iOS 10の新機能 : iMessageのアプリケーション設定方法をサクッとご紹介

imessage01 今朝、私が使っているアプリのMoneytreeからメールが届いていました。iMessageから請求額を自動で分けてグループにシェアできる「ワリカン」機能。送金はできないまでも飲み会などで割り勘の際の勘定をiMessageで通知してくれるものになります。便利だなと思って使おうとしたものの、設定の方法がすぐにわからなかったので、もしかしたら、私の他にも迷ってる人いないかなと思い、ここに書いておきます。

 ちなみに家計簿管理アプリはMoneyForwardが広告も増えて1年以上前のデータは課金しないと見れないのでやめてMoneytreeに変えましたがとても気に入ってます。


家計簿Moneytree無料で人気の簡単に節約できる家計簿アプリ
カテゴリ: ファイナンス
現在の価格: 無料


 iMessageのアプリの設定は、設定アプリの中にある「メッセージ」からでは無いんですね。ここでまず探しまくったんですが、一度聞いたら、これか!と思うはず。iMessageのアプリ設定は、iMessageを開いてから設定します。文字が入力できる左にある筆でAと書いているアイコンをタップします。

imessage01

 すると下からアイコンたちが出てきます。Apple Storeですでにスタンプなどダウンロードした方はここに表示されています。ここで左上にあるStoreのアイコンをタップします。

imessage02

 さらに画面が出てきてApp Storeのような画面になります。ここからダウンロードも可能です。そして、このおすすめの右にある「管理」をタップします。

imessage03

 管理の画面から、iMessageアプリの許可をすることで、使えるようになります。
 

imessage04

 ただ、メッセージアプリは、いろいろあって、日本ではLINEが多いですし、What’s upやFacebookメッセンジャーなどもありますし。多用することは無いですが、キラーアプリみたいなものが出て欲しいものです。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場 先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る