11インチ iPad Proをポチって約1ヶ月後に到着、更に1ヶ月後に軽くレビュー

iPad, iPad mini, iPad Air2など過去に買ってきては、使わないと売ったりして、ここ数年、タブレットを使わない生活を送ってましたが、在宅勤務時に、軽く困ったことがあったので、購入しました初めてのiPad Pro(2020年モデルの11インチiPad Proが第二世代とは知りませんでした)。そしてApple Pencilも一緒に購入しました。(ちなみに今の在宅勤務割合は、3日出社2日在宅勤務な私です。)

ポチってから約1ヶ月。長かった。。。

 Apple Storeでポチったのが6月30日。そのときのお届け予定日はiPad Proが3〜4週間、Apple Pencilが1〜2週間でした。
 予想通り、Apple Pencilは10日程度で先に到着。その後が長かったです。iPad Pro到着は結局私の場合、5週間かかりました。(2020年9月16日のイベントでiPad出ても大丈夫なんだろうかなど思ってしまいましたが、もし出るんだとしたらある程度生産した状態で出すんでしょう。)

iPad Pro購入理由

 今まで、タブレットはAmazon Prime Video見るときくらいにほしいなと思っていたくらいで、あまり必要性は感じていませんでした。在宅勤務になる前までは。
 他にも同じ境遇の方はいるかもしれませんが、必要性を感じたのが、会社PCのセキュリティ。VPNでつなげているんですが、Google関連(GMail,Googleカレンダー)、YouTubeやDropboxなどのファイル共有サイトも、アクセス禁止。言いたいことはありますが、なんでもかんでもコンプライアンスという大義名分があるので抵抗しません。自助努力しかないということで、会社PCの横に自宅Macではスペースを取るので、タブレット。そしてちょっとペンでメモが取りたいのでiPad Proを選びました。ノートを取るスペースもiPad Proで肩代わりできるので、いろいろ買ってみてわかりましたが都合が良かったです。

 そして、もう一点、iPhoneを被写体として撮るときに、デジイチを出して撮るのが面倒くさくなってきたというのもあります。iPadで撮ればそのままiCloudで共有されるので、写真の移動も楽にしたかったところでした。

iPad Proセットアップと新規購入アプリ

 手抜きでiCloudからiPhoneのバックアップデータから引っ張ってきました。表示がiPhoneサイズのアプリは削除して、iPad用のアプリはダウンロードしてセットアップ完了。
 今回、iPad Pro購入で新しく購入したアプリは以下のものです。

・これは評判も高く、買い切りなのも気に入りました。


GoodNotes 5
カテゴリ: 仕事効率化
掲載時の価格: ?980


・iPhoneではここ1,2年はこのThings 3で家のことから、仕事のことまでToDo管理しており、ちょっと高いですけど已む無しで購入。しかし満足してます。


Things 3 for iPad
カテゴリ: 仕事効率化
掲載時の価格: ?2,440


・マインドマップは、頭の中を整理するのに便利なのでアプリも検討中。今試用中なのが、このアプリ。おそらくサブスクリプションで使うかなと言ったところです。


MindNode ? Mind Map
カテゴリ: 仕事効率化
掲載時の価格: 無料


USB Type-Cになって購入したもの

iPad Proの充電・データ転送ケーブルがUSB Type-Cになったのは、正直うれしいところです(充電器が大きいのはいただけないですが)。MacBook Proで使っていたType-Cケーブルがそのまま使えますが、別途購入しました。

 ただのケーブルだともったいない感じがしたので、ライトニングとType-C、そしてmicro USBの3in1ケーブルを購入しました。


USB Type-Cで良かった点とまではいかないかもしれませんが、以前購入した4KディスプレイにもUSB Type-Cで充電もしながらiPad Proの画面表示が、ケーブル一本つなぐだけで、できるようになりました。Macのサイドカーも可能ですし表示に関しては、おそらくiPad Proで4Kディスプレイ使わないでしょうが、言うことなし。

 さらに良かったことは、ロジクールのマウスとキーボードを購入した記事を書きましたが、Bluetoothのおかげで、iPad Proとも接続し、使えるようになりました。マウス、キーボードともに3つのデバイスまで切り替えて使えるので、1.MacBook Pro, 2.iPad Pro, 3.会社ノートPCで使うよう設定しました。


 充電器やらモバイルバッテリーは、そろそろ前のものが2年くらい経ってヘタってきたので買い替えをしていて、近いうちに記事にします。

ケースやら、アクセサリー購入品

 ケースと保護フィルムを真っ先に購入しました。保護フィルムは強化ガラスのものがいいか悩みましたが、Apple Pencilを購入したので書きやすさ優先で、Nimasoのサラサラフィルムにしました。ケースは、持ち運びを考えてApple Pencilが充電しながらも収納できるものにしました。



 Nimasoのフィルムは、輸送中、曲がらないようにしっかりした箱に入っていて、中身もクリーナーとマイクロファイバークロスまで揃ってました。


 ガイドについては保護フィルムに余分なフィルムが付いていて、それをType-Cの端子部分に付属のガイドを付けて固定して貼ります。横のズレだけ気にしておけば良いので楽にフィルムは貼れました。

 その後、かわいいと言うか、どこか懐かしいApple Pencilの保護ケースを見つけてしまいポチりました。1ヶ月間装着していますが、とくに滑って外れることもなく使えています。(Apple Pencilは名前を入れたんですが、意味がなくなってる。)

 Apple Pencilに上のかわいい保護ケースをつけると。。。そうですね。ケースに入らなくなります。正確には収まりますが、若干フタを閉じると浮きます。外出時は最初のケースに入れてもっていくことになると思います(Apple Pencilだけは落とせない)。
 それで購入したのが、Apple Pencilは外に、iPad Proは磁石で吸着するケースにしました。今は、家の中だけで使用しているので、使い勝手は良いです。

 1ヶ月使ってみて、感じたことは私の今の在宅環境では必要でした。社外セミナーもZoomだったり、動画はYouTube、資料はDropboxと、会社PCからは接続できないため、そこはiPad Proでやっているというところでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る