不要になったApple Watch Series 4をApple Trade Inプログラムに申し込んで買い取ってもらいました。

前回の記事にあるようにApple Watch Series 6に買い替えてから2週間経ちました。Series 4からの乗り換えした感想としては、画面が明るい(ので見やすい)。常時時計が見れるので電車に乗っていたり、会議中も時刻を確認しやすくなりました。さらに睡眠アプリと連動して、時間になると画面を睡眠モード(真っ暗)にするので、見れないので寝るという感じで、規則正しくなってきました。といい事づくしですが、バッテリーの持ちはSeries 4とあまり変わらない感じです。

 そして、残ったApple Watch Serie 4 Nike (GPS+Cellularモデル)。当初は睡眠専用機と考えていたのですが、わざわざ取り替えるのも面倒なので、この際ということで、売ることにしました。当初は、どこかショップで買い取ってもらおうと思ってネットで調べていました。

Apple Watch Series4 買取価格表【イオシス買取】
 ここで見るとこの当時中古買取価格が、11,400円〜19,000円ということで、不満では無いのですが、ベルトなどは絶対に差し引かれるだろうなと思い、以前も下取りに出したことのある、Apple Trade Inプログラムを確認してみました。以前はApple Store表参道店でそのまま下取りしてもらってその場でSeries 4に買い替えました。

Apple Trade Inプログラムの申し込み

Apple Trade In – Apple(日本)
 ここの良いところは、下取りに出すものが本体のみで、ベルトやケーブル、ケースなどの付属品が不要なところです。ただ下取り額分の支払いは現金ではなく、Appleのものが買えるためのApple Storeギフトカードでもらうことになります。私はベルトやら、次のiPhoneのケースなどに使う予定なので、Apple Storeギフトカードで問題ありませんでした。ちなみにiPhone,iPad,Macも確認できます。

私のApple Watch Serie 4 Nike (GPS+Cellularモデル)を確認してみたところ、上限が16,000円だったので、Apple Trade Inプログラムに決めました。入力する際には、下取りに出すものの状態を選択式で入力します。外観や電源が入るかなどの簡単なもので、自分の住所氏名などを入力して完了(初めてApple Trade Inプログラムを使う場合にはパスワードを覚えておく必要があります。というか自分の生年月日です)。私のApple Watch Series 4はところどころ小さな点みたいな感じで塗装が剥げいている(液晶面の周りなど)あったのですが、落としたりもなく傷自体はなかったので、全て良好にしました。

 申し込み時に、やっておかないといけないことはちゃんと表示されるので、その場でそのとおりにしておくのが良いと思います。

Apple Watch用の送付キット到着


 Webサイトには3〜5営業日以内に送付キットが届くと書かれていますが、私の場合、Webサイトで申し込んでから、3日で、佐川急便からApple Trade In プログラムの送付キットの箱が届きました。このときに、本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカードなどの中から1点)が必要になります。さらに初めての方は申込時に入力した生年月日のパスワードが必要になります。
 この箱自体は送り返すときに必要なので捨てないようにしないといけません。送り返す期間も14日以内と決まっているので、早いうちに、必要書類に記載して、袋詰して、佐川急便に出すか取りに来てもらうのが良いでしょう。

 小さな箱で、緩衝材的なものも入っていたので、そのまま送付する際に使います。他、着払い伝票や、確認用の書類があり、それにチェックして、下取り品を入れてお繰り返します。お見積り額も書かれているので商品と一緒に確認しておくと良いと思います。私の今回は、16,000円です。送付キットに入れて送ってから正式な下取り金額が出ます。

 私は、この送付キットをすぐ送れず、佐川急便の営業所が減っていて、近所に無かったため、集荷依頼したため、2日後に送ることができました。

査定完了からのApple Storeカードを受け取り

 以後は、すべてメールでの連絡になります。送付キットにApple Watchを詰めて、送ってから3日後に「査定完了のお知らせ」メールが届きました。
 
 結果は。。。満額でした。塗装剥がれは問題無かったようです。ただこのメールは査定が完了しただけのメールで、2日後にApple Storeギフトカードをメールで送ります。と書かれていました。

 そして2日後の19時半に、メールで届きました。Apple Storeギフトカード。

 ちょうど、私のところでは、Apple Watchの下取りを申し込んでからApple Storeギフトカードになるまで1週間でした。本来だったら、Apple Walletに入れてApple Store表参道に行ってソロループを買いたいところですが、おそらくネットで買う(待つ)ことになりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  だいたい年末くらいには届くことを想定していたのですが、ホリデーシーズンのセールがあったせいか生産が…
  2.  気分によって、普段持ち歩くiPhoneの壁紙を変えたいという人は多いかもしれませんが、私もそのひと…
  3.  ここ最近は、以前欲しかったけど在庫無しで買えなかったものが復活していることが多くて嬉しいかぎりです…
  4.  ずっと在庫切れだったものが買えたことは、年始に報告しましたが、届きました。Anker Magnet…
  5.  今年の初売りセール。Amazonはある程度、自分の中では抑えたほうだと思います。ユニクロ、昨年もお…
  6. 1月2日から始まったAmazonの初売り。今年は無駄なものは買わないと思いつつも、あっコレ必要とい…
  7.  前回からの続きになります。前回はMOFTのウォレットスタンドだけ紹介しました。今回は、Apple純…
  8.  MOFTから登場したMagSafe対応のマグネットでiPhone本体や、MagSafe対応ケースに…
  9.  受け取りまで時間があったので、誰もいないフロアで、ソーセージエッグマフィンセットを食べた後、10時…
  10.  新年 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。  ということで、昨晩はガ…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る