EyeEm World tour in Tokyo 2014 オープニングレセプションパーティーに行ってきました。

 今週はEyeEmの話ばかりになっていますが、昨日12月3日、仕事帰りに、EyeEm World tour in Tokyoのオープニングレセプションパーティーに行ってきました。場所はTOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHY(T.I.P)。写真雑誌で有名なPHaT PHOTOのギャラリーということで、初めて伺いましたが、場所もすごく良いところにあって、この時期は、最寄駅の京橋駅のイルミネーションも綺麗でした。

Tokyo Night

 先日のWorkshopに続き、パーティーでもEyeEmのコミュニケーションマネージャーSeverinさんがみんなに声をかけてくれて、とても楽しいパーティーでした。最後にはギャラリーにいる全員で集合写真も撮ったり。まだまだEyeEmは日本では知名度は少ないですが、確実に増えていってるな~と感じるくらいギャラリーの熱気はすごかった。一部動画にしてみました。

 今回開催されているギャラリーで、一緒に聞いている単語として雑誌のPHaT PHOTOがあったんですが、どこかでEyeEmと何かあったなと思いだしたのが、このフォトコンテスト。私も選ばれていたのを忘れていました。感謝。
【結果発表】 「EyeEm」コラボフォトコンテスト | PHaT PHOTO

 そしてこのPHaT PHOTOの編集長 速水さん。YouTubeでは写真家の為の英語講座など公開してくれています。早く見ておけば良かった。

 パーティーの際に、EyeEm Meetupの場所としてぜひ使ってくださいと温かいお言葉をいただきました。ありがとうございます!

 それで早速、急遽 EyeEm Tokyo Meetup vol.06開催です。
EyeEm Tokyo Meetup vol.06
日時は12月21日(日)14:00~。場所はEyeEm World tourの開催されているTOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHY(T.I.P)になります。
 もし21日にギャラリーに見に来られる方で、ついでにMeetup出てみようかなという方いたらよろしくお願いします。寒いかもしれないので、外でフォトウォークをずっとやるということはないと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  外出自粛、在宅勤務の中ですが、仕事のために数日間、出社が急遽、決まりました。ということで、その前に…
  2.  ゴールデンウィーク(今年に限ってはステイホーム週間)最終日、振り替えてみてやったこと。運動面では、…
  3.  iPhone 11用のMYNUSケースを見つけて一目惚れ。iPhone 11 Pro用も出ると聞い…
  4.  コロナの影響で、近くの無印良品が閉店状態。ネットで買うには5,000円以上でないと送料無料にならな…
  5.  ゴールデンウィーク、今年に限っては、コロナの影響で、在宅勤務からのステイホーム週間突入、私は3月半…
  6.  また、iPhoneを液晶面から落下させて、端っこが欠けました。しかし本体は無事。めでたしめでたしと…
  7.  私の勤務している会社から先日、ノートパソコンへのVPNソフトのインストールや会社の携帯電話を持って…
  8.  暖かくなってきたということでMacbookを持って出かける機会も増えるだろうと思い、ガジェットポー…
  9.  今回紹介するiPhone(iPadでも使えるユニバーサル)アプリは、今までこのブログでちゃんと紹介…
  10. Momentの一連の記事も一旦この記事で終わりです。が、これからもちょくちょくMomentの紹介を…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る