iPhone 11 Pro レビュー (3)iPhone 11 ProのカメラとiPhone XS &コンバージョンレンズを比べて見てみる

今回は、iPhone 11 Proを購入する前に使っていたiPhone XSとそれに着けられる外付けのレンズ(コンバージョンレンズを)持ち出して、撮り比べてみました。また以前紹介したような比較的安い広角レンズやマクロなどiPhone 11 Proでも使えるのか確認してみました。

用意したのはiPhone 11 ProとiPhone XS + tokyo grapherのレンズ(広角とマクロ)、その他Amazonで売られている安価なコンバージョンレンズ(マクロ、広角)です。tokyo grapherのレンズはマウントアダプタが必要で、Apple純正のiPhone XSケースに取り付けています。
【公式】tokyo grapher iPhone 高性能アタッチメントレンズ

iPhone XSで使ったtokyo grapherのレンズ

iPhone XSを使っていたときに時々使っていました。良かった点としてはApple純正ケースにマウントアダプタを着けたところにコンバージョンレンズを取り付けられるところです。
広角やマクロ、望遠、魚眼なども売られていますが私が購入したのは広角(18mm)レンズとマクロレンズ(x1.7〜2.5)。

このレンズには悪かった点というか私には合わなかった点がありました。それはレンズの取り付け方。回してネジを締めるように取り付けるのが私にはストレスでした。撮りたいタイミングでレンズを選んで撮るまでにかなり時間がかかって、撮る頃にはシャッターチャンスを逃すという事がよく起き、あらためてMomentのレンズを取り付ける仕組みがすごいことを再認識しました。Momentのレンズは着けて半回転程度回すだけで固定されるので早いです。ゆっくりレンズを決めて構図を決めて撮るという方には向いているレンズだと思います。広角レンズは四隅のケラレもなくよく撮れると思います(撮った写真は後ほど)。ただ使い始めは、レンズを回して取り付けるのでiPhoneのレンズの上に、レンズを回して着けたときのマウントアダプタのカスが載り、レンズを覗くとカスだらけになっててナンジャコリャ状態だったのも駄目でした。
ちなみにiPhone 3Gの頃はマグネットで取り付けられるレンズがあって重宝しました。最近、中国のメーカーがマグネットで取り付けられるレンズを出しているのを見ましたが聞いた事無いメーカーだったので手を出すのをやめました。

撮影環境

撮影は撮影を比較するのにわかりやすいゴチャゴチャしたところを選びました。機材は三脚と三脚ホルダー。Apple Watchで写真を見ながら撮るなども試してみてます。

created by Rinker
マンフロット
¥3,708 (2020/04/01 20:49:50時点 Amazon調べ-詳細)

ボール雲台でない三脚の場合は、こちらのホルダーが便利かもしれません。

またこれから揃えて撮ってみたい方にはセットでホルダーまで付いたお得なものも販売されてます。一式あると早送り動画のタイムラプスや、夜の花火撮影などで威力を発揮します。

iPhone 11 Proの3つのカメラを試す

撮り比べる前にiPhone 11 Pro自体の3つのカメラを見てみます。望遠、広角(1倍固定)、超広角の順です。しかしこれだけ広角ができると、広角写真がもっと一般的に広まり、広角写真をメインで撮っていいねもらっていた方にはツライ現実がやってくるもしれません。というよりも先に、広角のコンバージョンレンズを売っていたメーカーに取って厳しいかもしれないですね。(なんだかんだでiPhone 11 Proの広角のレンズが一番優秀な気がするので私は超広角以外のカメラに広角や魚眼など使ってみたいと思ってます。)
ちなみにアプリでそれぞれのレンズモデルと調べてみたところ、以下のようになりました。

望遠)iPhone 11 Pro back triple camera 6mm f/2(iPhone XSは6mmのf/2.4)
広角)iPhone 11 Pro back triple camera 4.25mm f/1.8(iPhone XSと同じ)
超広角)iPhone 11 Pro back triple camera 1.54mm f/2.4

iPhone 11 Pro – Telephoto


iPhone 11 Pro – Wide


iPhone 11 Pro – Ultra Wide

広角レンズの比較

iPhone 11 Proの望遠や広角はiPhone XSの画角としてはほぼ同じなので省き、ここでは広角で撮った写真をベースとして、iPhone XSに取り付けたtokyo grapherの広角レンズ(x0.66, 18mm, 画角101°)のレンズとiPhone 11 Proの超広角(x0.5, 13mm, 画角120°)、そしておまけとして他のレンズも含めて撮り比べてみます。
これはiPhone 11 Pro Wide(広角)で撮った写真

iPhone 11 Pro Wide Camera

続いてiPhone XSの広角+tokyo grapherの広角レンズ(x0.66, 18mm, 画角101°)。外付けレンズで四隅もケラレずにきちんと撮れているところはすごいと思います。

iPhone XS + tokyo grapher Wide Lens

そしてiPhone 11 Proの超広角(Ultra Wide:x0.5, 13mm, 画角120°)。tokyo grapherの広角レンズ(コンバージョンレンズ)、12000円するわけで、それが要らなくなるのは大きい。

iPhone 11 Pro Ultra Wide

最後に試してみたのは、コレ。iPhone 11 Proの広角側に取り付けてみました。全然駄目でした(無念)。切れてるしケラレすごいしでダメダメですね。

iPhone 11 Pro + Wide Lens

ちなみにコレは、昔私がハマった広角レンズで、安くて良かったんですが、使えなくなりました。

ちなみになんですが、マクロレンズは今までのものでも十分使えますが、超広角に着けるとレンズのフチが入り込むので使えません。

ちなみにApple Watch(Series 4)での操作はワンタップで写真撮影、長押しで動画撮影、連写は隣のタイマー撮影で可能になってました。カメラ操作は三眼対応アプリなども含めるとまだまだ楽しめるようなことがありそうです。そういうものも含めてまた紹介したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ピックアップ記事

  1.  私の勤務している会社から先日、ノートパソコンへのVPNソフトのインストールや会社の携帯電話を持って…
  2.  暖かくなってきたということでMacbookを持って出かける機会も増えるだろうと思い、ガジェットポー…
  3.  今回紹介するiPhone(iPadでも使えるユニバーサル)アプリは、今までこのブログでちゃんと紹介…
  4. Momentの一連の記事も一旦この記事で終わりです。が、これからもちょくちょくMomentの紹介を…
  5.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  6.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  7. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  8. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  9.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  10. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る