Anker PowerCore Magnetic 5000 : MagSafe対応のワイヤレス充電機能搭載モバイルバッテリー購入レビュー他紹介

 ANKERのMagSafeでくっつけてワイヤレス充電ができるモバイルバッテリーを購入しました。AmazonのBLACK FRIDAYのセールで少しだけ安く購入できました。
 容量は5000mAhでiPhone 12 / iPhone 13シリーズとMagSafe対応のiPhone ケースに対応。最大5Wでのマグネット式ワイヤレス充電が可能となっています。
5Wなので、ちょっと遅いかなと思いましたが、だいたいバックなどに入れている間に充電をすることを想定して購入しました。


 他にネイビー、パープル、ホワイト、ミントグリーンのカラーもあります。

Anker PowerCore Magnetic 5000の特徴

・容量は5000mAhでiPhone 12 / iPhone 13シリーズとMagSafe対応のiPhone ケースに対応。最大5Wでのマグネット式ワイヤレス充電が可能。
・充電中も握りやすいコンパクト設計:約16mmの薄型かつ、握りやすいデザインで高い操作性を実現。合わせて、幅約63mm、高さ約93mmのコンパクトさでカメラへの干渉を防ぐコンパクトな設計
・マグネット式のワイヤレス充電に加え、USB-Cポートからの最大10Wでの充電にも対応。
※ただし、ワイヤレス充電とUSB充電の二台同時充電には対応しておりません。
・最大24ヶ月保証 (※正規販売店からの注文に限り18ヶ月保証の対象となり、条件付きで+6ヶ月の延長保証が付きます。)

【製品の仕様】
サイズ:約 93 x 63 x 16 mm
重さ:約 133 g
USB-C入力:5V=2.2A (最大11W)
USB-C出力:5V=2A (最大10W)
ワイヤレス出力:5W
※ワイヤレス入力には対応しておりません。
容量:5000mAh

注意点
・マグネット式ワイヤレス充電によるiPhone 13への充電は、約3時間で最大95%まで充電可能です。(Anker調べ)
・iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / iPhone 12 / iPhone 12 Pro / iPhone 12 Pro Maxへの満充電回数は1回未満になります。(Anker調べ)
・お使いのケースの背面が平らでない場合、ワイヤレス充電が利用できない場合があります。
・マグネット式ワイヤレス充電はiPhone 12 / 13シリーズとMagSafe対応のiPhoneケースにのみ対応しています。
・MagSafe非対応のケースをご利用の場合は、マグネットによる固定力が弱まる可能性があります。
・約5mm以上の厚みがあるケース、ポップソケット、金属製や磁気を帯びたケースおよびクレジットカードは充電前に取り外してください。
・急速充電に対応しておりません。

新しいものでは、スタンドの機能も付いたマグネット式ワイヤレス充電ができるモバイルバッテリーのAnker 622 Magnetic Battery (MagGo)という製品も出ています。こちらは7.5Wで充電可能です。他に似た製品もあるので、それらは後述したいと思います。

Anker PowerCore Magnetic 5000 開封と外観

本体以外に、説明書とUSB-C – USB-Cケーブルが付属しています。

AppleのMagSafeバッテリーパックはLightning端子なので、USB-Cで充電できるのは、ケーブルを減らせてありがたいです。

  1面だけが操作、表示パネルになっていて、残容量が見えるLEDランプと使用時に充電ONにするボタンが付いています。USB-C端子は入力と出力を兼ねています。

  ワイヤレス充電のマークが付いている面をiPhoneの背面にくっつけて充電します。 5000mAhのバッテリー容量で大きさ的には一般的なサイズです。またこの状態で、AirPods Proを置くとAirPos Proの充電もできます。

MagSafe対応のリングが、更にこのモバイルバッテリーの上にひっつけばと思いましたが、それは無理でした。

MagSafe対応のリングは付きませんが、すでにリングが付いているMagSafe対応のモバイルバッテリーもあります。

iPhone 13 Proに装着

iPhone 13 Proのカメラの部分に干渉することなく、くっつきます。

 モバイルバッテリーを充電しながらワイヤレス充電をするパススルーにも対応しています。

下側のiPhone背面とモバイルバッテリーの余裕のあるところに、iPhoneを持った手の小指でモバイルバッテリーを支えながら持つような持ち方が安定します。

 マグネットでくっつきますが、そんなにガッツリひっついて取れにくいという感じではなく、ちゃんと付く感じで、角度を変えてもくっついたままで充電できます。

 角度を変えても、スタンドになるわけではないので、あまり意味はないですが、とりあえずくっついたら充電できます。かばんの中でくっついたままの回転くらいなら充電できそうです。

 一応、磁力の確認で、モバイルバッテリーだけを持って持ち上げましたが、iPhoneが外れるということはありませんでした。ただ、この状態でぶん回すと力がかかるので無理でしょう。

他のマグネット式のワイヤレス充電器

 AmazonのBLACK FRIDAYセールで、先日売られていたのですが、目の前で(更新したら)売り切れになったものが復活したので即ポチしました。CIOの2機種はApple Watch充電も対応したモバイルバッテリーということで、クラウドファンディングでは知ってはいたのですが、応援するのを忘れてて、見つけた!という感じです。
Apple Watchも充電できて、スタンドにもなってMagSafe対応のワイヤレス充電ができて 7.5Wで出力。バッテリーの無いワイヤレスチャージャーの方も便利そう(ただどちらかだけあれば良いと思ったので前者を購入)。
 

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリー マグネット ワイヤレス充電器


CIO ハイブリッドワイヤレスチャージャー マグネット ワイヤレス充電器

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  今年の期末は激務で、記事を書く余裕もなく、桜の撮影すらできるかどうか不安でしたが、無事、晴れの日に…
  2.  そろそろ生活必需品が無くなってきたタイミングでもあって助かります。Amazonのタイムセール祭りが…
  3.  前回、Spigenのレッドのケースを見つけて付けていましたが、試しで購入したダーククロームの色のケ…
  4.  Spigenの姉妹ブランド CYRILL(シリル)から出ているiPhone 13 Proケースを最…
  5.  Apple Watch Series 7が出てから、何個ケース買って失敗してきたか。。。でやっとま…
  6.  CIOのハイブリッドワイヤレスバッテリー CIO-MB20W-5000-MASを以前紹介しましたが…
  7.  Appleの初売りで購入したAirTagに使うケースとフィルムが揃ったのでレビューします。  こ…
  8.  やっている方はすでにいると思いますが、先日、ダイソーに買い物に行ったときに、たまたま購入したものが…
  9.  今年のAppleの初売りでAirTag 4個入を購入しましたが、刻印を入れているため、到着まであと…
  10.  1月3日深夜〜4日朝方にかけて、しぶんぎ座流星群が見えるそうです。東日本の太平洋側、西日本で見れる…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る