AirPods Proの充電ケースを無くしかけたのでAirTagが付けられるSpigenのケースを購入。

 この年末の忙しい中、帰宅してAirPods Pro本体を耳につけたまま、充電ケースをどこかに置きました。そのまま家で音楽聴きながら、雑用をやって、ケースに仕舞おうとしたところ、どこに置いたかわからなくなりました。だいたい置くところは決めてはいるのですが、その日はその置き場所になく、焦って探すも見つからず。
 そんなときに、iPhoneの探すアプリの、「デバイスを探す」から、AirPods Proも見つかる・・・はずはなく。。。そう、デバイスを探すのデバイスはAirPods Proの、こっちだけ。音が鳴ります。

充電ケースの方は音が鳴らないので全くわからず。

 そのときに、ふと浮かんだのが、買い替え からの Appleの初売り。です。

Appleの初売り – 最高24,000円分の新しいApple Gift Cardをプレゼント – Apple(日本)
AirPod Proを購入すると、Apple Gift Card 6,000円分がもらえるので、実質24,580円。持ってないから買うのだと躊躇なく買えますが、無くして買うのはツライ。充電ケースだけで良いのだけど。。。ちなみに他のAppleの初売りのお得な製品は下記で公開されています。
Appleの初売り お申し込み条件 – Apple(日本)

 そんなことを考えながら、次の日の朝、玄関で靴を履いて外に出ようとしたら、何かに当たりました。おそらく、玄関にある棚の上に置いて、そこから地面に落ちて、玄関に転がっていたようです。
見つかって良かったぁ〜一件落着。とは行かず、もしまた無くしたらと思うと、買い替えが頭をよぎることになるので、AirTagやTileでどうにかならないかと思ったときに、以前Amazonで見かけたのを思い出しました。
AirTagが付けられるAirPods Proケース。


ちょっと高いですが、本体買うよりかは安い。ということで購入しました。

開封そしてAirTagを装着

カラビナも付いていて、意外としっかりした作りで、安心しました。ケースは上部と下部に分かれているタイプで、充電ケースの上側は粘着テープのような粘着力でしっかりくっつきます。予備でもう1枚粘着テープが付いています。写真の青い部分は、剥がして使うことになります。

下部のほうには、AirTagを入れることができるようになっていて、ケースの内部からスライドさせて入れることができます。

AirTagを入れている途中の上からの状態です。AirTagを入れた後、AirPods Proのケースを入れる順序になります。

AirTag自体は、内側から入れるので、AirTagだけ飛び出てしまうということは無さそうです。

装着すると、なんか小さいカメラのような形に見えてきます。

実際、Amazonで探したときに、カメラに似せたようなケースもありました。ただ評価が低かったので、私はSpigenのものをチョイスしました。

AirPods Proを装着

AirTagを付けたケースに、AirPods Proを入れて装着します。

AirTagの部分がカメラのレンズのような感じで、このくらいのミニデジカメあると欲しいなと思いました。

ケースの上部の青いテープをめくって、AirPods Pro本体の上にはめます。一回取り付けると簡単に取れないようになっています。ケースの上部だけ取れて無くすということは無さそうです。予備の粘着テープもあるので、もし粘着力が落ちて取れそうなら交換ができます。

そして、可動部のところは、隙間が開いています。これのおかげで、ケースがずれることなく開閉が可能になっています。ペアリングのボタンも押せるようになっています。

AirTagが付いている正面。AirTagがここに来たため、1つ機能が減りました。充電の際のランプが見えなくなります。ただ、充電具合はiPhoneで確認できるので、絶対必要というわけでは無く、私はあまり気になりませんでした。ちなみに、このケースでワイヤレス充電が可能です。

AirTagの出っぱり部分が支えになって、ケースが立つのも良かったです。カラビナも丈夫そうです。

立てたままケースを開けることもできます。

ケースの開閉の可動部分は、隙間が空いているのできちんと開くのが良かったです。この可動部分もカバーしているケースで、開閉を繰り返すとケースが脱げていくものがありますが、私はこれくらい隙間があって、きちっと開いて閉じて、ケースが脱げない方が良いなと思いました。

 真上から見たところ。Spigenのロゴが見えます。iPhoneのケースも今Spigenのものを使っていますが、気づいたらSpigenになってます。

 ケースを開けたところですが、こちらも真上から。安定してます。内側から見るとAirTagが見えます。

充電ケースを無くすということ稀かもしれませんが、無くしたときには手遅れなので、このケース満足しています。iPhoneの探すアプリの、デバイスではなく、持ち物を探す方だと、方向もわかりますし、これから無くしても安心です。なにより探す時間がもったいないので、Apple初売りで、追加のAirTag買うかもしれません。

 
ちなみに、AirPods3用もあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  今年の期末は激務で、記事を書く余裕もなく、桜の撮影すらできるかどうか不安でしたが、無事、晴れの日に…
  2.  そろそろ生活必需品が無くなってきたタイミングでもあって助かります。Amazonのタイムセール祭りが…
  3.  前回、Spigenのレッドのケースを見つけて付けていましたが、試しで購入したダーククロームの色のケ…
  4.  Spigenの姉妹ブランド CYRILL(シリル)から出ているiPhone 13 Proケースを最…
  5.  Apple Watch Series 7が出てから、何個ケース買って失敗してきたか。。。でやっとま…
  6.  CIOのハイブリッドワイヤレスバッテリー CIO-MB20W-5000-MASを以前紹介しましたが…
  7.  Appleの初売りで購入したAirTagに使うケースとフィルムが揃ったのでレビューします。  こ…
  8.  やっている方はすでにいると思いますが、先日、ダイソーに買い物に行ったときに、たまたま購入したものが…
  9.  今年のAppleの初売りでAirTag 4個入を購入しましたが、刻印を入れているため、到着まであと…
  10.  1月3日深夜〜4日朝方にかけて、しぶんぎ座流星群が見えるそうです。東日本の太平洋側、西日本で見れる…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る