていたら長くなって予定がズレてしまいました。また次回に。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ピックアップ記事

  1.  私の勤務している会社から先日、ノートパソコンへのVPNソフトのインストールや会社の携帯電話を持って…
  2.  暖かくなってきたということでMacbookを持って出かける機会も増えるだろうと思い、ガジェットポー…
  3.  今回紹介するiPhone(iPadでも使えるユニバーサル)アプリは、今までこのブログでちゃんと紹介…
  4. Momentの一連の記事も一旦この記事で終わりです。が、これからもちょくちょくMomentの紹介を…
  5.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  6.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  7. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  8. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  9.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  10. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る