またロジクールです。次はM720r トライアスロン マルチデバイス マウスを購入。

 つい最近、マウス購入の記事を出しましたが、思った以上に良くて、もう一台、仕事用に買ってみました。ただ同じものだと面白く無いので、もう一つ気になっていた方の電池タイプのマウスを購入しました。それが今回紹介するロジクールのM720rマウスになります。結果から言うと、今回のM720rマウスは(社内を含めての)移動で使うよりも、自宅専用で使うことになりました。前回紹介のマウスは会社内専用になりました。

 前回、購入したマウス、ロジクール MX Anywhere 2Sの記事はこちらになります。このマウス、小さいので移動には重宝していましたが、家と会社の双方で使っていて、時々持って行く(帰る)のを忘れることがしばしばあったのでもう一台買うことにしました。


M720rマウス開封

 アマゾンの袋から取り出すとプラスチックのケースに入ったマウスが出てきました。電池駆動で24ヶ月駆動になります(単三電池1本付属)。また耐久性も良いらしく、M720rのボタンは最高1,000万回のクリックに耐える高耐久設計だそうです。

 この手のプラスチックのケースで手を切ったことがあるので、とりあえずハサミを持ってきて切ろうとしたら、裏面に簡単に開ける矢印がありました。こういう親切なところは嬉しいです。

 電池はすでに入っており、矢印の紙を引っ張って取ってスイッチを入れると使えるようになります。

M720rとMX Anywhere 2Sの比較

今回購入したM720r(写真左側)と前回購入した(写真右側)MX Anywhere 2S(以降MX2S)を並べながら見てみます。若干MX2Sより大きいM720rですが、私の手で握った感覚だと、M720rの方がよりマウスに重心を置くことができて、より手に馴染む感じでした。MX2Sは小さいから好きでしたが、サイドを掴んで操作する様なイメージで、手の平に余裕があります。

 両者の違いとしては、まずマウスの接続先を3つ登録でき切り替えることができることは同じですが、スイッチの位置が、M720rが左サイドにあり、MX2Sは裏にあって切り替えるやりかたになります。頻繁に切り替える機会が多い場合は、左サイドにあるのは迷うかなと思いましたが実際使ってみると気になりませんでした。
 スクロールホイールは機能が同じで、上下だけでなく左右も有効でした。スクロールホイールの上にあるボタンは機能が違っていました。M720rの方は、スクロールを滑らかに音を立てずにスクロールさせるか音を立ててカチカチとゆっくりスクロールさせるかの切り替えのスイッチになります。

 後ろからみると、M720rが盛り上がっていますが、ここに手を置くと言う形で使います。

 マウスの裏側が一番汚れるところなので、白は少しいやでした。ただあまり見ないのでここは妥協します。単三電池1本で24ヶ月駆動は良いと思います。そして、Unifyingレシーバーもここにおさまるのが良いです。私はBluetooth接続で使うので不要ですが、Bluetoothの無いPCを使う時にはUnifyingレシーバーを出して使うことにします。

M720rの機能

 前回インストールしたLogicoolのOptionsを立ち上げたところ前回のマウスの情報も一緒に表示されました。今回はMacで行っていますが、Windowsでも同じソフトがあるので一度設定したら、同じように使えるのはありがたいです。
 そしてM720rを設定しますが、私は基本的にサイドの2つのボタンはMacもWindowsもデスクトップの切り替え(左方向と右方向)を割り当てています。
 MX2Sと違うところとしては、先ほども述べたスクロールホイールの上のボタンはスクロールの切り替えボタンなので、機能を割り当てることができません。その代わり、スクロールホイールを押すことで機能を割り当てることができます。そして、横の下部分にもクリックできるボタンがあるので、ここも機能を割り当てることができます。私の場合は、MX2Sのボタンの数で満足してしまっているので、ここの部分に何を割り当てるかはまだ悩んでいます。

 前回、説明しわすれていましたが、この機能の割り当ては、使うアプリケーションによって変えることができるので、これから使い込んでくると割り当てたくなるのかなと思ってます。

 そして、マウスまで買ったら次は。ってなりますが、セッティング終わったら紹介したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  昨夜8時に寝て2時に起きました。そしてAppleのイベントを視聴。今回は、例年のiPhoneだけで…
  2.  よくある話だと思いますが、先日、AirTagを無くしました。結果的には、iPhoneの「探す」アプ…
  3.  コロナ禍の私の勤務形態は、出社勤務と在宅勤務の比率が1:4(つまり週1出社)でしたが、そろそろ会…
  4.  前回は、記事にするまでもなく何も購入しなかったAmazonのセールですが、今回のタイムセール祭りは…
  5.  オリンピックで、テレビを見る機会が増えてきたので、簡単にiPhoneアプリでテレビが見れるバッファ…
  6.  4月30日に発売された紛失防止のためのAirTag。私は予約開始日に予約していましたが、刻印を追加…
  7.  iPhone 12 Pro Max用Momentケースを購入した時には、販売されることがわかってい…
  8.  先月、紹介したenGMOLPHYのMagSafe対応ベースプレートとスマホリングの組み合わせ。すご…
  9.  昨年と同じコロナ禍での花見シーズン。昨年同様、朝早くiPhoneを持って、近くの河川敷で桜を撮って…
  10.  MagSafe対応のスマホリングをずっと探していました。それで結局MOFTのマグネットスマートホン…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る