マグネット式とパッド型のワイヤレス充電が1つになったスタンド Anker PowerWave Magnetic 2-in-1 Stand レビュー

 BelkinのBOOST↑CHARGE PRO 2 in 1ワイヤレスチャージャースタンド [Apple(日本)]が販売された時に、飛び付こうとしていましたが、私の習慣で3つを同じ場所で充電することが無いことに気づき、iPhoneとAirPod Proだけ同時に充電できて、iPhoneはディスプレイの横に置いて、独立したサブのディスプレイとして使えるスタンドを探していました。
 同じ BelkinのBOOST↑CHARGE™ PRO MagSafe 2-in-1 磁気ワイヤレス充電器もiPhone 12シリーズを最大15Wで充電できる点で気になっていましたが、¥10,000近くもするので、別の物で探しました。
 スタンド機能だけならこれとか


 今までのスタンドにMagSafe充電器を付けれるものとか

 AirPods Proもできれば一緒に置きたいと言うこともあり、ちょうど発売されたANkerのPowerWave Magnetic 2-in-1 Standを購入しました。こちらはBelkinのものと違って、最大7.5Wでのマグネット式ワイヤレス充電ですが、在宅勤務時のデスクの上で使うので充電速度はあまり気にしませんでした。

 ちなみにApple Watchのスタンドは以前紹介したものを仕事部屋以外のところに置いてます。


Anker PowerWave Magnetic 2-in-1 Stand開封

 Amazonからの箱が意外と大きかったです。で中身も大きいです。折り畳み式ではな買ったことを忘れていました(その分、曲げる関節が少なく強度もあるだろうと思いました)。比較のため、iPhone 12 Pro Maxを横に置いています。

 同梱されているのは、USB-C & USB-Cケーブル (1.2m)1本と説明書が付いていました。最大24ヶ月保証 (※正規販売店からの注文に限り18ヶ月保証)になります。


【製品の仕様】
iPhone 12シリーズとMagSafe対応のiPhoneケースに対応したマグネット式ワイヤレス充電器とパッド型ワイヤレス充電器がひとつになったワイヤレス充電ステーション
サイズ:約103 × 105 × 150 mm
重さ:約 265 g
入力:5V-2.4A / 9V-2A / 12V-2A / 15V-2A
出力(マグネット式):5W / 7.5W
出力(パッド):5W

 土台の部分にはLEDが付いており、充電させることで点滅します。

 背面にUSC-Cケーブルを接続する箇所があります。

 18W出力以上のUSB-C急速充電器を使うことで、お使いのスマートフォンをフルスピード充電することが可能とのことです。持ち歩くことはない場合は、Ankerの20Wのものがちょうど良さそうでした。


 私は、AnkerのPowerPort Atom III Slimがあるので、これを使うつもりです。

iPhoneとドッキング

 重要な点としては、充電できるかと言うこともありますが、充電できなかったら初期不良なわけで交換すればよい話なので、スタンドで一番気になるところは、iPhoneを付けた時の接着度とか角度でした。
 まず角度調節を見てみました。
 接着面の下側を押した時の角度は、垂直よりも若干更に押し込めるので、高い位置から見上げるような状態も行けそうです。

 接着面の上側を押した時の角度は、30cm離したところに置いて見るにはちょうど良い角度でした。

 そして、iPhone 12 Pro MaxをApple純正レザーケースを付けてスタンドに置いてみました。重さに耐えかねて落ちたら終わりだったんですが、大丈夫でした。

 iPhone 12 Pro Maxを縦にして、一番、落ちそうな体勢にしてみましたが、全く問題なしでした。

 この時に気付きましたが、iPhoneをこのスタンドに付けるのは良いですが、iPhoneを外すときに磁力が強くてスタンド本体が持ち上がります。スタンドは両面テープなどで固定しておいた方が良さそう。

 実際にスタンドに付けた感じはこのようになります。

AirPods Proを置いて見る

AirPosもスタンドの土台部分のパッドで充電できるので、やってみましたが問題なく充電できました。AirPods Proの普段の置き場はここに確定です。

最後に磁力の実験

 MagSafe対応の充電スタンドですが、どのくらい磁力があるかと言うのが説明しづらいので、iPhone 12 Pro Maxを付けて、逆さまにすると言うところで確認しました。磁力が弱いとiPhoneがすぐに落ちるはず。しかしながら、落ちませんでした。

 そして、たまたまMOFTを付けたままにしているとを忘れてスタンドに置いて、充電できない!ってなったんですが、MOFTのせいでした。MOFTを付けたままでも磁力は大丈夫でした。ただし、MOFTを付けたまま充電はできません。

 MOFTの記事はこちらです。在宅勤務になってからは出番は少ないですが、使わない時は鉄板などに付けておいて(これ自体に磁力があるので)、必要時にiPhoneに付けてます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る