Hipstamatic Disposable : アップデートでカメラ全部が高解像度対応。そして4種類のカメラも追加

 Apple Storeの評価を見ると、日本だけでなくアメリカでも不評のようですが、個人的にはかなり入れ込んでいるアプリHipstamatic Disposableがアップデートされました。前回のアップデートで1つ無料のカメラが追加されたのですが、今回のアップデートでは、サポートサイトでユーザーから要求されていた内容を一部含んだアップデートになったようです。

サポートサイトは下記になります。
Hipstamatic ? Support
App Storeでは写真/ビデオカテゴリーにあります。
● Hipstamatic Disposable (無くなりました)

前回のレビュー記事はこちらになります。
Hipstamatic Disposable : 撮った写真を仲間と共有し楽しむ。使い捨てアナログ要素を持ったデジタルカメラアプリ!

 今回のアップデートではまず、解像度がすべてのカメラで高解像度に対応になりました。つまりデフォルトで入るカメラは以前は600×600の固定でしたが、とり高解像度で保存することができるようになります。これはiPhoneの設定からDisposableをタップして表示される画面の中にある「High Quality」をオンにすることで有効になります。

 そしてアプリ内のHipstaMartを見ると分かりますが、今回新しく有料のカメラが4つ追加になりました。先の3つはそのまま変わっていませんが、新しい4つのカメラに関しては購入した場合の使用回数の制限が無制限になっています。なので1度購入すると何度でも使えることになります。
 (本当は前の3つも同じようにしてほしいのですが、今まで買った人がいることを考えると難しいようです。)

 個人だけで使う場合には、正直Hipstamaticの方が高機能でオススメですが、レンズ・フィルム・フラッシュとカスタマイズが多いだけに難しく思う方もいると思います。その点Disposableはカメラを選ぶだけというところで初心者にはお勧めできるカメラです。そしてなにより、Facebookを通じて知り合いになって仲間同士で写真を共有できますし、集まった時にみんなで同じ写真を自分のiPhoneで見ることができるのが便利だと思います。これから忘年会や新年会で集まる事が多くなる人にはおもしろいカメラアプリだと思います。
 しかしながらまだ不安定なところもあるようで、サポートサイトを見る限りでは3G回線で共有ができないことがあったり、異常終了することがあるようです。早いうちに直して使えるようになって欲しいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  つい最近、マウス購入の記事を出しましたが、思った以上に良くて、もう一台、仕事用に買ってみました。た…
  2.  主にアマゾンからのお届け物の開封の話ですが、最近はビニールの袋に入ってお届けもあったりしますが、メ…
  3.  マイナンバーカードを作っていたので比較的早く、特別定額給付金が私の手元にも届きました。そのタイミン…
  4.  以前少しだけ書いたことがありましたが、YouTubeと見てて、支援したいと思ったので購入した【RE…
  5.  コロナのおかげで始まった在宅勤務。自宅での仕事が満員電車乗らなくて楽と思ったのも束の間、仕事がそれ…
  6.  外出自粛、在宅勤務の中ですが、仕事のために数日間、出社が急遽、決まりました。ということで、その前に…
  7.  ゴールデンウィーク(今年に限ってはステイホーム週間)最終日、振り替えてみてやったこと。運動面では、…
  8.  iPhone 11用のMYNUSケースを見つけて一目惚れ。iPhone 11 Pro用も出ると聞い…
  9.  コロナの影響で、近くの無印良品が閉店状態。ネットで買うには5,000円以上でないと送料無料にならな…
  10.  ゴールデンウィーク、今年に限っては、コロナの影響で、在宅勤務からのステイホーム週間突入、私は3月半…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る