スポンサーリンク
スポンサーリンク

暑い〜ということで、やよい軒の宮崎名物 冷や汁ととり南蛮の定食を食べました

宮崎の郷土料理である”冷や汁”と”とり南蛮”を組み合わせたやよい軒の定食”冷や汁ととり南蛮の定食”を食べてきました。暑い中、ちょうどやよい軒に入った際に、アプリからのクーポンもあり即決でした。

やよい軒公式アプリ - お得クーポンをアプリでGET

やよい軒公式アプリ – お得クーポンをアプリでGET

Plenus Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

冷汁ととり南蛮の定食の中身

1,000円近い定食ですが、満足でした。温かいご飯、冷や汁に、鶏南蛮とサラダ、ごまのかかった焼きサバ、そして定番のわたしが個人的に好きな漬物。

冷や汁

まずはメインの1つである冷や汁。氷が入った味噌汁。きゅうりや豆腐が入ってます。これだけでも暑い日にはさくっと食べれますが、少しだけ具を食べて我慢。本場である宮崎には友人がいて、かなり昔に行った際には冷や汁やとり南蛮は無かったですが、とにかく夏で、暑すぎて、部屋では寝れず(10人くらいで行ったこともあり)海岸沿いの砂浜で寝たことがあります。流れ星がすごかったのを覚えてます。また行きたい。暑いけど。

漬物

やよい軒といえば、ご飯(白米)おかわり自由で有名ですが、冷汁ととり南蛮の定食でも当然ご飯のおかわりは自由です。おすすめは、最初のご飯1杯で、とり南蛮と”刻みごま白菜着け”の漬物。
この漬物大好きです。普段はシメで、ご飯少しおかわりして出汁+漬物でしたが、今回は冷や汁のためお腹いっぱいになり諦めました。

ごまのかかった焼きサバ2切れ

これもこのまま1切れを試したが、もう1切れはほぐします。ほぐす際に骨は取ってしまいます。

とり南蛮

甘酢とタルタルソースのかかったとり南蛮。とてもジューシーで、これとサラダでご飯1杯目をぺろりと食べます。
これにご飯(白米)があります。とり南蛮、サラダ、焼きサバ、漬物でご飯1杯目は終了。

ご飯おかわり2杯めは、冷や汁にいれて完成

ご飯2杯めは、定食のプレートに紙がおいてあり、書いてあるとおりに冷や汁を作ります。
ごまのかかったサバの塩焼を骨を取りながらほぐします。
そして、そのほぐした焼きサバを冷や汁に投入。
そこにおかわりした2杯めのご飯を投入。温かいご飯が冷や汁の中にいれても氷のせいか温かくなることもなく、口の中でも冷たくおいしい。温かい味噌汁にきゅうりを入れることはないですが、冷えてると合いますね。
定食で2度楽しめる定食。おいしかったです。また食べたいと思います。
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました