しっかり保護してくれる Spigenの米軍MIL規格取得の半透明 iPhone 13 Pro用ケース

これから5回に渡って紹介する私が購入したiPhone 13 Proケースの紹介、第一回目になります。
初回は、iPhone 13 Proを買うにあたって、最初に購入したケースを最初に紹介します。良く言えば失敗しないちゃんとしたメーカーであるものを選びました。正直なところを言うと、とにかく最初に使うのに、無難に使えるという点で選んだケースでしたが、さすが有名メーカーということで、しっかりしている印象を受けました。

外観


 開封し、ケースを取り出したときからですが、ケースの内側と外側に、キズ防止保護シートが貼ってあって、それを剥がして、iPhone本体にケースを取り付けます。キレイに使ってもらう為の工夫として、非常に良心的だなと思いました。


今回のiPhone 13 Proはカメラ部分の出っ張りが大きいので、背面カメラを下にして置くとガタつくんですが、それをレンズ周りと一緒にカバーするように四隅だけ少し盛り上がっていて高さが出るような形状になっています。カメラレンズ周りはり0.8mm厚く、全面は1.2mm厚くなっています。エアクッション技術で四隅をカバー(米軍MIL規格取得)しています。
 背面は半透明になっていて、Appleロゴも見えているところが気に入っています。


 真横からみるとわかりますが、しっかりカメラレンズの出っ張りをカバーするようにフチが高くなっています。
 各ボタンもサイズはバッチリ合っていて押しやすいです。

 コネクタ部分は、まとめて穴が空いている形状です。

 レンズ周りはしっかりカバーされています。

 MagSafeは一応、使えます。一応という言い方ですが、MagSafeでの充電に関しては大丈夫ですが、MagSafe側のケーブルを持ち上げるとiPhone本体から外れくらいの磁力になります。

 残念だったのがMagSafe対応のスマホリング。残念ながら磁力が足りません。ケースの厚みが影響しているためだと思いますが、付くことは付きますが、リングに指を通して持つとiPhoneから外れます。ここもクリアしていれば完璧でした。

  デザインも良く、iPhone 本体から取り出すのも難しいことはありませんでした。しっかり保護できるケースとして、買ってよかったです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  Apple Watch Nike Series 7 10月8日予約開始日21時3分に完了したものの…
  2. しっかり撮るカメラアプリの1つである Camera M というアプリ。バージョン5.0のアップデー…
  3. Apple Watch Series 6を使い始めて、今日で388日になります。iPhoneよりも…
  4.  iPad mini 6を家で使っていて、足りないことに気づきました。普段は、手で持ってApple …
  5.  10月8日21時から販売が開始されたApple Watch SERIES 7ですが、ギリギリまで悩…
  6.  iPhone 13 Pro リリース後に、専用ケース6種類を続けて紹介しました。正確には8つありま…
  7. このサイトで、ランキング上位の記事にあるMagSafe対応のスマホリングですが、持って使うときには…
  8. Apple Watch Series 7の発売日が2021年10月15日ということで、悩む時間が早…
  9.  iPad mini 第6世代で、カメラを使う予定は無いと述べましたが、台風が去った後の好天気。近く…
  10.  iPad mini 第6世代を使い始めて1週間。結論は言うまでもなく、私の中で一番使いやすいiPa…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る