スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone 15 Proで使えるケース2種類をレビュー

iPhone
iPhoneケース

 iPhone 15 Proが届く前に購入していたケースの紹介です。今回はiPhone 15 ProというよりもiOS 17で導入されたスタンバイの機能を使いたいため、MagSafe対応のものだけ目が行ってました。それで1つは届く前に購入したケースとiPhone 14 Proで使っていたケースの2つを紹介します。(そのため、iPhone 15 Proで使えるケースというタイトルにした次第です。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

購入したのはRingkeのケース

Ringkeというメーカーのケースをチョイスしたのは、Apple Watchのケースで知っていて、今回MagSafe対応のケースが出てて、比較的安かったのとカメラレンズ周りがカバーされているところ、そして色が気に入ったところでした。

ちなみにこのケース、Apple Watch Series 9でも使えたので、気分変えたいときに付けようと思ってます。

RingkeのApple Watch Series 7 45mmケース(色:Dark Chrome)が、気に入った!
前回、Spigenのレッドのケースを見つけて付けていましたが、試しで購入したダーククロームの色のケースを購入したら、意外としっくりきて、そのまま付け続けています。気分によってまた他のもの買ってみようと思ってますがいまのとところお気に入りの1...

それで、今回、iPhone 15 Proが届く前に購入したケースはこちらになります。色はストーン。ストラップホール付きと書いてますが、付いてないですね。MagSafe対応なのでリングを付ければ問題ありません。

カラーは、ストーンの他にグレー、サニーライム、ディープブルー、ピンクサンドがあります。iPhone 15 Pro用以外に、iPhone 15/15 Plus/15 Pro MAXがあります。

RingkeのiPhone 15 Proケースのレビュー

見た目、カメラレンズ周りでチープさは感じるかもしれませんが、しっかり本体をカバーしていると思います。

サイドのボタンは、穴は空いて無くケースでカバーされています。レンズ部分もケースの方が厚みがあるので背面を下にしてもレンズは保護されるようになってます。

USB-C端子の部分はしっかり空いてますが、USB-Cケーブルの端子が太いと入らないかもしれません。最近購入したAnkerのケーブルでは大丈夫でした。スピーカー部分は細かく空いてます。

液晶側は、ケースのフチが本体よりも厚みがありますが、耳にあてる部分(スピーカー部分)は空いてます。どうしても全体を包み込むようにカバーすると厚みが増しますが、ここはしょうがないところです。

MagSafe対応ということでアレが付けれる

MagSafe対応ケースだと、マグネット式リングが付けれます。

磁力でピタッ付きます。

リング部分に指を通してスマホリングと同じように使うことができます。iPhoneがMagSafe対応になってちょっとして登場したリングですが、ずっと使ってます。

リング部分が高さが出るので、ケースよりも更にレンズ部分が浮きます。

iPhoneを持つときに、リングに指を通して安定感持って使えるだけでなく、スタンドとしても使えます。使わないときや、スタンドに置くときなどは、外しておけるのも気に入ってます。

iPhone 14 Proで使ってたケースを…

以前にも紹介していた木が入っている手帳タイプのケースで気に入っているものですが、iPhone 15 Proでも使えました。まだiPhone 15 Pro用とうたったケースが出てなかったのでダメ元で試してみたらそのまま使えました。ただMagSafeには対応していないケースになります。

LOOF Nature Seriesケース

天然木と革の組み合わせてのケースです。桜、胡蝶、竹、花梨などの木を使ったケースがあり高級感があります。

ケースのを広げたときの内側には、カードが一枚入れられるポケットが付いています。iPhoneのケース側はシンプルなケースで、ここにiPhone 15 Proを入れてみたら、ちゃんと固定されました。

iPhoneのボタン類は、丸々空いているので、そのまま使えました。

背面側を折り曲げると、先に話したMagSafe対応ケースのリングと同じようにスタンドになります。手帳タイプのケースは仕事場で使うことが多いので、iPhone 15 Proでそのまま使えるのは嬉しい誤算でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
/div>
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました