RollWorld : 細かな調整ができるのが嬉しい写真を丸く小さな星にしてくれるアプリの決定版!

RollWorld 何度かこのブログでも紹介している風景などの写真をまるめたリトルプラネット、タイニープラネットなどと言われている、写真がありますが、そういう写真を簡単に作れてしまうアプリの紹介です。今回のアプリは以前紹介したLiving Planetのように動画を作る事はできませんが、写真を作る際にはいろんなパラメータがあり、かなり調整ができるようになっています。
 まあ保存できるサイズも大きいサイズで保存できることからアイデア次第に非常に面白い写真を作ることができます。
【レビュー記事】
Living Planet : 写真や動画から簡単にまるっと面白いものが生まれるアプリ。

サポートサイトは下記になります。
Flickr: The RollWorld App Pool
App Storeでは写真/ビデオカテゴリーにあります。
RollWorld – Li Wang

 リトルプラネット、タイニープラネットな感じというのは、単純に写真を丸めて小さな惑星のようにしてくれるものです。このアプリだと、画像をタップすることで元画像が見れアプリ実行結果と比較してみることが簡単にできます。

RollWorld RollWorld

RollWorld 最初に起動すると画面の操作を表す画面が表示されます。最初に行うことは、画面の一番左上にあるアイコンをタップして写真を撮って取り込むか写真アルバムから取り込むかを選択できます。画面の下には調整用のパラメータがあるます。左右にスライドさせることで写真の方にも変更がすぐ反映されます。調整できるパラメーターは全部で6つあるので、上下にスクロールすることで調整のパラメーターを表示して設定することができます。
 表示されている写真をタップすると押している間は元写真が見れるようになっています。
 写真の保存は画面右上にあるアイコンをタップすることで保存やSNSなど(Twitter, Facebook, Mail, WeChat, Instagram)に投稿できるようになっています。

 画面の左上のアイコンをタップすると、写真を撮るか、写真アルバムから取りこむかを指定できます。
 このアプリ、カメラの方もきちんとしていて、カメラを起動したときにもエフェクトがかかったリトルプラネット状態で表示できます。初めてやる方には、こちらから写真を撮るのがオススメです。

RollWorld RollWorld

 このアプリで写真を撮る際、iPhoneを縦で撮ると中心が地面になるリトルプラットの写真になりますが、iPhoneを横にすると天と地が逆になり、中心が空方向になります。

RollWorld

 写真を撮るか取り込むと画面が変わり編集画面になります。設定項目であるパラメータは全部で6つあるので、画面下の変更できるパラメータは上下にスクロールさせることで表示できます。左右のスライドを変更するとすぐに写真側に反映されるので分かりやすいです。また失敗してしまっても画面上部の左から2番目のアイコンがリセットになっており元に戻すことができます。

RollWorld RollWorld RollWorld

RollWaorld そして画面の保存ですが、画面右上のアイコンをタップすると保存ができます。サイズを選べるところがよく、特に高解像度対応は、写真をプリントしたり、売ったりする際にはありがたい機能です。
 カメラロールの保存以外に、Twitter , Facebook , Mail , WeChat , Instagramへの投稿もこのアプリからできるようになっています。今までこの手のアプリはいろいろ出てきましたが、ここまで調整できるものがなくて、写真を撮る時に考える必要がありましたが、このアプリであれば簡単にリトルプラネットの写真が作れます。 
 動画はどうしても負荷がかかるようで、Living Planetが初めて動画で対応してくれましたが、こちらは動きがとても面白いです。ただ写真に関しては今回のアプリの方が簡単ですぐ撮れるところがいいなと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  2.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  3. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  4. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  5.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  6. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  7. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  8.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  9.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…
  10.  今までいろんなカロリー管理アプリを使っていた中で一番自分に合っていたアプリで使いやすかったのでこの…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る