EyeEm Marketで人生初めて自分の写真が売れました。iPhoneで撮った写真が売れました。

EyeEm Market

 今朝、嬉しいメールが届きました。メールのタイトルは「You sold your first photo」EyeEm Marketの審査に通った写真が売れました。写真家では無いので、今まで自分の写真を売るなんて、ましてやポストカードにするにしてもタダで配布するくらいで。人様に自分の写真を売るなんて滅相もないと思っていましたが、EyeEmがgettyimagesと一緒に始めたEyeEm Marketにだけは出そうと思っていました。
 EyeEmはこのブログではずっと紹介してきていますが、ドイツのベルリンに拠点がある写真共有サービスです。Flickrの中の人も移籍したりとニュースにもなりましたが、来年はアメリカに進出します。まだまだInstagramに比べると知名度は低いですが、写真のクオリティの高さは桁違いにすごいですし、本当に参考になることが多いです。最近は小さい子供も写真をアップしていますが、これがまた目の付け所がすごいというか勉強させてもらっています。


EyeEm – 無料カメラ&フォトフィルター&写真コミュニティ
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 無料
アプリはiPhone / iPadに対応していますし、AndroidアプリもGoogle Playで公開されています。


 そんな中EyeEmに投稿した写真をEyeEm Marketで売るための審査に出し、パスしたものが売りに出される形だったのですが、いきなりメールが着たのはビックリでした。今日は特にいろんな写真が売れたのかFacebookの海外の友人なども届いているようでタイムラインに同じ内容のメールが多く貼り付けられていました。


 届いたメールはこちらになります。

EyeEm Market

 意外と驚いたのが、その価格。正直、え?そんな値段するの?という感じで、ここで売れた自分の写真を見てみましたが、こんなのでいいのかと逆に申し訳なかったり。支払はPayPalアカウントになります。
 EyeEmで写真を売る方法は過去に記事にしていますので、参考にしてみてください。投稿はEyeEmのアプリでできますが、EyeEm Marketに出すにはPC/MacのWebからになります。
EyeEm Market : あなたの写真を売る。そして写真を買うサービスがEyeEmから開始。招待を受付中です。

 ここにも書いていますが、ただ写真をアップしたらずぐ売れるというものではありません。まずEyeEm Marketに参加するまでに時間がかかります。そしてMarketに出せるようになったら、次はEyeEm Marketの審査があり、そこでチェックしてOKのものだけEyeEm Marketに載ります。さらに販売に関しても「ready for Market launch」と「EyeEm x Getty Collection」があり、後者の方に入った方が売れるようです。

EyeEm Market

 ちなみにですが、写真をEyeEm Marketに出して不合格で戻ってきた場合、アドバイスもきちんとくれます。たとえば私の場合もらったアドバイスの一部はこんな感じです。機械的に処理されている部分もあると思いますが非常に参考になります。
・あなたのこの写真は色がとても明るすぎたり暗すぎたりしている。明るさはフラットの方が良い。
・(モノクロの写真に対して)EyeEm Marketでは白黒写真はあまり好まれない。自然な色の写真がクライアントには好まれる。
・トイカメラのような強い癖のあるフィルターの写真はクライアントから選ばれにくい。
・ウォーターマーク(自分の写真であるサインやマーク)が付いている写真は選ばれない。

 また不定期ですが、EyeEm Marketで売れるトレンドの写真などの紹介のメールが届いたりするので、そちらも参考になります。思うのは、実際に見せる写真と売る写真は違うんだなということ。実際に自分の売れた写真を見てみましたが。こんなのでいいの?って感じでした。
 フィルターは一切使わず構図だけ考えてiPhoneで撮った写真でした。
 ただ私個人的には売る写真を目指すよりも楽しめる感じの写真を撮ってアップしながら、ついでにEyeEm Marketにチャレンジする感じで今後もやっていきたいと思っています。写真を売りたいって目的のある方は、あまり撮った写真をいじらないでそのまま出すのが良いと思います。
 本日EyeEm Blogにアップされた記事です。こういう写真が売れる参考になるかもしれません。しかし最終的には継続は力なりって感じます。ずっと写真を撮っていたり、人の写真をずっと見ていたら腕もあがるような気がします。
Your First 100,000 Photos in The EyeEm Collection at Getty Images | EyeEm Blog

 また私もよく参加してるEyeEm Meetup。今度はGlobal EyeEm Adventureが11月1日に世界中で行われます。
The Global EyeEm Adventure: Finding the World’s Most Photogenic Spots | EyeEm Blog
 私もEyeEm Meetup 東京ならどこがいいかを考えていますが、新しい方々の参加も楽しみでいます。前回は東京だけでしたが、他の場所でも開催されるといいなと思ってます。我こそはという方はぜひ主催者として申し込んでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ピックアップ記事

  1.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  2. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  3. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  4.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  5. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  6. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  7.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  8.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…
  9.  今までいろんなカロリー管理アプリを使っていた中で一番自分に合っていたアプリで使いやすかったのでこの…
  10.  松屋で1月14日から販売開始の「シュクメルリ鍋定食」を食べてきました。鍋というだけあってかなり体が…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る