スポンサーリンク
スポンサーリンク

MacBook Pro Mid 2019 エントリーモデルを購入しました7月に。

Mac
Mac

ちょうどMacBook Proを使い始めてから64日経ちました。2019年7月17日からです。その前はMacBook Airを使っていましたが、2017年1月末に売却。そこから2年半くらいまたWindowsで(というかパソコンを家でほとんど触らない生活になり)、またいろいろやり始めたので(消費税も上がるということもあり)今回はタイミングよく発売されたMacBook Proを購入と相成りました。

家でも外でも使いたいという欲望

用途は仕事半分、ブログや写真整理など半分と言った用途です。Windowsはそろそろご臨終になりそうなこともあったので、思いっきり贅沢に(財布と相談しながら)カスタマイズしました。家でもそこそこ外付けのディスプレイやSSDをつなげて使いたかったり、外にも時々持ち出したいということもありで絞っていきました。というかこのときはもうAirかProの2択しかなかったわけでAirは前使ってたこともあり消去したら残ったのがProだったという結果です。
 後から替えのきかない部分に関しては奮発し、あとは適度に妥協していく(自分に言い聞かすパターン)で選びました。サイズは15インチか一瞬だけ迷いましたが、気持ちだけでも軽くということで13インチ。CPUはここで決まってしまうのでMAXのCore i7,メモリもMAX。SSDは当初512GBの予定でしたが値下げもあったため1TBに。
Touch Bar無しは選べない(というか無い)ので選択。キーボードはMacBook Airのときは英語でしたが、今回は日本語を使うことの方が多そうなので日本語キーボードに。
で総額26万。その他別にAppleの純正キーボードとマウスも購入して約30万円でした。久しぶりのデカイ買い物。3年は使い倒したいと思ってます。(ちなみにテザリングはiPhoneで(ソフトバンクで)使う予定)

開封

開封までのところは写真にて。ちなみに色はスペースグレイ。


購入したアクセサリー

アクセサリーはMacBook Proを守るハードケースカバーとキーボード周りのカバー、Thunderbolt 3(USB-C)ポートが2つしかないので、拡張のUSBハブを購入。ハードケースカバーはその後追加で買っているので今後まとめて紹介すると思います。液晶保護フィルムも買ったのですが、これはまだ着けていません。
ちょっと失敗したなと思ったのは、本体裏側のハードケースとトラックパッド保護フィルムが干渉してしまうところでした。トラックパッド側にケースを引っ掛けるのでどうしてもうまく付けることができなくて少しトラックパッド保護フィルム側が浮いてしまいます。ハードケースの裏側はのひっかけ部分は少し削ろうかなと思いました。あとのものは品質的には値段の割に問題が一つもなく満足行くものでした。



拡張のUSBハブについては、たくさんの種類があり、迷うというか、優先のイーサネットケーブルとHDMIケーブルが使えるもので選びました。MacBook Proに充電もできて、SDカード使えて外部モニタも使えるということで価格の割に良かったです。年末までに4Kモニタを買う予定なので、そこで威力を発揮してくれると期待してます。


久しぶりのノートブックなので、カバンだったりいろんなものをまた揃えて行く予定。紹介できる機会があれば、また色々面白いものを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました