RingkeのApple Watch Series 7 45mmケース(色:Dark Chrome)が、気に入った!

 前回、Spigenのレッドのケースを見つけて付けていましたが、試しで購入したダーククロームの色のケースを購入したら、意外としっくりきて、そのまま付け続けています。気分によってまた他のもの買ってみようと思ってますがいまのとところお気に入りの1つになっているので紹介します。

ケース自体は、液晶面は保護なしタイプなので、液晶面を保護したい場合は、保護フィルムなど貼って使うことになります。
ケース自体は2個セットで、クリアタイプが1つ付いています。色はクリア、クローム、ローズゴールド クローム、ダームクローム、ディープグリーン、マットブロック、マットブルー、ホワイトがあり、どれを選んでも1つクリアケースが付いてきます。

Apple Watch Series 7の41mmタイプも同じ色で展開されています。

開封から装着

黒っぽいだけでわかりにくいので、この跡からは、光を当てて撮ってます。

 ボタン部分はシンプルな作りで、穴はきちんと開いています。リューズが接触して回しにくいということもSpigenのものと同様、全くありません。やっぱりApple Watchのケースは発売されてから少し経ってから買ったほうが良いみたいです。


 見て分かる通りピカピカで、反射します。映り込みもあります。リューズの下にRingkeのロゴが見えます。

リューズやボタンもきちんと押せて問題ありません。


 黒い金属系のバンドに合いそうなのですが、Apple Watchは寝ているときも付けているので、金属系は避けていて黒系のバンドで良いものが無いか探しています。

 iPhoneのカメラでマクロ撮影をするとカメラの部分が映り込みます。

 使っていくと剥げていくと思っていますが、2週間くらい付けていてこの状態です。まだ大丈夫そう。

 一緒についてきたクリアのケースは、形状は同じで、柔らかくはないです。このダーククロームの色が落ちて、気分転換でクリアを使ってみるのも良いかなと思ってます。

 今回のケースは、Amazonで評価もあったので買う気になりましたが、実際に付けてみて、そのとおりで良かったです。

ちなみにここで付けているバンドはNOMADのものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  今年の期末は激務で、記事を書く余裕もなく、桜の撮影すらできるかどうか不安でしたが、無事、晴れの日に…
  2.  そろそろ生活必需品が無くなってきたタイミングでもあって助かります。Amazonのタイムセール祭りが…
  3.  前回、Spigenのレッドのケースを見つけて付けていましたが、試しで購入したダーククロームの色のケ…
  4.  Spigenの姉妹ブランド CYRILL(シリル)から出ているiPhone 13 Proケースを最…
  5.  Apple Watch Series 7が出てから、何個ケース買って失敗してきたか。。。でやっとま…
  6.  CIOのハイブリッドワイヤレスバッテリー CIO-MB20W-5000-MASを以前紹介しましたが…
  7.  Appleの初売りで購入したAirTagに使うケースとフィルムが揃ったのでレビューします。  こ…
  8.  やっている方はすでにいると思いますが、先日、ダイソーに買い物に行ったときに、たまたま購入したものが…
  9.  今年のAppleの初売りでAirTag 4個入を購入しましたが、刻印を入れているため、到着まであと…
  10.  1月3日深夜〜4日朝方にかけて、しぶんぎ座流星群が見えるそうです。東日本の太平洋側、西日本で見れる…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る