スポンサーリンク
スポンサーリンク

asoboze(アソボーぜ)のTOFTPOUCH (タフトポーチ) :さわり心地の良い防水ポーチ。

その他
その他

開き方が真ん中からバッと開けて入れ込む形がいいなと思い、ウィッシュリストに入れてて、 今回、Amazonの BLACK FRIDAYセールで安くなっていたタイミングで購入しました。
このくらいのサイズだと無印良品のポーチもありますが、防水ではなかったりするので、デジタル機器等入れる際にも役立つ防水ポーチのこちらに興味を持ちました。
カラーは黒、白、グレーの3色です。私はカバンの中に入れておくので、黒は避けて見つけやすいグレーにしました。

ちなみにポーチに採用されている新素材”は、製造時の環境負荷を減らすサステナビリティに配慮した製法で作られているそうです。

created by Rinker
asoboze(アソボーゼ)
¥2,750 (2024/04/15 20:27:55時点 Amazon調べ-詳細)

【商品仕様】
商品:小物ポーチ
サイズ:外寸約160x110x10mm
生地:ポリエステルPUコーティング
重量:約24g
生産国:日本

外観と手触り感

マットな感じで、見えている側のさわり心地はサラサラとしています。ダイビングで着るウェットスーツのさわり心地です。とりあえず、柔らかいのでクシャッとしたくなったので、やってみます。

そして、手放してクシャクシャ具合を見ると、だんだんともとに戻っていきます。

しわくちゃにならずにこの形に戻るので、段々とモノが入れにくくなるということは無さそうです。

防水ポーチというだけあり、止水ファスナーになっています。パっと見すると、携帯ティッシュ入れという感じですが、ウェットティッシュなどを入れておくのも良いかもしれません。ただ、単独で入れるだけだともったいない気がするので、私はガジェット用小物のポーチとして使う予定です。携帯ティッシュや薬、絆創膏、目薬、リップなど入れておくのにも良いサイズなので、色で分けて使ってみるのも良いかもしれません。

空気を入れてジップをしっかり閉め、押し付けると、ゆっくりと空気が抜けていく感じです。

内側の記事は、ザラザラする手触り感です。クッション性はなく厚みは無いので、見た目ほど中身が入らないということは無さそうです。なので落としたりしてすぐ壊れるようなものは入れない方が良さそう。

いろいろ入れてみる

どのくらい入るのか確認してみます。まずはペン。無印良品の少し短めのペンは余裕で入ります。

100均などで売っている普通の文房具としてのハサミは斜めにしても入りません。長いペンは斜めにすれば入ります。ただペンケースとして使うのは防水ポーチとしてはもったいないのでガジェット系のものを入れたくなります。

そして、持ち歩くものとして、モバイルバッテリーや、AirPods Pro、長さの異なるUSB-C充電ケーブル2種類、短いペンも2本一緒に入れてみます。第二世代Apple Pencilも入るかなと思って持ってきましたが、長さがそもそもあるので、無理でした。なので外に待機。

意外と入る感じです。厚みがないからイメージ通りに入るのかもしれませんが、ちょっとカフェとか写真撮りに歩いていく程度のものを入れておくのにちょうど良いサイズだと思いました。

そしてファスナーをキチッと閉めてみます。問題なく閉まりました。開けにくいということもなく、まだ少し余裕があり、短いケーブル1本入れ方を整理すれば入りそう。

難点としては、ファスナーの両端に持ち手があると良かったかなと思いました。片方にしかないので、ファスナーを開けるときには持って開けれるんですが、閉める時にキツキツで入れていると閉めづらいです。(キツキツ)に入れなければ良い話ですが。

真ん中にファスナーがあると、開けたときにすぐに中身が見れるので、やっぱり便利でした。

そして、無印良品のウェット系のシートがあったので、入れてみましたがちょうど良いです。パッケージごと取り出さずに、中身のシートだけ取り出せました。

多分、もう1個(白)がセール中なので、買いそう(というか買った)。黒はカラビナとか付けてズボンのベルトにかけて使うのが良いかもしれないですね。黒はセールでは無かったので、また機会があれば試してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
POCKETALK(ポケトーク)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました