LINEで送る
Pocket

 今回、自治体アプリの「マチイロ」をご紹介します。私の地元である福岡県から始まったこのアプリ。以前はi広報紙というアプリでした。このアプリの特徴は、日本全国にある自治体に関する情報を、簡単に見ることができるアプリです。普通、こういう行政の情報は、回覧されたり郵便ポストに入ってたりしていますが、なかなか最初から全部を見ることが無く、必要ない情報が多いと全く見ないことありますが、このアプリではカテゴリーに分かれて整理された内容で見ることができるので自分に必要な情報も容易に見ることができます。
 導入されている自治体数は、全国で420自治体で、あなたの街にあるかどうかも以下のところで、確認ができます。しかし、まだまだ都道府県によっては少ないところもあり、これからどんどん増えていってくれるといいですね。
配信中の自治体|マチイロ
 私の住んでいる厚木市は広報誌やいろいろな情報がこのアプリから確認できました。正直知らないことばかりだったので、これからもこのアプリを活用していこうと思っています。

 また自治体向けにもこのアプリで配信できるようなサービスになっています。
自治体の方へ|マチイロ

 アプリは無料で、iPhone、iPad両方に対応したユニバーサルアプリになっています。


サポートサイトは下記になります。Android版、Kindle版もあります。
マチイロ マチを好きになるアプリ

 アプリを起動すると、まず住んでいるところの情報として、現在地を取得するか郵便番号を入力して自治体の確認をします。

machiiro001 machiiro002

machiiro003 その次に、興味あるカテゴリーを選択します。これは全国同じかはわかりませんが、厚木市だと、イベント、子ども、健康、住まい、福祉、仕事、まちづくり、環境、行政がありました。各カテゴリーにはどんな内容が含まれているかも書かれてあるのでわかりやすいです。
 ここを選択した後、性別と生年月日を入力すれば初期設定は終わり。この後から住んでいるところの行政情報を見ることができるようになります。

 実際に見てみると、ブログのような感じで、とても見やすくなっています。画面上部にカテゴリがあり、左右の画面スワイプでカテゴリの切り替えが簡単にできます。machiiro004 画面下には、新着情報、広報誌、イロイロ(全国の情報)、そして設定可能なメニューがあります。メニューは、一度初期設定した項目を修正することができます。
 広報誌はPDFでダウンロードでき、一度ダウンロードしておくと、再度ダウンロードすることなく見ることができるようになっています。正直、広報誌は見たことがありましたが、断水情報とか食品等の自主回収情報など、重要な情報があったりして、これは見ておかないとマズイなと思い、ダウンロードした後は、なるべく見るようにしています。

 便利なところとしては、各見ている内容について、画面メモ(スクリーンショット)が簡単に撮れること。そのままSNSやメール、iPhoneであれば、メモ帳やメッセージなどで共有することができます。

machiiro005 machiiro006

 私個人的には、自分の住んでいるところも、ちゃんとした情報が見れたことで、安心しつつ、こういう情報はちゃんと見ておかないといけないなと思いました。
 まだ全国で420自治体ですが、もっと増えて、全国の自治体全ての情報が多くの人に簡単に見れるアプリになるといいですね。